脊振山系全山縦走 鏡山→基山 3day

2016.11.03(木) 4 DAYS Saga, Fukuoka
蛸也
蛸也

活動データ

タイム

60:10

距離

100.4km

上り

6,394m

下り

6,351m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

動向を注視していた漢君とKNZZの胸くそ悪いbeefも一通り収束を見せ始めた、とある秋の日。 いつも立ち読みしていた(買えよ)季刊「のぼろ」を本屋さんで読んでいると、面白い記事が載っていた。 以前歩いたこともある十坊山から基山までの、いわゆる「脊振山系全山縦走」。それに鏡山から十坊山までをプラスした全長108㌔を5日間で踏破するという凄絶な記事だった。 まぁ1度完全に車道へ出るので些か無理矢理感は否めない。それ言ったらどこからでもスタートできるしいくらでも繋げられるやん!。とは思ったけれど、若杉山スタート十坊山ゴールを繋げた記録も存在しているので素直に凄いと思っていた訳で…。 久しぶりに「のぼろ」を購入し(おい!)熟読してしまった。記事の主役的な女性は4日目に金山からエスケープしたが、残ったメンバーは次の日無事に基山まで到達していた。 ムラムラしながら何度も読んだ。 そんな折、あきひささんの記事内でおっくんやきびなごさんも交えて「11月1日、基山集合な!」との呼び掛けがあり益々ムラムラが止まらなくなった。 仕事を全力で調整すれば可能な日取りだったので調整に入った。結果請けていた仕事は10月末に無事完了できる感触が。 しかし「行ける!」と思っていた矢先に別の仕事が…。だがそれを2日間で終わればまだ行ける!。あきひささんに同行はできなく申し訳ないが、この高まったムラムラを鎮める事ができる。 前日、佐世保で仕事を終えてスーパーで買い出し。帰りに佐賀大和インターで下りて三瀬峠へ。 完璧にカムフラージュして水と食糧をデポした。準備はこれだけ。あとは現地でなんとかする。 明後日俺はここをちゃんと通過できるのかな?とか思いながら。 前回は本当にギリギリだった。微塵の余裕も無くゴールした。 それは「踏破した!」「歩ききった!」と言うより「歩くのを止めなかった」と言った方が妥当なゴールだった。 今回は更に距離が増えるので1日プラスして3dayで計画を立てる。 前回の反省点も踏まえていくつか約束事も決めた。 1、夜間行動は極力短くする事。 2、ちゃんと自炊して食生活をする事。 3、心が折れたら即下山する 2に関しては去年、エナジーバーやシリアルバーの類いを30本くらい食べながら歩いた。唯一お湯を沸かしたのはカップラーメンを1つだけ作ったってだけ。 これは競技でも何でもないので今回はちゃんと自炊をしようと思った。 袋ラーメンを好んでお昼に食べているが、これにはちゃんと理由がある。元気が出るのです。 ・まず大好きだから ・塩分水分カロリーが摂れる ・どれだけ急いでいても焦っていても、腰を据えて作り食べ終えるまで30分はかかる。この時間がポイント。30分身体を休めるのは勿論、頭を冷やし気分をリフレッシュしてくれる。 ・そして何と言っても食べて出発する時はザックが500g軽くなっている(お腹に移動してるだけだが)。 晩飯に炊飯を持ってくるのは、幕営時に水が豊富にあるとは限らないから。節約幕営でも炊飯なら少しの水でお腹いっぱいになる。 あれ?なんの話だ(笑)? 11月3日 「once again」 始発のバスで西新駅へ行き、ガタゴトと揺られる事一時間。下りる人も駅員さんも誰も居ない虹ノ松原駅のホームに立った。 郵便ポストみたいな箱に切符を入れて、とりあえず海を目指す。 しばらく海を見ながら、今からの事を考えていた。「福吉駅からここまで3~4駅あったよな…」 儀式を終えて誰も居ない砂浜で一人ひっそりとスタート。 鏡山へ行く途中の鏡神社でお参りをしてから入山する事に。おみくじは大吉だったので嬉しく歩き出すも、トレッキングポールの先っちょが側溝の隙間に挟まりゴムキャップが取れてしまう。 側溝の中を覗いたが暗闇なので諦めざるを得ない。おみくじをもう一度見たけどやはり大吉と書かれていた。あと100㌔あるのに…クソ。 散歩(おそらく日課)のおじいさんと喋りながら鏡山登頂。 広すぎてさっそく遭難する。のぼろでは「虹の階段」からまっすぐ降りているが、それが見つからない。結局グネグネの車道を延々と下って、時間と体力をロスする結果となる。 皿倉もそうだが人工的な山は本当に苦手だ。迷子になるよ。 ロードを歩いていてファミマを発見し、買い食いするが遥か彼方の十坊山を見てなかなか出発できずウダウダする。 とりあえず十坊までは行きますか…と。 城山へ入山。 もうね、山頂までも山頂も不明瞭極まりない。そして城山から十坊山までも強烈だった。おそらく道ではなかったのを無理矢理通過した痕跡だけを必死で探した。 無事に十坊山への分岐を見つけて本当に安堵し、もう福吉へ下山してもいいかな?とか思った。鏡山での遭難ロスと城山→十坊の不明瞭で精神的にも体力的にもダメージを受けていたから。 でも「せっかくお泊まりの準備してるから行けるとこまで行ってどこかで寝よう。明日考えよう。」との決断に至った。 十坊山への急登を一旦登ってピークへ行くが、誰も居ない。天気も良い祭日なのになー。文化の日に野生人みたいな事している自分を少し恥じて縦走路を下った。 これでもか!と下ってから目の前に浮嶽ドーン!! エッサホイサと登って行きます。 浮嶽山頂で休憩する。 登りで左かかとに、下りで左親指にさっそくマメができた。言うてももう軽く20㌔以上歩いてるからね。 処置をしてから出発。 これでもか!と下ってから目の前に女岳ドーン!! 西エリアマジでエグいっす。 女岳に登頂する頃にはすっかり夕方。 荒川峠までの長い長い道程で日が暮れてしまった。 荒川峠へ下りて羽金山登山口をほんの少し登ると右手に平らな樹林帯がある。そこで今日はおしまいにする。 虹ノ松原→鏡山→城山→十坊山→浮嶽→女岳→荒川峠 28km 11月4日 「羽金山のお姉さん」 朝目が覚めるとウォークマンのイヤホンが耳から外れていた。 そのお陰で…「水の音がする?」微かに水がチョロチョロ流れる音がしている事に気付いた。 昨日の幕営は水が限られていて節約幕営だった。しかし次の水補給は目星を付けているが、今手に入るならそれにこした事はない。 プラティパスを片手に水の音を追った。 見つけた!。小さな流れを見つけた。汲んでみると小さい異物が少し入っていたので、煮沸用か炊飯用にしよう。 撤収して羽金山を目指す。 途中「樋の口ハイランド」への分岐を左折する。実は冬にmegっぺとここに来た時、自販機と沢があるのを見つけていたから。 下っていくと…「伐採中につき立ち入り禁止」の表示が。 なんてこった。飲み水がもうラスト500mlも無い。完全に自販機を当てにしていたので愕然とする。 最悪あれを煮沸して飲み水にしよう。 小一時間歩いて羽金山到着。ピンポンを押すと「はーい」と女性の声!。初めてのパターンに面食らって「あ、と、と、登山の者ですが」と狼狽えてしまう。 ゲートをくぐり山頂標識まで歩いて写真を撮っていると向こうからお姉さんが台帳を持ってやってきた。 台帳に住所氏名を記入しながら色々な質問が投げかけられた。 「半袖で寒くないの?」「どこから歩いて来たの?」「えぇーーーー?食べ物とか水は?」 てな流れだったので「沢水を汲んで凌いでます。なんか小さいゴミが混ざってますけどねー|д゚)チラッ」そして思いきって頼んでみる「あの、どっかその辺の外水道で良いので水分けて貰えませんか?」 と。 お姉さんは「待ってて!」と言ってプラティパスを持って施設へ消えて行った。 外水道でいいのにな。 しばらくしてプラティパスを重そうに抱えたお姉さんが戻ってきた。 真剣な顔で「中は綺麗に洗浄して、浄水器の水を満タンにしてきました!。お気をつけて!」と。 やべ…泣く…。 かろうじて泣くのを我慢して「このご恩は一生忘れません。」と心から礼を言いゲートまで戻った。 あんまり良くない事なんだろうけど、これで三瀬峠まで余裕で凌げる事が確定した。 本当に感謝してゲートを出た。「ありがとう」 羽金山から長野峠までは1mおきにクモの巣にかかる。展望は無くアップダウンは有りクモの巣だらけであまり好きではない。 長野峠のアスファルト上でラーメンを茹でてお腹を満たす。 今から向かう山域の為に少しでもザックを軽くしたかったからだ。 そう。ここから「雷山」「井原山」「脊振」と福岡を代表するメジャーどこ、そうそうたるメンバーが控えているのだ(金山ごめん)。 とりあえず雷山を一気に落とす。ラストの急登で物凄くペースが落ちながらもなんとか登頂。 次を見ると、また井原山が遠いっ! 縦走路の薮は整備されていたので苦にはならなかったがキツイものはキツイ。 井原山への登りは、なぜかさっき食べたラーメンの事で頭がいっぱいだった。替え玉したかったのかもしれない。 しかしラーメンはもう無い。三瀬まで行けばデポしてあるからそれまで我慢だ。 雑念を振り切り井原山へ登頂。そろそろ夕方だなーって感じ。暗くなる前に三瀬へ行きたいので先を急ぐ。 太陽光まで行かずに新村分岐で右折してみる。のぼろがそうしていたので従った。 なるほど水が豊富にある。 これなら三瀬のデポは食糧だけでいいかもしれん。 三瀬まで延々とロードの登りなのが難点だが…。 三瀬峠でデポした水2Lをゲットする。次の給水は脊振の自販機の予定だったので、非常に安心だ。これでいつ幕営しても大丈夫❗。 ヘッデンを点けて金山へ入山。三瀬山を越えてふと右手にビバーク適地を見つける。 ここは去年俺がビバークしたポイントだ。 「俺は今日荒川峠スタートだったけれど、去年の俺は朝福吉駅を出発して、1日でここまで歩いてきたんかよ(笑)?」 アホかと思いながら通過する。 金山に着くと稜線上なだけあり寒い((⛄)) 左手に夜景を見ながら縦走路を東に歩く。 足の調子はもう限界に近いので目標の小爪峠過ぎたらどこか適地を探そう。 小爪峠を過ぎたら、ずっとずっと岩場か切り立った稜線上なのでテントは張れなかった。 「椎葉峠へ行けば広っぱがある!」と期待してヨロヨロと更に進む。 椎葉峠まであと10分のところで右にスペースを発見。もう一歩も歩きたくなかったのでそこで本日終了。 長い1日だったが、ちゃんとご飯を炊いて食べた。 あと寝る前にトイレして戻る時、前室でカメムシを踏んだ…。 荒川峠→羽金山→長野峠→雷山→井原山→三瀬峠→金山→猟師岩山→鬼ヶ鼻岩山→小爪峠 29.5km 11月5日 「主峰へ」 もし早起きできたら撤収して脊振へ朝日見に行こうかと思っていたが、普通に6時に起きたw。 昨日の疲労を考えると頑張った方だと思う。 井原山からこの辺。凄くホーム感が有り安心する。どこから下山しても帰れるし。 慣れ親しんだ縦走路を脊振に向かって歩き出す。どこにどんな登り下りがあるか解っているいつもの道だ。 アスファルトを歩き自衛隊基地まで上がる。自販機付近にザックを下ろしリアルゴールドを購入する。薄手のシェルだけ羽織り冷たい缶をポケットに入れてゆっくりゆっくり山頂を目指す。 青い。どこまでも透き通るような青い空が広がっている。久しぶりにこんなに濃い青を見た気がするよ。 福岡市最高峰でもある脊振山は車で上がって来られるのでいつも人が居るのだけれど、今日は貸し切りだ。 メロンパンにも安全祈願して階段を下りた。 と、その時右膝に痛みが走った。完全に油断した。この子がグズりだしたら全然歩けなくなる!。恥も外聞もなくズボンを下ろして、キツめのサポーターに取り替える。 心配だが、今日1日もってくれ…。 ザックを担ぎ蛤岳へと歩きだす。 自分では気がつかなかったが、自分の影を見ているとビッコひいている。 膝がイク前に基山へ行かねば。 蛤岳登頂。 相変わらず展望も何も無いピーク。幼少の頃は「蛤岳」ってデカイ標柱があったのだけれど、今は何も無い。 初めて来た人はここが何山か解らないのでは?と心配してしまうくらい質素な山頂。 長い長~い、非常に長い坂本峠への道程で完全にダレてきた。 お腹も空いたし。 坂本峠で道端にあぐらかいてラーメンを作る。 元気を取り戻し九千部山を目指す。これも延々と登り一辺倒。三領境まで、いや九千部まで延々と登り。 残りカスのような体力もここで完全に尽きた。あとは気力だけで歩くしかない。 15時半に九千部登頂。 ここから基山まではピーク無し。アップダウンを繰り返し徐々に高度を下げていく。 最後の5kmくらいは舗装路なのでお菓子を食べながら音楽聴きながら歩いた。 足はどっちも痛くて堪らない。 完全に日没したのでヘッデンを点けてピークまで上がる。やっと… やっと基山へ着いた。 フィナーレにサンセットが欲しかったが、間に合わなかった。 夜景をずっと眺めてから原田駅へ下山し、長い長い山旅は終了した。 脊振山→蛤岳→坂本峠→九千部山→柿ノ原峠→基山→原田駅 36.9km 今日は土曜日。きっと坊がつるはUL軍団が大挙して賑わっているんだろうなー。 全国から名だたる巨匠が来られる。 今をときめくそうそうたるメンバー。夏目さん、土屋さん、チヨさん、小川さん、オソンさん(見に来てるだけかも)、北野さん、粟津さん、trailsのお二人、三田さん、アルスト造りのあの人。パイオニアから新進気鋭のイケイケまで。 今世紀最大(九州では)のUL、ファストパッキンの祭典「Happy hikers 法華院」 ハッピーハイカーズの中核を成すクラブに所属しているMさんが、スタッフとして坊がつるに行っているので誘われてはいたけれど、こちらを選んでしまった。 こんなイベントは最初で最後かもしれない。 あの面々に同時に会える機会はもう九州では無いかもしれない。 行ったら行ったで皆アルトラとルナサンダルで山と道のザックに黒いマット巻いて…キャップの短いつばを上向きにチョンと上げて…坊がつるは三角シェルターとタープだらけで…盛り上がったのかもしれない。正直少し見てみたかったw。 でも… 誰も居ない森の中でステルスビバーク。 これが俺のHappy hikeです。 楽しかったー\(^o^)/

この駅で初めて下りた
虹の松原‼
ゼロタッチ。なぜアルトラではなくダナーなのか?。それは…「俺はこっち側の人間だ!」と自己を鼓舞する為ではなく、「お、は、し」押さない走らない喋らない…でもなく。ただ単に朝家を出る時に寒かったから(笑)
途中の神社
山旅の安全祈願を
大吉!
力を貰います
鏡山山頂は広すぎた
虹ノ松原
うはっ!あれ十坊山やん!センターのヤツ!
一旦車道へ。遥か彼方にうすーく十坊山w
ファミマでウダウダする
おそらく本日最後の自販機
いざ!
山頂も薮だらけ
でも展望は凄く良かった🎵
さて、めちゃ不明瞭エリアへ。
やっと…長かった‼(字、間違っとうけど)
お久しぶり
浮嶽たけぇーよ!遠いよ!。その向こうの女岳もなんなんだよ!!
ここから
紅葉
浮嶽
かかとにブリスターが。
女岳たけぇーよ!遠いっつーの!
日没が近いね
伊都の国
またお世話になります。
やっと…やっと荒川峠
ステルスビバーク
炊飯
親子丼(フリーズドライ)とタケノコ
おはよう日本
ここから入って
ブルのキャタピラ沿いに
水場発見
撤収
あざす!
瑞々しい朝の森
樋の口ハイランドへ。自販機を求めて。
えぇーーーー?
この道凄く好き
電波
いつもすんませんね。
お姉さんが満タンにしてくれた。
まだ糸島かよっ!
中華三昧もうまかっちゃんも丸型にすれば、もっと売れると思うんだけど。すくなくとも俺は買う。
元気出していこー
雷山へ
プリっプリ!撮影後にスタッフが美味しく頂きました。
岩屋(笑)。ビバークポイント
ここも好き。雷山たけぇーよ!
ふう。
縦走します
薮は刈られてる。ありがとうございます。
井原
金山と、うすーく脊振。遠い…
夕方からも頑張ろう
すすきが凄く秋っぽかった。
右折してみます。
水が豊富!
ワイルドな道
車道へ
紅葉
おばあちゃん。ずっと喋ってくれた。
頑張ってるよ
立体交差の上を
ひたすら登る
三瀬峠にて。どなたかのデポ発見。すげえ雑(笑)。置きに来た時は無かったので、俺のあとに置いたのでしょう。
俺のはこっち。回収します
また始まる
三瀬山
去年の脊振全山はここでビバークした。
まだ進みます
福岡CITY
金山
家に帰れる
最低目標到達地点の小爪峠
猟師岩山
鬼ヶ鼻岩山
俺んちが見える
限界。ビバーク
麻婆茄子丼
朝です。
おはよう日本
ここに幕営する予定でした。が、たった10分も頑張れなかったってゆー。
朝露でビッショリ。格好気にせずゴアのブーツとスパッツ持ってきて良かった。
唐人の舞
メロンパン。右のはガセ。センター奥のうすーいのが本物。遠いっつーの!
ザ・ビーチ
車道へ
車谷コース
広場直下の水場。ちゃんと出とる
クロノスのライダー
会いたかったぞコノヤロー!
快晴!
トップ画用にw
お世話になりました。
出たっ!!。今日も長くなりそうだ。
蛤岳
蛤岳たる所以
右下見たらゾッとする
蛤水道
うはっ!全然減らねぇ!
でも凄く歩きやすい。さすが九州自然歩道
坂本峠
お昼
山ブランドの石と…遥か向こうに九千部山。たけぇーし遠いよ!!
山ブランドの石
山ブランドのチ…石。
九千部
おやつでも食べんと歩ききらん。
大峠
また始まる
この階段は心が折れる…すげぇなげえしすげぇ急
おっ人里
荒れすぎ。ここが一番手こずった。
嘘つけ!!!!
道無いやんけ!
民家へ
ラストー
日没には間に合わず
夜景ずっと見てた
ゴール🏁

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。