宝登山の臘梅と賑わう長瀞アルプス、そして御嶽山(坊山)の巡礼。 2020/2/1

2020.02.01(土) 日帰り
七目
七目

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

今年になってから初めてのKZ氏との山行。私の都合で、午後の早めに帰宅したい旨を伝えると、宝登山(ほどさん)に臘梅を観に行きましょうとのお誘い。宝登山はロープウェイもある有名な山だが、都心からは案外遠くて、これまで一度も訪れたことが無い。早めに帰りたいのに遠いが、一般登山道の行程なのでそれほど時間は掛からない。それで行くことにした。 絶妙の接続で朝の八時前に長瀞駅に到着。朝食を国道沿いのコンビニエンスストアで摂り、気持ちのよい朝の参道を歩く。入山前に寳登山神社に参詣。本殿は極彩色の彫刻意匠が見事で、解説文を読みながら描かれているストーリーを理解する。今日は二月一日で、もうすぐ節分追儺(ついな)祭が行なわれる境内には御福豆が頒布されていたので、お土産に購入した。KZ氏のお御籤は末吉だった模様。 登山道は車道を兼ねた蛇行する道で、特筆すべきこともなく宝登山ロープウェイ山頂駅に到着した。登りついてみると、展望の良さに吃驚する。奥秩父から奥武蔵まで、秩父盆地を取り巻く山々を見渡せる。園地に広がる臘梅園は咲き揃い、多くの観光客が楽しんでいる。花の香と陽光の暖かさで、茫洋とした気持ちで散策した。 宝登山の山頂を確認後、西側から下山の途に掛かる。木段の設えてある山頂直下はものすごい急傾斜で、困憊したハイカーが続々と登ってくる。急降下して一旦林道を歩き、程無くして所謂長瀞アルプスに入った。尾根道は穏やかなアップダウンであり、枯木の風景も心地好いのだが、擦れ違うハイカーの多さに驚く。長瀞町の宣伝が功を奏しているのか、アルプスというネーミングで安直に人が集まっているのか。お互い様なのだけれど、夥しくやってくる人々と挨拶を交わし続けていると、だんだんストレスが蓄積されてくる。 天狗山分岐点の指導標で長瀞アルプスと別れて、ようやく人影が消え、落ち着いた雰囲気になった。(もっとも、こちらの道も『神まわりコース』という名で、長瀞アルプスのハイキングコースとして案内されてはいるのだが) 標高342m点が天狗山ということになっているが、山名標も眺望も無い処だった。そのまま尾根を下り、東南に尾根が分岐する処で、立派な石碑と鳥居のある小ピークに達した。御嶽山の手製山名標があって首肯するが、のちに麓で読んだ地元の説明文では「坊山の頂には御嶽神社がある」とあった。Yamapでは「御嶽山(坊山)」となっている。 小休止の後、そのまま尾根を下ると、白峯神社があり、この山域を説明する絵地図があった。天狗山、坊山の一帯が霊山であり、地神塔や碑を巡るようになっているようだった。ここで南南東に延びていく細長い尾根と別れ、坊山から派生する尾根に合流すべく、トラバース気味に続く道を辿る。 尾根に合流してしばらく下っていくと、広場になっている処に降り立つ。「防山不動明王」の像と碑があり、坊山は防山?と、少々考えてみるが、よく判らない。 ジグザグに切ってある「神まわりコース」の道は、それでも急勾配で、無意識に足早になる。冬枯れの向こうに麓の町が広がり、気持ちのよい踏路であった。民家の姿を確認すると、程無く鳥居が現われて、登山は終了。地元の方が書いたとおぼしき説明板によると、やはりこの山一帯を天狗山と呼び「秩父御嶽講の霊山」とあった。 翌日は所用のため、早朝に出発しなければならないので、正午のチャイムが鳴り響く長瀞の町から帰途に入る。KZ氏と西武秩父駅に戻り、構内のフードコートでビールの乾杯。私は秩父名物わらじカツ丼、KZ氏は炙りサーモン丼を食す。満腹になって西武秩父線に乗る。帰りの車中でふたりとも爆睡状態。気がつくと飯能駅に到着していた。

外秩父七峰縦走 久しぶりに秩父鉄道。西武秩父駅から御花畑駅まで、ギリギリの接続時間。楽しみにしていた駅蕎麦は断念。後部運転室のウィンドウに武甲山。
久しぶりに秩父鉄道。西武秩父駅から御花畑駅まで、ギリギリの接続時間。楽しみにしていた駅蕎麦は断念。後部運転室のウィンドウに武甲山。
外秩父七峰縦走 長瀞駅に到着。観光地に来たなと思わせる駅前風景だが、時刻は朝の八時前で閑散としている。飲食店は未だ開いていないので、朝食は国道沿いのコンビニで済ませることになった。
長瀞駅に到着。観光地に来たなと思わせる駅前風景だが、時刻は朝の八時前で閑散としている。飲食店は未だ開いていないので、朝食は国道沿いのコンビニで済ませることになった。
外秩父七峰縦走 入山前に寳登山神社に参詣。御眷属の狛狼(?)の表情が物々しい。

本殿は極彩色の彫刻意匠が見事で、解説文を読みながら描かれているストーリーを理解する。

節分追儺祭の直前だったので、豆をお土産に購入してみた。
入山前に寳登山神社に参詣。御眷属の狛狼(?)の表情が物々しい。 本殿は極彩色の彫刻意匠が見事で、解説文を読みながら描かれているストーリーを理解する。 節分追儺祭の直前だったので、豆をお土産に購入してみた。
外秩父七峰縦走 登山道は林道のダラダラ登り。つまらないな~と言い合いながらも、久しぶりに一緒に登るKZ氏と近況を語り合う。

高度が上がり景色が広がってきたところで休憩所の東屋。梁からぶら下がっているゴム製ロープ。用途はザック掛けか、とKZ氏。

試しにぶら下げてみた。やや違和感。
登山道は林道のダラダラ登り。つまらないな~と言い合いながらも、久しぶりに一緒に登るKZ氏と近況を語り合う。 高度が上がり景色が広がってきたところで休憩所の東屋。梁からぶら下がっているゴム製ロープ。用途はザック掛けか、とKZ氏。 試しにぶら下げてみた。やや違和感。
外秩父七峰縦走 宝登山ロープウェイ山頂駅に到着。初めて来たが、展望の良さに吃驚。園地に広がる臘梅園は咲き揃っている。林道を登って観光地にやって来た感覚。
宝登山ロープウェイ山頂駅に到着。初めて来たが、展望の良さに吃驚。園地に広がる臘梅園は咲き揃っている。林道を登って観光地にやって来た感覚。
外秩父七峰縦走 東から南の眺望。蓑山を前景に、武甲山から奥武蔵の山々。山容と電波塔で甲仁田山を確認。ふたりで大喜び。
東から南の眺望。蓑山を前景に、武甲山から奥武蔵の山々。山容と電波塔で甲仁田山を確認。ふたりで大喜び。
外秩父七峰縦走 西側斜面の臘梅園。花付きはこちらの方がよいみたい。両神山の山容が、いつも眺める横瀬町からに比べると、より鋸歯状の迫力があるような気がする。

宝登山の山頂を確認して、西側から下山。木段の設えてある山頂直下はものすごい急傾斜。困憊したハイカーが続々と登ってくる。
西側斜面の臘梅園。花付きはこちらの方がよいみたい。両神山の山容が、いつも眺める横瀬町からに比べると、より鋸歯状の迫力があるような気がする。 宝登山の山頂を確認して、西側から下山。木段の設えてある山頂直下はものすごい急傾斜。困憊したハイカーが続々と登ってくる。
外秩父七峰縦走 途中で林道を経由し、いわゆる長瀞アルプスに入る。尾根道は穏やかなアップダウンで、枯木の風景も心地好い。が、擦れ違うハイカーの多さに驚く。お互い様なのだけれど、だんだんストレスが蓄積されてくる。

途中にある野上峠には、なんだかふざけた掲示物が下がっている。余り愉快ではない。
途中で林道を経由し、いわゆる長瀞アルプスに入る。尾根道は穏やかなアップダウンで、枯木の風景も心地好い。が、擦れ違うハイカーの多さに驚く。お互い様なのだけれど、だんだんストレスが蓄積されてくる。 途中にある野上峠には、なんだかふざけた掲示物が下がっている。余り愉快ではない。
外秩父七峰縦走 分岐点で長瀞アルプスと別れてからは、ようやく人影が消えて、落ち着いた雰囲気になった。

山と高原地図「奥武蔵・秩父」(私が持ち歩いているのは2012年の古いもの)では、山頂ポイントは記されておらず、一帯を「天狗山」としている。

標高342m点がYamapでは天狗山となっているが、山名標も眺望も無い処だった。

そのまま尾根を下り、東南に尾根が分岐する処で、立派な石碑と鳥居のある小ピークに達した。

御嶽山の手製山名標があり首肯するが、のちに麓で読んだ地元の説明文では「坊山の頂には御嶽神社がある」とあった。Yamapでは「御嶽山(坊山)」となっている。
分岐点で長瀞アルプスと別れてからは、ようやく人影が消えて、落ち着いた雰囲気になった。 山と高原地図「奥武蔵・秩父」(私が持ち歩いているのは2012年の古いもの)では、山頂ポイントは記されておらず、一帯を「天狗山」としている。 標高342m点がYamapでは天狗山となっているが、山名標も眺望も無い処だった。 そのまま尾根を下り、東南に尾根が分岐する処で、立派な石碑と鳥居のある小ピークに達した。 御嶽山の手製山名標があり首肯するが、のちに麓で読んだ地元の説明文では「坊山の頂には御嶽神社がある」とあった。Yamapでは「御嶽山(坊山)」となっている。
外秩父七峰縦走 御嶽山(坊山)からそのまま尾根を下ると、白峯神社があり、この山域を説明する絵地図があった。天狗山、坊山の一帯が霊山であり、地神塔や碑を巡るようになっているようだった。

下山の途上で広場になっている処に降り立つ。「防山不動明王」があり、坊山なのか防山なのか?と、少々考える。
御嶽山(坊山)からそのまま尾根を下ると、白峯神社があり、この山域を説明する絵地図があった。天狗山、坊山の一帯が霊山であり、地神塔や碑を巡るようになっているようだった。 下山の途上で広場になっている処に降り立つ。「防山不動明王」があり、坊山なのか防山なのか?と、少々考える。
外秩父七峰縦走 冬枯れの向こうに麓の町が見渡せる、気持ちのよい登山道が続いていた。
冬枯れの向こうに麓の町が見渡せる、気持ちのよい登山道が続いていた。
外秩父七峰縦走 武野上神社の近くにある鳥居をくぐって下山。地元の方が書いたとおぼしき説明板によると、やはりこの山一帯を天狗山と呼び「秩父御嶽講の霊山」とあった。

翌日は所用で早出なので、本日はこれで終了。KZ氏と西武秩父駅に戻り、構内のフードコートで乾杯。私は秩父名物わらじカツ丼、KZ氏は炙りサーモン丼。満腹で帰りの車中は爆睡で、気がつくと飯能駅に到着していた。
武野上神社の近くにある鳥居をくぐって下山。地元の方が書いたとおぼしき説明板によると、やはりこの山一帯を天狗山と呼び「秩父御嶽講の霊山」とあった。 翌日は所用で早出なので、本日はこれで終了。KZ氏と西武秩父駅に戻り、構内のフードコートで乾杯。私は秩父名物わらじカツ丼、KZ氏は炙りサーモン丼。満腹で帰りの車中は爆睡で、気がつくと飯能駅に到着していた。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす