高長谷山(たかはぜやま)と陣屋の村~バブル期の夢の跡~由布市-2020-02-11

2020.02.11(火) 日帰り

本日天候も良く、里山シリーズで、大分市内近郊の陣屋の村と高長谷山に散策。 陣屋の村は、平成29年に閉館しており、一度温泉に行った記憶があります。 バブル期の1990年代に開館して、キャンプ場や温泉やつり橋など充実した施設だったのですが・・・ 高長谷山は、子供のピクニックに最適な場所だと思います。

既に閉館していますが・・・

既に閉館していますが・・・

既に閉館していますが・・・

駐車場広し。奥に水洗トイレあり。

駐車場広し。奥に水洗トイレあり。

駐車場広し。奥に水洗トイレあり。

駐車場のわき道が、登山道は、コンクリートと砂利道で、車が通れるように整備されています

駐車場のわき道が、登山道は、コンクリートと砂利道で、車が通れるように整備されています

駐車場のわき道が、登山道は、コンクリートと砂利道で、車が通れるように整備されています

わき道から、吊り橋に行くも、通行禁止

わき道から、吊り橋に行くも、通行禁止

わき道から、吊り橋に行くも、通行禁止

よって、また杉林の中を戻り

よって、また杉林の中を戻り

よって、また杉林の中を戻り

コテージがあった。今も使えるのだろうか?

コテージがあった。今も使えるのだろうか?

コテージがあった。今も使えるのだろうか?

頂上付近の分岐点が迷った

頂上付近の分岐点が迷った

頂上付近の分岐点が迷った

無事、頂上です。広場になっています

無事、頂上です。広場になっています

無事、頂上です。広場になっています

戦国時代の狼煙跡

戦国時代の狼煙跡

戦国時代の狼煙跡

霊山が見え

霊山が見え

霊山が見え

由布岳と鶴見岳

由布岳と鶴見岳

由布岳と鶴見岳

大分市内一望

大分市内一望

大分市内一望

帰り道にわき道の水辺広場行きが気になって、

帰り道にわき道の水辺広場行きが気になって、

帰り道にわき道の水辺広場行きが気になって、

廃道に近い状態で、

廃道に近い状態で、

廃道に近い状態で、

迷いながらも看板があり、安心して

迷いながらも看板があり、安心して

迷いながらも看板があり、安心して

下山なるも

下山なるも

下山なるも

この看板を発見して、鉄塔がきになり

この看板を発見して、鉄塔がきになり

この看板を発見して、鉄塔がきになり

再度、散策開始。

再度、散策開始。

再度、散策開始。

小川と隣接した自然道となっており、

小川と隣接した自然道となっており、

小川と隣接した自然道となっており、

鉄塔到着。看板からイメージした風景では・・・なく

鉄塔到着。看板からイメージした風景では・・・なく

鉄塔到着。看板からイメージした風景では・・・なく

一度、駐車場に戻ってから、閉館中の「陣屋の村」に

一度、駐車場に戻ってから、閉館中の「陣屋の村」に

一度、駐車場に戻ってから、閉館中の「陣屋の村」に

奥の山と鉄塔が、先ほどの場所かな

奥の山と鉄塔が、先ほどの場所かな

奥の山と鉄塔が、先ほどの場所かな

駐車場の前には、立派な日本庭園

駐車場の前には、立派な日本庭園

駐車場の前には、立派な日本庭園

無事ゴール

無事ゴール

無事ゴール

既に閉館していますが・・・

駐車場広し。奥に水洗トイレあり。

駐車場のわき道が、登山道は、コンクリートと砂利道で、車が通れるように整備されています

わき道から、吊り橋に行くも、通行禁止

よって、また杉林の中を戻り

コテージがあった。今も使えるのだろうか?

頂上付近の分岐点が迷った

無事、頂上です。広場になっています

戦国時代の狼煙跡

霊山が見え

由布岳と鶴見岳

大分市内一望

帰り道にわき道の水辺広場行きが気になって、

廃道に近い状態で、

迷いながらも看板があり、安心して

下山なるも

この看板を発見して、鉄塔がきになり

再度、散策開始。

小川と隣接した自然道となっており、

鉄塔到着。看板からイメージした風景では・・・なく

一度、駐車場に戻ってから、閉館中の「陣屋の村」に

奥の山と鉄塔が、先ほどの場所かな

駐車場の前には、立派な日本庭園

無事ゴール

類似するルートを通った活動日記