氷ノ山ブルー スノーモンスターの迫力!

2020.02.11(火) 日帰り
ハマKBT
ハマKBT

 条件がよかったら氷ノ山登山に行こうとのトレッカーさんからのお誘いがあり、今日が、その条件ばっちりの日。一番の積雪、晴天の予報。益田からはやや距離があるが、わくわくしながら車で移動。集合場所の河原の道の駅に到着したのが深夜の2時。そこで車中泊。  翌朝、6時40分ごろ、トレッカーさん、てつおさんと合流。ここで、てつおさんの四駆に乗せてもらい、登山口まで移動。  氷ノ山は、最初はリフトで登る。その後、急登。今回は、新雪ということもあり久々のかんじき。結果的にこれが大正解。これでなかったら、ずぼずぼはまって大変だっと思う。登り始めは予報に反して曇り。なかなかすっきりとした景色にならない。途中の避難小屋で休憩タイム&晴れ待ち。小屋を出たら、待ったかいがあり、雲がどんどん晴れて、待望の青空が広がっていく。  氷ノ山の樹氷、スノーモンスターと青空が素晴らしい。あまりの綺麗さに、何枚も何枚も写真を撮る。  山頂の山小屋は人が多いだろうということで、少し前で昼食。風も強くなく、外で食べても大丈夫。本当にこれだけ条件がそろうのはめったにないというぐらいの雪山登山日和。  山頂まで樹氷と大雪原の中を進む。これが、本当に素晴らしい。「すごい!」「感動!」何回言っただろう。思わず、声が出るほどの美しさ。青空も、すごく濃ゆい青。雪山で見る青空は、平地で見る青空に比べると本当に色が濃く感じる。これもまた、美しい。氷ノ山ブルーに感謝。  下山。途中までは景色をしっかり楽しめるが、避難小屋からは急登。転げ落ちる感じの道を行く。雪が深いので転げても平気な感じだが、一度こけると、なかなか立ち上がれない。カメラのレンズも雪だらけになるために、こけないように行く。それでも何度かこけ、雪を楽しむ。  あっという間に氷ノ山登山終了。そうは言っても7時間ぐらいたっているのだが、短く感じるほど美しい空間で、夢のようだった。  道の駅に行くまでの温泉はモンベル会員だとなんと200円。体を温めて、道の駅に帰った。  そこから益田までもうひとがんばり。それにしても最高の登山だった~。トレッカーさん、てつおさん、感謝。

道の駅河原で車中泊。感謝。

道の駅河原で車中泊。感謝。

道の駅河原で車中泊。感謝。

てつおさんの車に乗り登山口まで。感謝。

てつおさんの車に乗り登山口まで。感謝。

てつおさんの車に乗り登山口まで。感謝。

最初はリフトで登る。

最初はリフトで登る。

最初はリフトで登る。

今日はかんじき装着。久しぶり~。木製。しぶいでしょ。ひもで結ぶのだが、一度もほどけなかった。

今日はかんじき装着。久しぶり~。木製。しぶいでしょ。ひもで結ぶのだが、一度もほどけなかった。

今日はかんじき装着。久しぶり~。木製。しぶいでしょ。ひもで結ぶのだが、一度もほどけなかった。

トレッカーさんと、てつおさん。大先輩!!

トレッカーさんと、てつおさん。大先輩!!

トレッカーさんと、てつおさん。大先輩!!

最初は曇った中を行く。

最初は曇った中を行く。

最初は曇った中を行く。

樹氷が綺麗。これで晴れてくれるとうれしいんだけどな~

樹氷が綺麗。これで晴れてくれるとうれしいんだけどな~

樹氷が綺麗。これで晴れてくれるとうれしいんだけどな~

ガスの中を行く。

ガスの中を行く。

ガスの中を行く。

途中の避難小屋でコーヒータイム。

途中の避難小屋でコーヒータイム。

途中の避難小屋でコーヒータイム。

中はこんな感じ。

中はこんな感じ。

中はこんな感じ。

コーヒータイム終了、外に出ると、なんと晴れ始めた!!

コーヒータイム終了、外に出ると、なんと晴れ始めた!!

コーヒータイム終了、外に出ると、なんと晴れ始めた!!

いい!

いい!

いい!

氷ノ山ブルー 待ってました!

氷ノ山ブルー 待ってました!

氷ノ山ブルー 待ってました!

スノーモンスター!!すげ~

スノーモンスター!!すげ~

スノーモンスター!!すげ~

モンスターをバックに!
15/50

モンスターをバックに!

モンスターをバックに!

氷ノ山山頂へ向かう。

氷ノ山山頂へ向かう。

氷ノ山山頂へ向かう。

風のプレゼント。雪の塀ができていた。

風のプレゼント。雪の塀ができていた。

風のプレゼント。雪の塀ができていた。

いい~~

いい~~

いい~~

樹氷と氷ノ山ブルー。

樹氷と氷ノ山ブルー。

樹氷と氷ノ山ブルー。

モンスター!!

モンスター!!

モンスター!!

ため息が出るほど。

ため息が出るほど。

ため息が出るほど。

すばらしい~~
22/50

すばらしい~~

すばらしい~~

山頂手前でランチタイム。

山頂手前でランチタイム。

山頂手前でランチタイム。

いつもの鍋焼きうどん。今回もアルミの鍋穴がなくセーフ。

いつもの鍋焼きうどん。今回もアルミの鍋穴がなくセーフ。

いつもの鍋焼きうどん。今回もアルミの鍋穴がなくセーフ。

他の登山者に撮っていただく。感謝。野郎3人。

他の登山者に撮っていただく。感謝。野郎3人。

他の登山者に撮っていただく。感謝。野郎3人。

夢の空間。

夢の空間。

夢の空間。

氷ノ山ブルーが濃い!!

氷ノ山ブルーが濃い!!

氷ノ山ブルーが濃い!!

氷ノ山最高!!

氷ノ山最高!!

氷ノ山最高!!

ため息~

ため息~

ため息~

あと少しで山頂。

あと少しで山頂。

あと少しで山頂。

かっこいい!!

かっこいい!!

かっこいい!!

山頂!!

山頂!!

山頂!!

山頂!!

山頂!!

山頂!!

山頂の小屋の中。

山頂の小屋の中。

山頂の小屋の中。

あの山は・・・と解説中。

あの山は・・・と解説中。

あの山は・・・と解説中。

あの稜線を歩いてきた。

あの稜線を歩いてきた。

あの稜線を歩いてきた。

帰りたくないけれど・・・・下山(>_<)

帰りたくないけれど・・・・下山(>_<)

帰りたくないけれど・・・・下山(>_<)

下山~

下山~

下山~

振り返ると雄大な氷ノ山。

振り返ると雄大な氷ノ山。

振り返ると雄大な氷ノ山。

下山道もモンスター。

下山道もモンスター。

下山道もモンスター。

振り向く。氷ノ山!!

振り向く。氷ノ山!!

振り向く。氷ノ山!!

午後になると、徐々に融け始めたよう。

午後になると、徐々に融け始めたよう。

午後になると、徐々に融け始めたよう。

急登を下る~てつおさんを激写。救助より、まずは撮影。(ごめんなさい!)

急登を下る~てつおさんを激写。救助より、まずは撮影。(ごめんなさい!)

急登を下る~てつおさんを激写。救助より、まずは撮影。(ごめんなさい!)

すべりながらに近い下山。

すべりながらに近い下山。

すべりながらに近い下山。

だいぶ下りてきた。

だいぶ下りてきた。

だいぶ下りてきた。

雪玉~

雪玉~

雪玉~

舗装路を歩くトレッカーさんとてつおさん。男たちの背中、きまってる。

舗装路を歩くトレッカーさんとてつおさん。男たちの背中、きまってる。

舗装路を歩くトレッカーさんとてつおさん。男たちの背中、きまってる。

ソフトクリームを食す。これがうまい!!

ソフトクリームを食す。これがうまい!!

ソフトクリームを食す。これがうまい!!

つらら~~

つらら~~

つらら~~

本日の軌跡。
50/50

本日の軌跡。

本日の軌跡。

道の駅河原で車中泊。感謝。

てつおさんの車に乗り登山口まで。感謝。

最初はリフトで登る。

今日はかんじき装着。久しぶり~。木製。しぶいでしょ。ひもで結ぶのだが、一度もほどけなかった。

トレッカーさんと、てつおさん。大先輩!!

最初は曇った中を行く。

樹氷が綺麗。これで晴れてくれるとうれしいんだけどな~

ガスの中を行く。

途中の避難小屋でコーヒータイム。

中はこんな感じ。

コーヒータイム終了、外に出ると、なんと晴れ始めた!!

いい!

氷ノ山ブルー 待ってました!

スノーモンスター!!すげ~

モンスターをバックに!

氷ノ山山頂へ向かう。

風のプレゼント。雪の塀ができていた。

いい~~

樹氷と氷ノ山ブルー。

モンスター!!

ため息が出るほど。

すばらしい~~

山頂手前でランチタイム。

いつもの鍋焼きうどん。今回もアルミの鍋穴がなくセーフ。

他の登山者に撮っていただく。感謝。野郎3人。

夢の空間。

氷ノ山ブルーが濃い!!

氷ノ山最高!!

ため息~

あと少しで山頂。

かっこいい!!

山頂!!

山頂!!

山頂の小屋の中。

あの山は・・・と解説中。

あの稜線を歩いてきた。

帰りたくないけれど・・・・下山(>_<)

下山~

振り返ると雄大な氷ノ山。

下山道もモンスター。

振り向く。氷ノ山!!

午後になると、徐々に融け始めたよう。

急登を下る~てつおさんを激写。救助より、まずは撮影。(ごめんなさい!)

すべりながらに近い下山。

だいぶ下りてきた。

雪玉~

舗装路を歩くトレッカーさんとてつおさん。男たちの背中、きまってる。

ソフトクリームを食す。これがうまい!!

つらら~~

本日の軌跡。