お手軽に絶景! 飯盛山・平沢山

2020.01.03(金) 日帰り
tike
tike

年明け早々、冬山フル装備を準備して出かけたものの、行き先は八ヶ岳の南東に位置する飯盛山(めしもりやま、1643m)に決定。短時間で登れるにもかかわらず、想像を大幅に上回る富士山、南アルプス、秩父の山々の山並み。まだまだ知らない良い山が沢山あることを改めて認識です。帰路で平沢山に立ち寄りました。

9:40平沢峠駐車場を出発します。既に、車は数台止まっています。

9:40平沢峠駐車場を出発します。既に、車は数台止まっています。

9:40平沢峠駐車場を出発します。既に、車は数台止まっています。

駐車場を出て、道の向かい側が登山口。

駐車場を出て、道の向かい側が登山口。

駐車場を出て、道の向かい側が登山口。

このコースの目玉の一つであろう八ヶ岳の展望は残念な感じです。結局下山までこのように雲がかかったままでした。

このコースの目玉の一つであろう八ヶ岳の展望は残念な感じです。結局下山までこのように雲がかかったままでした。

このコースの目玉の一つであろう八ヶ岳の展望は残念な感じです。結局下山までこのように雲がかかったままでした。

出だしの登りは日陰で雪が付いていますが、凍結しているので下りは気を遣いました。

出だしの登りは日陰で雪が付いていますが、凍結しているので下りは気を遣いました。

出だしの登りは日陰で雪が付いていますが、凍結しているので下りは気を遣いました。

平沢山との分岐。飯盛山も見えてきます。ここからは日当りの良い登山道なので登山道は泥濘の連続。冬靴がドロドロ。。。

平沢山との分岐。飯盛山も見えてきます。ここからは日当りの良い登山道なので登山道は泥濘の連続。冬靴がドロドロ。。。

平沢山との分岐。飯盛山も見えてきます。ここからは日当りの良い登山道なので登山道は泥濘の連続。冬靴がドロドロ。。。

とは言え、

とは言え、

とは言え、

こんな景色が見られると、ドロドロもなんてことありません。

こんな景色が見られると、ドロドロもなんてことありません。

こんな景色が見られると、ドロドロもなんてことありません。

この辺りは放牧をいしてるようで、あちこちに柵がありました。

この辺りは放牧をいしてるようで、あちこちに柵がありました。

この辺りは放牧をいしてるようで、あちこちに柵がありました。

飯盛山の近景。公園などにある人工物の”何とか富士”を彷彿とさせますが、こちらは自然の造形なのでしょう。

飯盛山の近景。公園などにある人工物の”何とか富士”を彷彿とさせますが、こちらは自然の造形なのでしょう。

飯盛山の近景。公園などにある人工物の”何とか富士”を彷彿とさせますが、こちらは自然の造形なのでしょう。

飯盛山山頂。背後に富士山。写真には写っていませんが右手には南アルプス、左手には秩父の山々、背後には八ヶ岳と贅沢な景色が待っています。普段は行動食のみですが、今回は袋ラーメンを作って食べたりとゆっくり一時間近く山頂を楽しんでから下山しました。久しぶりの山頂での暖かいラーメン美味しかった。(13:22駐車場着)

飯盛山山頂。背後に富士山。写真には写っていませんが右手には南アルプス、左手には秩父の山々、背後には八ヶ岳と贅沢な景色が待っています。普段は行動食のみですが、今回は袋ラーメンを作って食べたりとゆっくり一時間近く山頂を楽しんでから下山しました。久しぶりの山頂での暖かいラーメン美味しかった。(13:22駐車場着)

飯盛山山頂。背後に富士山。写真には写っていませんが右手には南アルプス、左手には秩父の山々、背後には八ヶ岳と贅沢な景色が待っています。普段は行動食のみですが、今回は袋ラーメンを作って食べたりとゆっくり一時間近く山頂を楽しんでから下山しました。久しぶりの山頂での暖かいラーメン美味しかった。(13:22駐車場着)

麓には野辺山の天文台があるので、機会があれば見学に行きたいな、などと話しながら家路に着きました。(ピントは天文台ではなく手前の木(笑))

麓には野辺山の天文台があるので、機会があれば見学に行きたいな、などと話しながら家路に着きました。(ピントは天文台ではなく手前の木(笑))

麓には野辺山の天文台があるので、機会があれば見学に行きたいな、などと話しながら家路に着きました。(ピントは天文台ではなく手前の木(笑))

9:40平沢峠駐車場を出発します。既に、車は数台止まっています。

駐車場を出て、道の向かい側が登山口。

このコースの目玉の一つであろう八ヶ岳の展望は残念な感じです。結局下山までこのように雲がかかったままでした。

出だしの登りは日陰で雪が付いていますが、凍結しているので下りは気を遣いました。

平沢山との分岐。飯盛山も見えてきます。ここからは日当りの良い登山道なので登山道は泥濘の連続。冬靴がドロドロ。。。

とは言え、

こんな景色が見られると、ドロドロもなんてことありません。

この辺りは放牧をいしてるようで、あちこちに柵がありました。

飯盛山の近景。公園などにある人工物の”何とか富士”を彷彿とさせますが、こちらは自然の造形なのでしょう。

飯盛山山頂。背後に富士山。写真には写っていませんが右手には南アルプス、左手には秩父の山々、背後には八ヶ岳と贅沢な景色が待っています。普段は行動食のみですが、今回は袋ラーメンを作って食べたりとゆっくり一時間近く山頂を楽しんでから下山しました。久しぶりの山頂での暖かいラーメン美味しかった。(13:22駐車場着)

麓には野辺山の天文台があるので、機会があれば見学に行きたいな、などと話しながら家路に着きました。(ピントは天文台ではなく手前の木(笑))