祇園山(旧九州百名山) ・ 揺岳

2019.12.28(土) 日帰り Miyazaki, Kumamoto
福岡想山会
福岡想山会

活動データ

タイム

04:40

距離

0m

上り

0m

下り

0m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

■コースタイム  霧のち曇のち晴 西鉄二日市駅前 発7:00→筑紫野IC→小池高山IC 8:15→R445→R218→R265→林道→大石越 登山口 着9:45    祇園山登山口発10:00~薩軍 塹壕跡10:04~天狗岩10:51~祇園山10:56/11:01~祇園山 登山口 着11:45/12:10(昼食)~揺岳 登山口12:15~林道/山道分岐12:18~大尾根取付12:50/53~東端ピーク~揺岳(コースロス5分)13:30/35~東端ピーク13:57~大尾根取付14:10/12~林道/山道分岐14:34~揺岳 登山口14:37~祇園山登山口 着14:40 大石越 登山口 発14:47→ごかせ温泉の森 木地屋15:11/48→R503→R218→R445→小池高山IC 16:45→筑紫野IC→西鉄二日市駅 着18:10 ■正味歩行時間(休憩含まない)     1時間35分+2時間10分=3時間45分    ■行動時間(休憩含む全行動時間)   1時間45分+2時間30分=4時間15分    ■距離  約2.0+4.1=6.1km     ■累計標高差  約 ±280+430=710m 【コメント】                                         九州最古の山いわれ、三葉虫の化石が点在する祇園山と対面にある揺岳、両座とも初登頂の山だ。当初、初秋に登るつもりだったが都合により今日となり、10時頃から晴れ間が出るとの予報を信じ決行した。登山口に着くと周囲は霧の中、数十㍍先が見えない状態だ。最初に祇園山にアタック。「西南の役薩摩軍塹壕跡」で「祇園山の山名由来」を読み、急坂を登る。スズタケと植林帯の整備された登山道だ。登山口から50分でロープ場を過ぎ、天狗岩を捲くと5分で山頂だ。六峰街道の展望を楽しみにしていたが霧のため無し。往路を下山。登山口近くになると霧が取れてきて、揺岳方面が見えて来た。 昼食後、揺岳へ。林道を5分で山道に入る。植林帯の中、急坂のジグザグ道を進み、ロープ場の急登を過ぎると大尾根取付に出る。標高差200mを40分かかった。そこからは灌木帯の緩やかな落葉道となり、歩行は快調だ。東峰のピークらしき個所を過ぎ、30㍍程一気に下り、山頂まで約100㍍を登り返す。ここが今日一の急登だ。昨日の雨で落葉道は滑り易く、ロープや木々を掴み黙々と登る。山頂前で道を間違え少しロスがあったが30分を要して登頂した。霧は晴れたが曇りがちで展望は良くない。残念だ!!急坂の下り道、二度転倒してしまったが、運よく無傷。注意!注意!

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。