念願の八経ヶ岳〜天女の舞👼-2020-01-05

2020.01.05(日) 日帰り
ミサト
ミサト

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

明けまして おめでとうございます🎍 本年も宜しくお願いします🤲 2020年登り始めは、百名山からスタート🏔 3年前に「双門ルート」に初めて来た時から、八経ヶ岳には「行きたい」と思ってました。突然、行けるチャンス&寒気到来🌬 強風と☁️予報😓 晴天は諦めて〜 ヤマッパーさんから、アドバイス頂いたルートを参考に計画し、ピークと久々の読図がメイン🗺 破線&バリルートで行きました。 🏔:日裏山、明星ヶ岳、八経ヶ岳、弥山 🅿️:熊渡(21時の到着で1台のみでした) ルート: 熊渡〜カナビキ尾根(破線ルート)〜天女の舞〜日裏山〜明星ヶ岳〜八経ヶ岳〜弥山〜狼平〜地峰国有林尾根(バリルート)〜熊渡 ☃️:脹脛🦵くらいの積雪量 気温:-5度 風速:17m 装備:厳冬期用の服装&ダウンJK(必需品)チェーンアイゼン 久々に関西圏の🏔に来ました。 吉野熊野国立公園🏞 自然林が多く、関西最高峰の八経ヶ岳 3年前の双門の企画に参加した以来です💦 懐かしい❣️想い出深い場所の一つです😊 AM5:30出発 登りは、双門の時に下山で通った「カナビキ尾根」です💦 雪は全く無く、夜中に降った形跡の薄っすら積雪⁉️が確認できました。 林道から、双門分岐点までコースタイム通り。ここからは、🏔登山道で破線ルートです💦 テープや踏み跡はあります。 ただ時折不明瞭な箇所があるので、しっかり見極めが必要です❗️ 稜線上近くまで登ると、やっと☃️少ない積雪がありました。やはり暖冬ですね。 AM7:20 稜線上に出てから、バリルートの確認も含めて先に「天女の舞」へ行きます。 ☁️でホワイトアウトに近いですが、樹氷をたくさん観る事が出来ました。 「天女」と名付けられるだけあって、自然林が美しく、樹氷が✨輝いていました。 ここでバリルートの、尾根やポイントを確認します。 ルート確認でホッとしたのか? 先程の分岐に戻るのにp1518から枝尾根ルートへ引っ張られてしまい、少し外してしまいました💦 まっすぐ登ったつもりだったのか、少し左尾根筋だったので、修正して歩きます。次はミスしない様に、行かなきゃ😅 気を取り直して、日裏山を目指します。 標高が上がると、積雪量も少しずつ増えて来ました。があっても膝下まで🤭 サクサク歩きます。 モノトーンの世界🎄 「ウラジロモミ」が群生していて、雪に覆われています。 ドイツ🇩🇪にいるみたい🎄 ロマンチックな場所ですが、雪で少しずつ足が重く感じます。 明星ヶ岳を通り〜 AM11:40〜 念願の八経ヶ岳に登頂🏔 写真で良く見る場所です💦 ☁️で展望なしですが、達成感がありました。 強風で悴む手で🤳撮って、滞在時間少ないですが、弥山小屋へと向かいます。 途中「オオヤマレンゲ柵」がありました。春は、大賑わいなのかな⁉️ AM11:00 弥山小屋に到着も、朝早くの朝食だったので、小屋でしっかり昼食を取りました。(この小屋は、令和天皇陛下もお越しになった有名な場所らしいです💦) 昼食後は、弥山⛩へ もはや何の木なのか⁉️ モンスター👾になりかけ⁉️の木にビックリ‼️ 次の目的地へと向かいます。 PM12:00 しっかり整備された登山道を歩き、狼平まで降りました。 ここも懐かしい場所です💦 積雪量が少なくなり、少し登り返して〜分岐点にもどりました。 行きで使った稜線を歩いてもどり、天女の舞へと向かいます。 先程間違った場所も検証して、バリルートへの尾根へと向かいます。 PM13:00 少し雲が去っていき、下界が顔を覗かせました。 地図とアプリで確認しながら、「天女の舞」方面を振りかえると、素晴らしい樹氷が一面に広がっていて、👼が舞い降りたかの様に、その場所だけ真っ白の空間となっていて、吸い込まれる様に暫し魅入ってました❄️ 現実に戻り〜ルート確認しながら、下山します。 なかなかの急勾配の下りです💦 滑らない様に、気持ちを引き締めます。 林業のルートでしょうか? テープや木が伐採してルートらしき道を辿ります。 小ピークやコル〜なだらかな尾根等、特徴を掴み確認しながら、歩きます。 分かりにくい場所は、少し周辺を確認しながら、ルートを見つけて林道まで降りて来ました。 九十九折の林道で、チェーンアイゼンを外し、今日のルートを頭に思い返して、反省時間としました。 「天女の舞」 想像するだけで、凄く素敵な場所なんだろうな。と思ってました。 YAMAPのレポや写真でも、素敵さが良く伝わります。 ただ今回は、 「名言は知るだけでなく、体感してこそ」 と言う言葉の通り、 「体験してこそ!素晴らしさが理解出来る」空間と時間を、堪能しました❄️ ※今回のルートは、破線&バリルートです💦 安易に入山すると、ルート間違い、滑落、遭難、ビバークの恐れがあります。 しっかり読図&地形図を読み、理解出来る方のみの入山で、お願いします。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす