YAMAPバイク部関西支部、鈴鹿七峰最終第一次竜ヶ岳アタック隊記録

2020.01.11(土) 日帰り
MAZ
MAZ

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

これは、YAMAPバイク部関西支部、鈴鹿七峰最終第一次竜ヶ岳アタック隊の登頂記である。 宇賀渓の駐車場で、高度順応(約10分)、そしてルートと装備の最終確認、周辺の調査を行い緊張のスタートを切るにいたった。遥か彼方に竜ヶ岳の山容がみえる。 やはり遠い、、、果たして今日中に到達できるのか、、あいこ隊員には、どうしても山頂を踏ませてやりたかった。俺には弱音を吐くことはできなかった。 皆さん、1時間で行こうではありませんか! 、、シーン、、ほぼ無視、、 しかし、久しぶりの山行ということで、幾分足が重そうだったあいこ隊員は、遠足尾根の分岐に差し掛かる頃、早くも、息苦しいと高度障害の症状を訴えはじめていた。 頑張ってくれ、、私には祈ることしかできなかった。撤退もあり得る、、そう感じた瞬間だった。 しかし、2ピークほど超えてくると、順調に高度順応も進み、かなり足も軽くなってきた。勇隊員もシェイクダウンしたノマドパーカーの必要性について熱く語り出す余裕が出てきた。 稜線に出ると、湿った雪に足を取られつつ、薄い酸素に喘いでいた我々の隊だが、美しい竜ヶ岳の山容と伊勢湾、そして御嶽、乗鞍、白山の絶景に励まされながら、なんとか山頂に辿り着くことができた。 あいこ隊員にとっては、鈴鹿七峰の最後の山頂。歴史に新たな1ページを刻んだ瞬間だった。 登頂の余韻に浸る暇もなく、これ以上、山頂にいるとリスクが高まると判断した我々の隊は、山頂直下で簡単なエネルギー補給を行い、下山を開始した。 麓の町のスナックで登山バッジを売っているという情報を得たため、スナックのドアをノックしてみるが、生憎、店主は留守のようだ。 (しかし、キャンプ場にカラオケスナックがあるということは、キャンプしながらカラオケも楽しめるということか、、うむ) というわけで、鈴鹿七峰最終第一次竜ヶ岳アタック隊は今回の登山について、念のため二日間の想定をしていたが、6時間ほどで下山することができた。 みんなの健脚に感謝だ。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす