遍路(36番青龍寺~横浪半島)

2020.02.06(木) 日帰り

活動データ

タイム

05:34

距離

25.0km

上り

872m

下り

859m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

1/31遍路の続きです。 土佐市宇佐竜ノ浜から、36番青龍寺に参拝して須崎市鳥坂トンネルまで歩きました。

四国遍路その6 前回終了地点、竜ノ浜からスタート
前回終了地点、竜ノ浜からスタート
四国遍路その6 蟹ヶ池
蟹ヶ池
四国遍路その6 咲き始めた河津桜
咲き始めた河津桜
四国遍路その6 青龍寺の階段。
元横綱の朝青龍関(明徳義塾出身)も高校時代この階段で足腰を鍛えたという。青龍寺はその四股名の由来にもなっている
青龍寺の階段。 元横綱の朝青龍関(明徳義塾出身)も高校時代この階段で足腰を鍛えたという。青龍寺はその四股名の由来にもなっている
四国遍路その6 青龍寺
青龍寺
四国遍路その6 ※私の参拝グッズは線香、蝋燭、納札と納経帳(※これらはほぼ必須)、それ以外は桐の杖のみです。
白装束や笠は持っていません。

装束や笠は欲しくなった時に買えば良いかなと思ってるんですが、最近数珠がちょっと欲しくなってきました(ファッション的に)
※私の参拝グッズは線香、蝋燭、納札と納経帳(※これらはほぼ必須)、それ以外は桐の杖のみです。 白装束や笠は持っていません。 装束や笠は欲しくなった時に買えば良いかなと思ってるんですが、最近数珠がちょっと欲しくなってきました(ファッション的に)
四国遍路その6 崎山は初見(それっぽい登り口があったら登ろう)と思ってましたが車道沿いにそれっぽいのがありました。
崎山は初見(それっぽい登り口があったら登ろう)と思ってましたが車道沿いにそれっぽいのがありました。
四国遍路その6 土砂崩れや猪に掘られてやや荒れていますが、遊歩道が山頂手前まであり普通に登る事ができました。
土砂崩れや猪に掘られてやや荒れていますが、遊歩道が山頂手前まであり普通に登る事ができました。
四国遍路その6 ※メガネが落ちてました。まだ綺麗だったのでけっこう最近のものじゃないかと思います。
心当たりある人がいたら(まずいないだろうけど)この写真の手すり上にそのまま置いてます。
※メガネが落ちてました。まだ綺麗だったのでけっこう最近のものじゃないかと思います。 心当たりある人がいたら(まずいないだろうけど)この写真の手すり上にそのまま置いてます。
四国遍路その6 五色浜
五色浜
四国遍路その6 クラックを登るミステリーハンター
クラックを登るミステリーハンター
四国遍路その6 写真で伝わりにくいと思いますが、  五色浜の海岸歩きはちょっとアルペンムードというか、岩山の稜線を行くような感覚です
写真で伝わりにくいと思いますが、 五色浜の海岸歩きはちょっとアルペンムードというか、岩山の稜線を行くような感覚です
四国遍路その6 五色浜の波打ち際
※当初は「五色浜」なので五色の石を拾って写真撮ろうとしてたんですが、なかなか丁度良い石が見つけられなかったので浜を直接撮りました。

※この2秒後靴が水没した(マジで)
五色浜の波打ち際 ※当初は「五色浜」なので五色の石を拾って写真撮ろうとしてたんですが、なかなか丁度良い石が見つけられなかったので浜を直接撮りました。 ※この2秒後靴が水没した(マジで)
四国遍路その6 貝殻と珊瑚
貝殻と珊瑚
四国遍路その6 青龍寺奥の院、なぜか鳥居がある。
寺なのか神社かよくわからないが森の中にひっそりと建っていた。
青龍寺奥の院、なぜか鳥居がある。 寺なのか神社かよくわからないが森の中にひっそりと建っていた。
四国遍路その6 雑誌やTVでも有名な超お洒落ホテル
【ヴィラ・サントリー二】
※ハンターの予算でお伝えできるのは玄関までです
雑誌やTVでも有名な超お洒落ホテル 【ヴィラ・サントリー二】 ※ハンターの予算でお伝えできるのは玄関までです
四国遍路その6 ヴィラ・サントリーニ駐車場より明徳義塾の竜キャンパス、蟹ヶ池 、崎山
ヴィラ・サントリーニ駐車場より明徳義塾の竜キャンパス、蟹ヶ池 、崎山
四国遍路その6 ※ちなみに宇都賀山は、今日は手前の道路で工事をしていたので(別に行かなくて良いか)と思ってスルーしました
※ちなみに宇都賀山は、今日は手前の道路で工事をしていたので(別に行かなくて良いか)と思ってスルーしました
四国遍路その6 横浪スカイラインをひたすら進みます
横浪スカイラインをひたすら進みます
四国遍路その6 ※景色に飽きてきたハンター
(いや、綺麗だけども…)
※景色に飽きてきたハンター (いや、綺麗だけども…)
四国遍路その6 ドライブでサッと走り抜けるぶんには楽しい道だろうが、2時間ほど歩いてるとほとんど景色に関心がなくなっていた
ドライブでサッと走り抜けるぶんには楽しい道だろうが、2時間ほど歩いてるとほとんど景色に関心がなくなっていた
四国遍路その6 【土佐の遍路道は、全長1400㎞に及ぶ四国巡礼路のうち24番から39番までの428㎞。巡礼者達が自分自身と向き合って苦闘する「修行の霊場」と言われる。】案内板抜粋

※日帰りの区切り打ちで気ままに歩いているハンターでも、さすがに「修行の霊場」の意味に気づきはじめた
【土佐の遍路道は、全長1400㎞に及ぶ四国巡礼路のうち24番から39番までの428㎞。巡礼者達が自分自身と向き合って苦闘する「修行の霊場」と言われる。】案内板抜粋 ※日帰りの区切り打ちで気ままに歩いているハンターでも、さすがに「修行の霊場」の意味に気づきはじめた
四国遍路その6 土佐勤王党のリーダー武市半平太
土佐勤王党のリーダー武市半平太
四国遍路その6 ※おにぎりを食べているとネコが寄ってきた
※おにぎりを食べているとネコが寄ってきた
四国遍路その6 ハンター(食ってる間、足元でなんかずっとにゃんにゃん言ってたけどさようなら…)

ネコ(コイツ…めっちゃ媚び売ったのになんの食べ物もくれんかった)
ハンター(食ってる間、足元でなんかずっとにゃんにゃん言ってたけどさようなら…) ネコ(コイツ…めっちゃ媚び売ったのになんの食べ物もくれんかった)
四国遍路その6 出発から約4時間、浦ノ内湾へ降りてきた。
ここから少し寄り道になるけど行ってみたい場所があった。
出発から約4時間、浦ノ内湾へ降りてきた。 ここから少し寄り道になるけど行ってみたい場所があった。
四国遍路その6 鳴無(おとなし)神社
※ちなみに初めて来ます
鳴無(おとなし)神社 ※ちなみに初めて来ます
四国遍路その6 鳴無神社は「土佐の宮島」とも呼ばれ、その鳥居から参道が海へ向かって延びている。
中央奥は虚空蔵山
鳴無神社は「土佐の宮島」とも呼ばれ、その鳥居から参道が海へ向かって延びている。 中央奥は虚空蔵山
四国遍路その6 鳥居の先は階段になって海中へ消えていた
鳥居の先は階段になって海中へ消えていた
四国遍路その6 ※おみくじ引いてみた
(ちなみに大吉でした)
※おみくじ引いてみた (ちなみに大吉でした)
四国遍路その6 鳴無神社のおみくじは鳥居先の海へ流します(水に溶ける紙で出来ている)
鳴無神社のおみくじは鳥居先の海へ流します(水に溶ける紙で出来ている)
四国遍路その6 ドラゴンボート
ドラゴンボート
四国遍路その6 鳥坂トンネルまで進みました。
(中断する場所としてはやや中途半端ですが、この後の須崎市中心部までの距離や船の時間等を考えここで止めました)
次回はここから37番岩本寺の方を目指して行きます。
鳥坂トンネルまで進みました。 (中断する場所としてはやや中途半端ですが、この後の須崎市中心部までの距離や船の時間等を考えここで止めました) 次回はここから37番岩本寺の方を目指して行きます。
四国遍路その6 ※これ以降はログ外、須崎市横浪から宇佐竜ノ浜へ船で戻るまでです

【大嶋海岸【こちらは地形図で見ると島になっているが私が通った時は砂浜だった。(干潮?)
※これ以降はログ外、須崎市横浪から宇佐竜ノ浜へ船で戻るまでです 【大嶋海岸【こちらは地形図で見ると島になっているが私が通った時は砂浜だった。(干潮?)
四国遍路その6 ハンター「どこから撮ってんだよ」

カメラマン(五色浜で既に水没してるので別に良いです)
ハンター「どこから撮ってんだよ」 カメラマン(五色浜で既に水没してるので別に良いです)
四国遍路その6 横浪の浦ノ内湾巡行船乗り場。
※ちなみに看板等が一切ありませ
ん
(出港時刻の5分前に船頭さんと地元小学生達が現れるまで、本当にここで大丈夫なのか不安でした)
横浪の浦ノ内湾巡行船乗り場。 ※ちなみに看板等が一切ありませ ん (出港時刻の5分前に船頭さんと地元小学生達が現れるまで、本当にここで大丈夫なのか不安でした)
四国遍路その6 浦ノ内湾クルージング。
写真中央、蟠蛇ヶ森と右横は虚空蔵山
浦ノ内湾クルージング。 写真中央、蟠蛇ヶ森と右横は虚空蔵山
四国遍路その6 宇佐大橋
宇佐大橋
四国遍路その6 埋立に着きました。
ここから宇佐大橋を渡って竜ノ浜の駐車場に帰るまで徒歩約30~40分です。
埋立に着きました。 ここから宇佐大橋を渡って竜ノ浜の駐車場に帰るまで徒歩約30~40分です。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす