三百名山 鉢盛山

2020.02.08(土) 2 DAYS
paperback-writer
paperback-writer

活動詳細

もっと見る

【1日目】 野麦峠スキー場から、積雪期にしか 行けないコースを辿り鉢盛山へ。 スキー場から2130mまで、リフトを2本乗り継ぐ。鉢盛山へは、リフト乗り場の右のコースを少し下り、樹林に入るのが正解だが、誤って、逆の尾根に入った。1時間ほど歩き、2111mピークで間違いに気付き、引き返し、正解ルートに入る。 ルート上はトレースがなく、スノーシューであれば潜ることはないが、自分だけがワカンだったため、かなりの頻度で膝下、ひどい所で股下まで潜り、1人ラッセル状態となり、体力を無駄に削られた。それが徒となり、パーティーの足を引っ張り、小鉢盛山手前のみ2140m付近で時間切れとなり、幕営。 【2日目】 寒気が入ったのか、風が強く、かなり冷える。7時頃、ベースを出発、雪がしまったのか、昨日よりは歩きやすい。小鉢盛山と鉢盛山間のコルまで快適だったが、鉢盛山への上りは、かなりきつい。1人ラッセルの疲労の蓄積か? スノーシュー組のペースに付いていけず、ゆっくり歩いて、10:19に鉢盛山頂上に到着。快晴の中、御嶽、乗鞍岳等を見て、ゆっくり休み、帰りに頂上を踏み、帰路に就く。下りは楽だか、上りはつらい。ベースからスキー場までは、トレースが踏み固められているものの、膝下または膝下まで沈んで、ヘトヘトになった。 スキー場2130mからは、リフト一本分を徒歩で下り、最後は無料でリフトに乗り、センターハウスまで。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす