イセエビCUPおんじゅくオーシャントレイル!16kmに盛り盛り詰め込み過ぎ!

2020.02.02(日) 日帰り
しまお
しまお

活動データ

タイム

02:15

距離

15.5km

上り

544m

下り

544m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

久々の投稿。 1月は実はフルマラソンに出る予定が、電車を1本乗り間違えたら、現地到着が45分遅れで、まさかの遅刻で参加できず。 まぁ、極寒で雨だったからいいんだけど、そうは言っても電車なさ過ぎでしょ!頑張れ内房線! とそんなこともありつつ、今年初の大会に出てきました。 千葉県の房総にある御宿。イセエビCUP! エイドやゴール後にイセエビのお味噌汁が! 出ません! 上位ランナーにイセエビが贈呈されます。 という訳で、僕にとってはイセエビCUPという名は全く関係なく、そして距離も16kmと短いので、ファンラン気分での参加です。 山友のぽいっさんと合流し、7時の受付を済ませ、9時過ぎまでお昼寝(?)。 なにはともあれ、天気は快晴!ちょっと肌寒いけど、走ったら暑くなりそうな気温!サイコー! 開会式前では、トレラン界のレジェンド 鏑木毅さんとも写真も撮れ、ウキウキな気分です。 写真撮影の中で、 鏑木さん「初めての参加ですか?カルチャーショック受けますよ(笑)」と意味深な言葉が。 なんにせよ、楽観主義の僕としては、なんとかなるっしょと意気揚々としていたんですが、横では相変わらずぽいっさんの「不安だ〜。不安だ〜。」のネガティブ思考がグルングルン。 ネオ・しまおとなった僕は、このぽいっさんのネガティブモードをネガ・ティブ男と名付けることを秘かに決めました。(結局はいつも僕より早くゴールしてるんですよ) いよいよスタートして、すぐに浜辺地帯を走ります。 砂に足が埋まり、文字通りドスドス鳴らしながら2km。生まれて初めて砂浜を2km走ったわ。途中、水の中を渡るというサプライズ付き。 この時点で足がパンパン。 その後も登り坂、下り坂、ロード、藪、急登、畦道、泥と、まぁトレランのシチュエーションをよく混ぜ込んでくれたコース。 しかもコースが地元民でしか知らないような裏道で、手作り感満載。自分としては、とってもあったかくて好きなコースでした。 でも辛い。 連続する登り下りで、初めて両足が攣りました。コムレケアも効かん。 足の痛みがひどくならないギリギリのスピードでようやくゴール。 レース中は、体が重くて重くて、そして周りの方々が全然歩かなくて、精神的にもプレッシャーがキツかったですけど、なんとかゴールできて良かったです。 天気も良くて、スタッフの方々も温かくて、いい大会でしたけど、個人的に反省しまくりの大会でした。 痩せる!

メンバー

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす