宇津志山 周回してみました-2020-01-12

2020.01.12(日) 日帰り
カエンダケ
カエンダケ

岐阜県本巣市根尾の宇津志山行ってきました。 魚金山の南に位置する山で、本巣の山という観光パンフレットに載っていて気になっていました。しかし、市販の登山ガイドなどには見当たらず、ヤマップで検索したところ伸び太さん他数件のレポを見つけたので、参考とさせて頂きました。 クリスチャン山荘前の林道歩き、途中から鉄塔巡視路、 後は踏み跡は薄いものの分かりやすい尾根を進むと三等三角点宇津志に到着。 山頂でブログをチェックすると、日当駅方面から舟山を通り宇津志に至るルートのレポを見つけ、行って見ることにした。舟山へは赤いビニールひもに導かれ難なく到着。しかし、ここから日当駅方面へのルート不明瞭。下る尾根を探し、尾根を外さないよう進む。ブログ通りテレビアンテナ、炭焼き跡が出てきて無事下山しました。バリエーションルートですので、自己責任で。

クリスチャン山荘

クリスチャン山荘

クリスチャン山荘

向かいの林道

向かいの林道

向かいの林道

林道横、No.129鉄塔から巡視路に入りNo.128鉄塔へ

林道横、No.129鉄塔から巡視路に入りNo.128鉄塔へ

林道横、No.129鉄塔から巡視路に入りNo.128鉄塔へ

No.128鉄塔

No.128鉄塔

No.128鉄塔

伸び太さんの巻いたテープと、後で気が付いた三角点名『村下平』の書かれた切り株(黄色矢印上)

伸び太さんの巻いたテープと、後で気が付いた三角点名『村下平』の書かれた切り株(黄色矢印上)

伸び太さんの巻いたテープと、後で気が付いた三角点名『村下平』の書かれた切り株(黄色矢印上)

四等三角点『村下平』

四等三角点『村下平』

四等三角点『村下平』

魚金山(いおがねやま)が見える

魚金山(いおがねやま)が見える

魚金山(いおがねやま)が見える

プラ階段もそこそこ急

プラ階段もそこそこ急

プラ階段もそこそこ急

No.127鉄塔

No.127鉄塔

No.127鉄塔

宇津志(680・7m)根尾の淡墨桜

宇津志(680・7m)根尾の淡墨桜

宇津志(680・7m)根尾の淡墨桜

タッチ

タッチ

タッチ

三等三角点『宇津志』

三等三角点『宇津志』

三等三角点『宇津志』

裏面にはホタル。ゴンニャクと同じメルヘンチック

裏面にはホタル。ゴンニャクと同じメルヘンチック

裏面にはホタル。ゴンニャクと同じメルヘンチック

山頂でブログを見て舟山方面にむかう。矢印の間隔でビニールの目印が舟山まで有り迷う事は無い。

山頂でブログを見て舟山方面にむかう。矢印の間隔でビニールの目印が舟山まで有り迷う事は無い。

山頂でブログを見て舟山方面にむかう。矢印の間隔でビニールの目印が舟山まで有り迷う事は無い。

林道と併走区間

林道と併走区間

林道と併走区間

林道と別れ

林道と別れ

林道と別れ

舟山(564・6m)

舟山(564・6m)

舟山(564・6m)

四等三角点

四等三角点

四等三角点

最初向かう尾根を読み間違ったが、日当駅方面に伸びる痩せ尾根を境界杭に沿って進む。行かれる方は自己責任で。

最初向かう尾根を読み間違ったが、日当駅方面に伸びる痩せ尾根を境界杭に沿って進む。行かれる方は自己責任で。

最初向かう尾根を読み間違ったが、日当駅方面に伸びる痩せ尾根を境界杭に沿って進む。行かれる方は自己責任で。

テレビ共同アンテナ

テレビ共同アンテナ

テレビ共同アンテナ

炭焼き跡

炭焼き跡

炭焼き跡

ここを降りました。ブログとは逆回りでしたが、舟山へここから登るより下る方が難しいと思う。

ここを降りました。ブログとは逆回りでしたが、舟山へここから登るより下る方が難しいと思う。

ここを降りました。ブログとは逆回りでしたが、舟山へここから登るより下る方が難しいと思う。

山荘方面に歩く。お疲れ様でした。

山荘方面に歩く。お疲れ様でした。

山荘方面に歩く。お疲れ様でした。

本巣の山の『まだまだある名山』の一つデス。✖️は登頂済

本巣の山の『まだまだある名山』の一つデス。✖️は登頂済

本巣の山の『まだまだある名山』の一つデス。✖️は登頂済

クリスチャン山荘

向かいの林道

林道横、No.129鉄塔から巡視路に入りNo.128鉄塔へ

No.128鉄塔

伸び太さんの巻いたテープと、後で気が付いた三角点名『村下平』の書かれた切り株(黄色矢印上)

四等三角点『村下平』

魚金山(いおがねやま)が見える

プラ階段もそこそこ急

No.127鉄塔

宇津志(680・7m)根尾の淡墨桜

タッチ

三等三角点『宇津志』

裏面にはホタル。ゴンニャクと同じメルヘンチック

山頂でブログを見て舟山方面にむかう。矢印の間隔でビニールの目印が舟山まで有り迷う事は無い。

林道と併走区間

林道と別れ

舟山(564・6m)

四等三角点

最初向かう尾根を読み間違ったが、日当駅方面に伸びる痩せ尾根を境界杭に沿って進む。行かれる方は自己責任で。

テレビ共同アンテナ

炭焼き跡

ここを降りました。ブログとは逆回りでしたが、舟山へここから登るより下る方が難しいと思う。

山荘方面に歩く。お疲れ様でした。

本巣の山の『まだまだある名山』の一つデス。✖️は登頂済

類似するルートを通った活動日記