唐櫃越・沓掛山(京都府)から老ノ坂 倒木ひどい -2020-01-04 リハビリ中

2020.01.04(土) 日帰り Kyoto, Osaka
あかり
あかり

活動データ

タイム

06:19

距離

10.7km

上り

771m

下り

606m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

一寸さかのぼって投稿します。 ***** 忙しい山友がこの日しか開いてないという。山の会のリーダーとして、下見に行くというので、同行することになった。 唐櫃越で亀岡の馬堀駅まで歩いたのは2度。桂川の野鳥園からこの辺りを歩いたのも面白かった。 しかし、交通事故の骨折以来、そして、あの台風以後初めてで、山の安全を確かめに。 今日は、通常上桂駅から歩くが、今日は、嵐山駅から松尾山を経由、谷を渡って唐櫃越の道に合流する。 そして、老いの坂へ下りるのも初のコース。 松尾山は京都トレイルの最終で登ったことがあったが、前と道が違ったようで、良く覚えていなかった事がわかった。 苔寺近くの谷を渡るのもいい。 沓掛山へ登るところは台風で一部道がふさがっていたし、その後の亀岡市との境辺りから、どんどん道が荒れて、 登山道がふさがれ、京都府警の「Keep Out」 「通行禁止」の黄色のテープが頻発、大きな倒木を何本も何本も跨いだり、くぐったり、遠回りして行くのが続いた。この山行きの前、どなたか亀岡側から登ってきて、この倒木群と黄色の警告テープを見て、あきらめて引き返したとのレポを見た。だから、覚悟はしていた。 友は、熱心に手帳に時間や様子をメモっていたので、止まっている時間が長かった。 後で見ると、写真が少ない。倒木が大変だったからかな。 後日談、大勢の参加だった当日本番も、おかげで無事に通過できたとのことだ。 2018年の台風21号の爪痕はまだまだ残っている。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。