七面山と三条大塚山(夷隅郡大多喜町)2020ー02ー12

2020.02.12(水) 日帰り

活動データ

タイム

05:22

距離

5.5km

上り

304m

下り

308m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

夏は山蛭が出るのでこの冬の時期しか行かない房総内陸部の山へ。 相変わらず誰も来ない房総の山でのんびりとしました。 無線も坊主かと思いきや長野県移動している局と日光白根山移動している局と山の雪や凍結状況や気温の話をしました。 今回初めてですが三条大塚山から西畑駅へ行ってみる事にしました。 途中に看板があったので迷いもせずに大丈夫でした。 台風の倒木影響も特になく駅まで行けました。 写真にコメント記載してますのでご覧ください。 今日の無線で交信した方 デジタルコミニティ無線(無線機:アルインコDJ-PV1D+アンテナはナティックHS3000CL) サイタマKM117局 長野県南佐久郡甲武信ヶ岳 通信距離154km トウキョウHN203局 日光白根山 通信距離189km

石尊山 上総中野駅からスタートです。
横の無料駐車場に車を止めました。
上総中野駅からスタートです。 横の無料駐車場に車を止めました。
石尊山 七面山を目指してみます。
左です。
七面山を目指してみます。 左です。
石尊山 すぐに右に
すぐに右に
石尊山 お寺の石段を登ります。
お寺の石段を登ります。
石尊山 鐘があるお寺です。
鐘があるお寺です。
石尊山 案内板もしっかりと
案内板もしっかりと
石尊山 お墓の横を過ぎてコンクリ道を行きます
お墓の横を過ぎてコンクリ道を行きます
石尊山 南側の景観が良いです。これから向かう大塚山も見えます。
南側の景観が良いです。これから向かう大塚山も見えます。
石尊山 春になると桜が綺麗でしょうね。
春になると桜が綺麗でしょうね。
石尊山 神社があります。
神社があります。
石尊山 七面山を下山して再び上総中野付近を歩き大塚山の入り口へ。
七面山を下山して再び上総中野付近を歩き大塚山の入り口へ。
石尊山 舗装とガレ道の交互が続きます。
舗装とガレ道の交互が続きます。
石尊山 今でも崩れたままです。
今でも崩れたままです。
石尊山 登っていくと道の横の法面が崩れたまま。ここを踏み越えていきます。
登っていくと道の横の法面が崩れたまま。ここを踏み越えていきます。
石尊山 便所の周辺の水仙も綺麗に咲いてました。
便所の周辺の水仙も綺麗に咲いてました。
石尊山 こんな感じ
こんな感じ
石尊山 便所は上の部分はご覧の通り吹っ飛ばされたままです。
便所は上の部分はご覧の通り吹っ飛ばされたままです。
石尊山 最期の階段
最期の階段
石尊山 台風時に電波塔の点検に来て降りれなくなった自動車。平成32年4月車検(あれ今年?)。
台風時に電波塔の点検に来て降りれなくなった自動車。平成32年4月車検(あれ今年?)。
石尊山 今日は富士山が良く見えました。
今日は富士山が良く見えました。
石尊山 北の方角。
北の方角。
石尊山 市民ラジオとデジタルコミニティ無線を準備。
市民ラジオとデジタルコミニティ無線を準備。
石尊山 甲武信ヶ岳移動している方と日光白根山移動の方とデジタルコミニティ無線で交信。
日光はー2℃でアイスバーンだか少々の雪だそうです。
甲武信ヶ岳移動している方と日光白根山移動の方とデジタルコミニティ無線で交信。 日光はー2℃でアイスバーンだか少々の雪だそうです。
石尊山 無線もそうですが読書と昼飯と昼寝しました。
無線もそうですが読書と昼飯と昼寝しました。
石尊山 西畑駅へ向かう事にしました。
今回初めて行ってみます。
西畑駅へ向かう事にしました。 今回初めて行ってみます。
石尊山 獣道なので不安です。
獣道なので不安です。
石尊山 迷いやすそうな場所に看板があるので助かります。
迷いやすそうな場所に看板があるので助かります。
石尊山 時代劇で野党でもでそうな山道です。
時代劇で野党でもでそうな山道です。
石尊山 看板どおりに。
看板どおりに。
石尊山 いすみ鉄道の線路が見えました。
ちょうど上りの汽車が。
いすみ鉄道の線路が見えました。 ちょうど上りの汽車が。
石尊山 踏切の手前を右に
踏切の手前を右に
石尊山 山道をとことこ
山道をとことこ
石尊山 西畑駅が見えました。
西畑駅が見えました。
石尊山 枕木をコンクリートに変えるのでしょうか。
枕木をコンクリートに変えるのでしょうか。
石尊山 momo西畑
GSKは何の略だっただろうか。
次の下の汽車は30分くらい待ちます。
momo西畑 GSKは何の略だっただろうか。 次の下の汽車は30分くらい待ちます。
石尊山 1区間だけ乗って上総中野駅へ。
1区間だけ乗って上総中野駅へ。
石尊山 養老温泉は定休か15:00までしか日帰り入浴できないので、結局奥養老のごりやくの湯であったまりました。
養老温泉は定休か15:00までしか日帰り入浴できないので、結局奥養老のごりやくの湯であったまりました。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす