2020年2月15日 白水峡・紅葉谷トレイル

2020.02.15(土) 日帰り
shu
shu

トレック103 今日は"岳魂"(登山好き仲間のユニット)の気ままな 不定期例会(山行)です。 今回はウッキーさんJrも一緒です!ヨロシクね👍 ルートは白水峡〜最高峰〜紅葉谷(七曲滝)〜有馬温泉 仕上げは温泉♨️に浸かってサッパリ❗️ってな感じ。 有馬温泉までは自宅から車移動🚗 有馬温泉から白水峡公園までバス移動🚌 最寄りのバス停から程近い登山口からスタート! やや分かりにくいけど取付から入って、すぐに 尾根筋へ。暫く歩を進めると程なく美しい断層破砕帯が 目に飛び込んで来ます。白水峡です! 年月をかけて雨水などで削りとられ、刻まれた跡は まるで噴火口の様です😆😆 花崗岩が風化して白っぽく創りだされた峡谷を見ると この景色に囲まれて思わず走り出したくなる〜‼️ →某有名選手のCMにもあったなぁ⁉️ 後ろ髪を引かれながら峡谷の景色に別れを告げ、 白水山を目指します。1時間程で白水山頂に到着。 後鉢巻山で全縦路に合流し最高峰へ。時間が少し 早い為か・・土曜日ながら人が居ませんでした。 ここからは全縦路を西に進み、極楽茶屋跡から 紅葉谷方面へ向かい、七曲滝を目指します。 2.3日前にはこの辺りも積雪があった様ですが。 氷瀑を見たい!とこのルートを選択しましたが ここまで歩を進めてきて、それは期待出来ない だろうなぁ・・とやや諦めモード😢 ゴツゴツと足元の悪い登山道を下り進み、 左にルートをとります。(→YAMAPでマップ確認) さらに悪路となりますが、歩を進めると 水音が聞こえてきて、視界が開けて・・着いた! んっ?あれ?ここは滝の最上部! YAMAP確認。→間違いない七曲滝です。 間違えた?ここから・・どう進めば・・😅 どうもこのままは進めそうにない・・・😭  仕方なく来た道を戻り、紅葉谷の登山道まで。 ここからは淡々と有馬温泉♨️まで戻りました。 この辺りは有馬四十八滝といって、幾つもの 滝がありますが、悉く迂回路になってました😭😭 有馬温泉♨️で汗💦を流してさっぱりと。 目当ての一つだった氷瀑は見れなかったけど 有意義な山行となりました。 ありがとう‼️✌️

登山口は最寄りのバス停(白水峡公園前)
のすぐ近くにあります。

登山口は最寄りのバス停(白水峡公園前) のすぐ近くにあります。

登山口は最寄りのバス停(白水峡公園前) のすぐ近くにあります。

ここから登ります。

ここから登ります。

ここから登ります。

いきなりの急登です。

いきなりの急登です。

いきなりの急登です。

程なく峡谷が姿を現します。

程なく峡谷が姿を現します。

程なく峡谷が姿を現します。

魅力的だなぁ

魅力的だなぁ

魅力的だなぁ

カッコイイ‼️

カッコイイ‼️

カッコイイ‼️

花崗岩(高さ100m程)の断層帯

花崗岩(高さ100m程)の断層帯

花崗岩(高さ100m程)の断層帯

下からも眺めてみたい。いずれまた・・

下からも眺めてみたい。いずれまた・・

下からも眺めてみたい。いずれまた・・

高度感を味わえます。

高度感を味わえます。

高度感を味わえます。

こんな感じ。

こんな感じ。

こんな感じ。

目指す白水山

目指す白水山

目指す白水山

風化した花崗岩の登山道を進みます。

風化した花崗岩の登山道を進みます。

風化した花崗岩の登山道を進みます。

尾根を進みます。

尾根を進みます。

尾根を進みます。

こんな感じ。

こんな感じ。

こんな感じ。

急登です。

急登です。

急登です。

小さな登り下りを繰り返しながら
高度を上げて行きます。

小さな登り下りを繰り返しながら 高度を上げて行きます。

小さな登り下りを繰り返しながら 高度を上げて行きます。

所々ロープを渡してあります。

所々ロープを渡してあります。

所々ロープを渡してあります。

登ります・・😅

登ります・・😅

登ります・・😅

また登ります・・😅😅

また登ります・・😅😅

また登ります・・😅😅

またまた登ります😅😅😅

またまた登ります😅😅😅

またまた登ります😅😅😅

結構な急登でしょう?!

結構な急登でしょう?!

結構な急登でしょう?!

ガンバレ〜👍

ガンバレ〜👍

ガンバレ〜👍

そして・・
また登る🤣

そして・・ また登る🤣

そして・・ また登る🤣

今回初めてご一緒するウッキーさんJr

今回初めてご一緒するウッキーさんJr

今回初めてご一緒するウッキーさんJr

木立の中を進みます。

木立の中を進みます。

木立の中を進みます。

踏み跡もしっかり
分かりやすいです。

踏み跡もしっかり 分かりやすいです。

踏み跡もしっかり 分かりやすいです。

勾配のキツい所が多目です。

勾配のキツい所が多目です。

勾配のキツい所が多目です。

尾根沿いは低い笹の小径です。
気持ちいい😄

尾根沿いは低い笹の小径です。 気持ちいい😄

尾根沿いは低い笹の小径です。 気持ちいい😄

展望が開けて。

展望が開けて。

展望が開けて。

雑木の木立を抜けて・・

雑木の木立を抜けて・・

雑木の木立を抜けて・・

笹の絨毯を進み・・

笹の絨毯を進み・・

笹の絨毯を進み・・

もう着くかなぁ?

もう着くかなぁ?

もう着くかなぁ?

ここを登れば・・

ここを登れば・・

ここを登れば・・

山頂に到着。

山頂に到着。

山頂に到着。

白水谷(四等三角点)

白水谷(四等三角点)

白水谷(四等三角点)

白水山(772m)

白水山(772m)

白水山(772m)

山頂からの眺望

山頂からの眺望

山頂からの眺望

山頂からの眺望②

山頂からの眺望②

山頂からの眺望②

記念に。

記念に。

記念に。

腰を下ろして休めそうな
小さな広場といった感じ。

腰を下ろして休めそうな 小さな広場といった感じ。

腰を下ろして休めそうな 小さな広場といった感じ。

山頂はこんな感じ。

山頂はこんな感じ。

山頂はこんな感じ。

次は最高峰を目指してリスタート!

次は最高峰を目指してリスタート!

次は最高峰を目指してリスタート!

こんな感じ。

こんな感じ。

こんな感じ。

笹原の絨毯。

笹原の絨毯。

笹原の絨毯。

笹の小径が続きます🎶

笹の小径が続きます🎶

笹の小径が続きます🎶

こんな感じ。

こんな感じ。

こんな感じ。

快適♪快適♪

快適♪快適♪

快適♪快適♪

心地よく歩を進めます🚶‍♂️

心地よく歩を進めます🚶‍♂️

心地よく歩を進めます🚶‍♂️

踏み跡は分かります。

踏み跡は分かります。

踏み跡は分かります。

ここを登ります。

ここを登ります。

ここを登ります。

ソロ山行なら・・
走り出したくなる感じ😁

ソロ山行なら・・ 走り出したくなる感じ😁

ソロ山行なら・・ 走り出したくなる感じ😁

ここを登って・・

ここを登って・・

ここを登って・・

この辺りも一帯、笹に覆われています。

この辺りも一帯、笹に覆われています。

この辺りも一帯、笹に覆われています。

飛行機✈️ポーズで走り抜けたいなぁ

飛行機✈️ポーズで走り抜けたいなぁ

飛行機✈️ポーズで走り抜けたいなぁ

笹の小径は・・

笹の小径は・・

笹の小径は・・

続く〜よ〜🎶

続く〜よ〜🎶

続く〜よ〜🎶

ど〜こまでも〜🎶

ど〜こまでも〜🎶

ど〜こまでも〜🎶

ここに出てきました。
神戸市のアホ、西宮市のボケ・・
だそうです。😅

ここに出てきました。 神戸市のアホ、西宮市のボケ・・ だそうです。😅

ここに出てきました。 神戸市のアホ、西宮市のボケ・・ だそうです。😅

廃道を進む。

廃道を進む。

廃道を進む。

車道として使用されていた頃の名残。

車道として使用されていた頃の名残。

車道として使用されていた頃の名残。

さらに進みます。

さらに進みます。

さらに進みます。

まだまだ廃道を進みます。

まだまだ廃道を進みます。

まだまだ廃道を進みます。

ここを潜って・・

ここを潜って・・

ここを潜って・・

この辺りは震災の折、
崩落があった場所です。

この辺りは震災の折、 崩落があった場所です。

この辺りは震災の折、 崩落があった場所です。

ここを進み・・

ここを進み・・

ここを進み・・

全縦路と合流します。

全縦路と合流します。

全縦路と合流します。

後鉢巻山トンネルの手前に出て来ます。
舗装路を最高峰方面へ。

後鉢巻山トンネルの手前に出て来ます。 舗装路を最高峰方面へ。

後鉢巻山トンネルの手前に出て来ます。 舗装路を最高峰方面へ。

これより東灘区。

これより東灘区。

これより東灘区。

携帯では分かりにくいのですが・・

携帯では分かりにくいのですが・・

携帯では分かりにくいのですが・・

霞がかかった神戸の街並み。
美しい街です🤗

霞がかかった神戸の街並み。 美しい街です🤗

霞がかかった神戸の街並み。 美しい街です🤗

神戸最高〜‼️

神戸最高〜‼️

神戸最高〜‼️

最高峰に到着。
先着のハイカーさんが一人。
少なっ!時間が少し早いかな?

最高峰に到着。 先着のハイカーさんが一人。 少なっ!時間が少し早いかな?

最高峰に到着。 先着のハイカーさんが一人。 少なっ!時間が少し早いかな?

六甲山最高峰(931m)

六甲山最高峰(931m)

六甲山最高峰(931m)

本日のメンバー。
ウッキーさん親子と○山さん

本日のメンバー。 ウッキーさん親子と○山さん

本日のメンバー。 ウッキーさん親子と○山さん

もう一枚。
ハイ!チーズ✌️

もう一枚。 ハイ!チーズ✌️

もう一枚。 ハイ!チーズ✌️

記念に。

記念に。

記念に。

銘板(六甲山)

銘板(六甲山)

銘板(六甲山)

六甲山(一等三角点)

六甲山(一等三角点)

六甲山(一等三角点)

最高峰からの眺望

最高峰からの眺望

最高峰からの眺望

紅葉谷へ向かうため
まずは極楽茶屋跡を目指します。

紅葉谷へ向かうため まずは極楽茶屋跡を目指します。

紅葉谷へ向かうため まずは極楽茶屋跡を目指します。

舗装路を進みます。

舗装路を進みます。

舗装路を進みます。

極楽茶屋跡

極楽茶屋跡

極楽茶屋跡

茶屋前からの眺望
85/189

茶屋前からの眺望

茶屋前からの眺望

石の道標もあります。

石の道標もあります。

石の道標もあります。

ボロボロッ!😢

ボロボロッ!😢

ボロボロッ!😢

ここを進んで・・

ここを進んで・・

ここを進んで・・

右👉紅葉谷へ
左👈番匠尾根方面へ
ここは右に。

右👉紅葉谷へ 左👈番匠尾根方面へ ここは右に。

右👉紅葉谷へ 左👈番匠尾根方面へ ここは右に。

さぁ!行きますよ〜❗️

さぁ!行きますよ〜❗️

さぁ!行きますよ〜❗️

こんな感じ。

こんな感じ。

こんな感じ。

紅葉谷を経て有馬温泉へ

紅葉谷を経て有馬温泉へ

紅葉谷を経て有馬温泉へ

緩やかな石段を下ります。

緩やかな石段を下ります。

緩やかな石段を下ります。

好きな雰囲気の登山道💕

好きな雰囲気の登山道💕

好きな雰囲気の登山道💕

少し荒れた感じに・・

少し荒れた感じに・・

少し荒れた感じに・・

山道の風景①

山道の風景①

山道の風景①

山道の風景②

山道の風景②

山道の風景②

やや荒れた山道を下ります。

やや荒れた山道を下ります。

やや荒れた山道を下ります。

はい!注意します🙋‍♂️

はい!注意します🙋‍♂️

はい!注意します🙋‍♂️

こんな感じ。

こんな感じ。

こんな感じ。

紅葉谷の植物(案内板)

紅葉谷の植物(案内板)

紅葉谷の植物(案内板)

堰堤。

堰堤。

堰堤。

さらに石段の山道を下ります。

さらに石段の山道を下ります。

さらに石段の山道を下ります。

こんな感じ。

こんな感じ。

こんな感じ。

ここを進みます。

ここを進みます。

ここを進みます。

○山さん

○山さん

○山さん

ウッキーさんJr

ウッキーさんJr

ウッキーさんJr

ウッキーさん

ウッキーさん

ウッキーさん

ここを進みます。

ここを進みます。

ここを進みます。

この様にガレた所も・・

この様にガレた所も・・

この様にガレた所も・・

立派な堰堤

立派な堰堤

立派な堰堤

太陽と緑の道
有馬へ👈

太陽と緑の道 有馬へ👈

太陽と緑の道 有馬へ👈

沢沿いに進みます。

沢沿いに進みます。

沢沿いに進みます。

滑りやすい脚元。
慎重に

滑りやすい脚元。 慎重に

滑りやすい脚元。 慎重に

小さいながら滑床

小さいながら滑床

小さいながら滑床

こんな感じで歩を進めます。

こんな感じで歩を進めます。

こんな感じで歩を進めます。

こんな感じ。

こんな感じ。

こんな感じ。

古道感を漂わせる登山道

古道感を漂わせる登山道

古道感を漂わせる登山道

無名峰かな?
頂を眺めて。

無名峰かな? 頂を眺めて。

無名峰かな? 頂を眺めて。

右に本道。左に進み七曲滝方面へ。

右に本道。左に進み七曲滝方面へ。

右に本道。左に進み七曲滝方面へ。

こんな感じ。

こんな感じ。

こんな感じ。

ロープを渡してある
中々の急な下り

ロープを渡してある 中々の急な下り

ロープを渡してある 中々の急な下り

慎重に下るメンバー

慎重に下るメンバー

慎重に下るメンバー

一人ずつ・・慎重に。

一人ずつ・・慎重に。

一人ずつ・・慎重に。

親父を見守るウッキーさんJr

親父を見守るウッキーさんJr

親父を見守るウッキーさんJr

何か良いなぁ。私も息子と長〜く登山を続けたい

何か良いなぁ。私も息子と長〜く登山を続けたい

何か良いなぁ。私も息子と長〜く登山を続けたい

エラい事になってます!
切れ落ちちゃってます。

エラい事になってます! 切れ落ちちゃってます。

エラい事になってます! 切れ落ちちゃってます。

あちゃ〜🤣

あちゃ〜🤣

あちゃ〜🤣

両サイドは崖。割と狭い・・

両サイドは崖。割と狭い・・

両サイドは崖。割と狭い・・

水音が聞こえてきた・・❗️

水音が聞こえてきた・・❗️

水音が聞こえてきた・・❗️

狭い・・足元も悪い👎

狭い・・足元も悪い👎

狭い・・足元も悪い👎

七曲滝の真上です。ここから進めなかった😅
仕方なく、来た道を戻ります。

七曲滝の真上です。ここから進めなかった😅 仕方なく、来た道を戻ります。

七曲滝の真上です。ここから進めなかった😅 仕方なく、来た道を戻ります。

右に進むと百間滝へ。
ここは左に進みます。

右に進むと百間滝へ。 ここは左に進みます。

右に進むと百間滝へ。 ここは左に進みます。

有馬四十八滝

有馬四十八滝

有馬四十八滝

少し道幅が広くなった。

少し道幅が広くなった。

少し道幅が広くなった。

やはり崩落箇所が多い。

やはり崩落箇所が多い。

やはり崩落箇所が多い。

こんな感じ。

こんな感じ。

こんな感じ。

白いロープの右側は大きく崩落しています

白いロープの右側は大きく崩落しています

白いロープの右側は大きく崩落しています

荒れた様・・

荒れた様・・

荒れた様・・

そろそろ昼飯にするか・・
紅葉谷🍁まで行ったらご飯だなぁ

そろそろ昼飯にするか・・ 紅葉谷🍁まで行ったらご飯だなぁ

そろそろ昼飯にするか・・ 紅葉谷🍁まで行ったらご飯だなぁ

謎の石積み??

謎の石積み??

謎の石積み??

迂回路👉

迂回路👉

迂回路👉

急坂を下り・・

急坂を下り・・

急坂を下り・・

木段を下りて・・

木段を下りて・・

木段を下りて・・

再び木段を下りて・・

再び木段を下りて・・

再び木段を下りて・・

迂回路👈

迂回路👈

迂回路👈

この先、荒れた山道が続きます。

この先、荒れた山道が続きます。

この先、荒れた山道が続きます。

慎重に歩を進めるメンバー

慎重に歩を進めるメンバー

慎重に歩を進めるメンバー

ウッキーさん親子😊

ウッキーさん親子😊

ウッキーさん親子😊

快調なウッキーさん😄

快調なウッキーさん😄

快調なウッキーさん😄

全然、字が見えん‼️

全然、字が見えん‼️

全然、字が見えん‼️

この様に荒れた所が実に多かった!

この様に荒れた所が実に多かった!

この様に荒れた所が実に多かった!

左👈は白石滝方面
右👉は紅葉谷🍁へ
右👉に進みます。

左👈は白石滝方面 右👉は紅葉谷🍁へ 右👉に進みます。

左👈は白石滝方面 右👉は紅葉谷🍁へ 右👉に進みます。

紅葉谷🍁

紅葉谷🍁

紅葉谷🍁

こんな感じ。寂しげ・・
ここで昼食🙏

こんな感じ。寂しげ・・ ここで昼食🙏

こんな感じ。寂しげ・・ ここで昼食🙏

滑滝、鼓ケ滝へ
さぁ!出発‼️

滑滝、鼓ケ滝へ さぁ!出発‼️

滑滝、鼓ケ滝へ さぁ!出発‼️

まずはこんな感じ。

まずはこんな感じ。

まずはこんな感じ。

おやおや・・

おやおや・・

おやおや・・

ここを進みます。

ここを進みます。

ここを進みます。

石積みの階段を下り・・

石積みの階段を下り・・

石積みの階段を下り・・

有馬のお湯

有馬のお湯

有馬のお湯

通行止め😢

通行止め😢

通行止め😢

有馬温泉まで1.2km

有馬温泉まで1.2km

有馬温泉まで1.2km

ここを進みます。

ここを進みます。

ここを進みます。

大きな岩塊

大きな岩塊

大きな岩塊

この先で小川を渡渉して・・

この先で小川を渡渉して・・

この先で小川を渡渉して・・

鼓ケ滝方面へも・・
進めない😢😢

鼓ケ滝方面へも・・ 進めない😢😢

鼓ケ滝方面へも・・ 進めない😢😢

有馬温泉癒しの森

有馬温泉癒しの森

有馬温泉癒しの森

炭屋道を進みます。

炭屋道を進みます。

炭屋道を進みます。

木段🤣

木段🤣

木段🤣

やっぱり嫌いだなぁ😅

やっぱり嫌いだなぁ😅

やっぱり嫌いだなぁ😅

ここを進みます。

ここを進みます。

ここを進みます。

ガレた登り。

ガレた登り。

ガレた登り。

変わらずこんな感じ。

変わらずこんな感じ。

変わらずこんな感じ。

トラロープを渡してありました。

トラロープを渡してありました。

トラロープを渡してありました。

この分岐に出てきました。

この分岐に出てきました。

この分岐に出てきました。

炭屋道から来ました!

炭屋道から来ました!

炭屋道から来ました!

道幅広く、実に歩きやすい♪

道幅広く、実に歩きやすい♪

道幅広く、実に歩きやすい♪

この先で・・

この先で・・

この先で・・

魚屋道と合流します。

魚屋道と合流します。

魚屋道と合流します。

ここから魚屋道で有馬温泉まで。

ここから魚屋道で有馬温泉まで。

ここから魚屋道で有馬温泉まで。

ここを下ります。

ここを下ります。

ここを下ります。

虫地獄

虫地獄

虫地獄

魚屋道を下りて来ました。

魚屋道を下りて来ました。

魚屋道を下りて来ました。

駐車場まで戻ってゴール❗️

駐車場まで戻ってゴール❗️

駐車場まで戻ってゴール❗️

有馬の街並み

有馬の街並み

有馬の街並み

有馬温泉♨️(金の湯)でさっぱり!

有馬温泉♨️(金の湯)でさっぱり!

有馬温泉♨️(金の湯)でさっぱり!

おまけ。

おまけ。

おまけ。

登山口は最寄りのバス停(白水峡公園前) のすぐ近くにあります。

ここから登ります。

いきなりの急登です。

程なく峡谷が姿を現します。

魅力的だなぁ

カッコイイ‼️

花崗岩(高さ100m程)の断層帯

下からも眺めてみたい。いずれまた・・

高度感を味わえます。

こんな感じ。

目指す白水山

風化した花崗岩の登山道を進みます。

尾根を進みます。

こんな感じ。

急登です。

小さな登り下りを繰り返しながら 高度を上げて行きます。

所々ロープを渡してあります。

登ります・・😅

また登ります・・😅😅

またまた登ります😅😅😅

結構な急登でしょう?!

ガンバレ〜👍

そして・・ また登る🤣

今回初めてご一緒するウッキーさんJr

木立の中を進みます。

踏み跡もしっかり 分かりやすいです。

勾配のキツい所が多目です。

尾根沿いは低い笹の小径です。 気持ちいい😄

展望が開けて。

雑木の木立を抜けて・・

笹の絨毯を進み・・

もう着くかなぁ?

ここを登れば・・

山頂に到着。

白水谷(四等三角点)

白水山(772m)

山頂からの眺望

山頂からの眺望②

記念に。

腰を下ろして休めそうな 小さな広場といった感じ。

山頂はこんな感じ。

次は最高峰を目指してリスタート!

こんな感じ。

笹原の絨毯。

笹の小径が続きます🎶

こんな感じ。

快適♪快適♪

心地よく歩を進めます🚶‍♂️

踏み跡は分かります。

ここを登ります。

ソロ山行なら・・ 走り出したくなる感じ😁

ここを登って・・

この辺りも一帯、笹に覆われています。

飛行機✈️ポーズで走り抜けたいなぁ

笹の小径は・・

続く〜よ〜🎶

ど〜こまでも〜🎶

ここに出てきました。 神戸市のアホ、西宮市のボケ・・ だそうです。😅

廃道を進む。

車道として使用されていた頃の名残。

さらに進みます。

まだまだ廃道を進みます。

ここを潜って・・

この辺りは震災の折、 崩落があった場所です。

ここを進み・・

全縦路と合流します。

後鉢巻山トンネルの手前に出て来ます。 舗装路を最高峰方面へ。

これより東灘区。

携帯では分かりにくいのですが・・

霞がかかった神戸の街並み。 美しい街です🤗

神戸最高〜‼️

最高峰に到着。 先着のハイカーさんが一人。 少なっ!時間が少し早いかな?

六甲山最高峰(931m)

本日のメンバー。 ウッキーさん親子と○山さん

もう一枚。 ハイ!チーズ✌️

記念に。

銘板(六甲山)

六甲山(一等三角点)

最高峰からの眺望

紅葉谷へ向かうため まずは極楽茶屋跡を目指します。

舗装路を進みます。

極楽茶屋跡

茶屋前からの眺望

石の道標もあります。

ボロボロッ!😢

ここを進んで・・

右👉紅葉谷へ 左👈番匠尾根方面へ ここは右に。

さぁ!行きますよ〜❗️

こんな感じ。

紅葉谷を経て有馬温泉へ

緩やかな石段を下ります。

好きな雰囲気の登山道💕

少し荒れた感じに・・

山道の風景①

山道の風景②

やや荒れた山道を下ります。

はい!注意します🙋‍♂️

こんな感じ。

紅葉谷の植物(案内板)

堰堤。

さらに石段の山道を下ります。

こんな感じ。

ここを進みます。

○山さん

ウッキーさんJr

ウッキーさん

ここを進みます。

この様にガレた所も・・

立派な堰堤

太陽と緑の道 有馬へ👈

沢沿いに進みます。

滑りやすい脚元。 慎重に

小さいながら滑床

こんな感じで歩を進めます。

こんな感じ。

古道感を漂わせる登山道

無名峰かな? 頂を眺めて。

右に本道。左に進み七曲滝方面へ。

こんな感じ。

ロープを渡してある 中々の急な下り

慎重に下るメンバー

一人ずつ・・慎重に。

親父を見守るウッキーさんJr

何か良いなぁ。私も息子と長〜く登山を続けたい

エラい事になってます! 切れ落ちちゃってます。

あちゃ〜🤣

両サイドは崖。割と狭い・・

水音が聞こえてきた・・❗️

狭い・・足元も悪い👎

七曲滝の真上です。ここから進めなかった😅 仕方なく、来た道を戻ります。

右に進むと百間滝へ。 ここは左に進みます。

有馬四十八滝

少し道幅が広くなった。

やはり崩落箇所が多い。

こんな感じ。

白いロープの右側は大きく崩落しています

荒れた様・・

そろそろ昼飯にするか・・ 紅葉谷🍁まで行ったらご飯だなぁ

謎の石積み??

迂回路👉

急坂を下り・・

木段を下りて・・

再び木段を下りて・・

迂回路👈

この先、荒れた山道が続きます。

慎重に歩を進めるメンバー

ウッキーさん親子😊

快調なウッキーさん😄

全然、字が見えん‼️

この様に荒れた所が実に多かった!

左👈は白石滝方面 右👉は紅葉谷🍁へ 右👉に進みます。

紅葉谷🍁

こんな感じ。寂しげ・・ ここで昼食🙏

滑滝、鼓ケ滝へ さぁ!出発‼️

まずはこんな感じ。

おやおや・・

ここを進みます。

石積みの階段を下り・・