(九州遠征二座目)高千穂峰

2020.01.18(土) 日帰り Miyazaki, Kagoshima
hiroki
hiroki

活動データ

タイム

02:10

距離

5.7km

上り

642m

下り

641m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

 えびの高原から高千穂河原へ車で30分弱で移動します。ここは以前霧島神社があった所、霧島山の爆発で今の位置に移動しましたが祭祀は今でもここで行われているとのことです。歩いて5分くらいで旧神社に着きますが、立派な鳥居と石囲いがあるだけなので説明を受けないとよく分かりませんwとにかくここから高千穂峰への登山が始まります。まずはお鉢を目指します。  石畳の道を抜けるといきなり急斜面の火山岩、石、灰の径路を登ります。富士山の8合目からとかと似てますが、九十九折でないので滑りやすいです。お鉢に到着して初めて高千穂峰が見えます。まだ先が長いのだなあと分かります。お鉢沿いに進み、一旦下ってコルにある霧島神社本宮に到着。ここから正面にそびえる高千穂峰に最後の登り!風が強いですが、午後になって雲が取れてきて、午前中登った韓国岳から新燃岳への稜線、錦江湾がきらきら光っていることが分かります。坂本龍馬も登った高千穂峰山頂で天の逆鉾を見ました。(今はレプリカらしい)本当に登山口から山頂まで神話の世界ですね。360°の眺望を楽しみ、小屋も見学させてもらってピストンで下山。風は強かったですが、眺望は楽しませてもらいました。  お楽しみの温泉は霧島温泉丸尾の前田温泉 カジロが湯へ。硫黄たっぷりいいお湯でした。蒸し卵ももらいました。そこから寄り道しながら鹿児島空港へ。夕食を楽しんで、ラウンジで一人打ち上げ。飛行機の中で爆睡。関東は今日一日雨だったのか、まだしとしと降る中帰宅。高密度の一日でした。今日は日帰りでスケジュールが押してましたが、時間があれば今度は泊りで行ってのんびり山行をしたいですね。   本日の費用のまとめ ・羽田―鹿児島(往復) 9,000マイル ・自宅-羽田空港(往復) 980円 ・レンタカー 3,950円 ・ガソリン 860円 ・駐車場(えびの高原、高千穂河原) 1,000円 ・行動食 約1,000円 ・温泉 590円(シャンプー、ボディソープ込) ・夕食 1,000円 ・打ち上げ ラウンジのため0円

車で30分弱でえびの高原から高千穂河原に移動します。
ここには以前霧島神社があったとのこと。霧島山の爆発で、ここから移動したけれど、今でも祭祀はここでも行われている。
歩いて5分くらいで到着。
霧島神社の跡、祭祀場
新燃岳。現在入山規制があって登れません。
さあ、お鉢から高千穂峰を目指します。
最初は石畳の径
次は急こう配の火山岩、灰の滑りやすい径路を登ります。富士山ぽいですが、富士山のように九十九折になってないので歩きにくい。最近爆発した新燃岳の火山灰が堆積したもの。
ヒーヒー言ってお鉢へ到着。
その向こうに高千穂峰の頭が、、、まだ遠いね。
お鉢沿いを歩いて高千穂峰全容が見えてきた。やっぱり一旦下りるのね。。。
お鉢沿いを歩きます
お鉢から高千穂峰の間のコルです
これが霧島神宮本宮。後が高千穂峰。さあラストの登り!
高千穂峰山頂到着。
信仰の山ですね。
天の逆鉾が見えます。坂本龍馬も登ったのよね。
後には三角点もあります。風が強くって。。。
小林市側かな
霧島連山が見えます。中央左が先程登った韓国岳
韓国岳アップ。(右奥)手前は新燃岳。
手前左のお鉢沿いを歩いてここまで来た。
山頂には小屋もあります。
中はこんな感じ。
高原町、都城市側
遠く錦江湾が光ってます。
風が強くて寒い!お鉢めがけて下山開始します。
韓国岳も午後は晴れたのかな?まだ頭に雲が残っているのかな・
錦江湾
コルまで下りました。風も一段落。
霧島神宮本宮。登る前より晴れてるw
霧島連山を見ながらお鉢沿いを歩きます
韓国岳と手前の新燃岳。拝み納めです
下に駐車場が見えます
げざーん。
活火山の中なので所々に避難壕が
登る前より晴れてますね。お疲れ様でした。
前田温泉 カジロが湯で汗を流します。
蒸し卵\100。味がついているような色ですが、塩をつけないと味が無いです。
空港に戻る途中で塩浸温泉によりました。竜馬とお龍の日本初新婚旅行の場だそうで。
左が塩浸温泉
空港で黒豚とんかつを食べた後、ラウンジで一人打ち上げ。
薩摩焼酎もトライ
鹿児島を立ちます
羽田でマイザックが無事出てきた。濃い一日でした。お疲れ様でした。

動画

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。