谷倉山-2020-01-03(2)

2020.01.03(金) 日帰り
にんにくよろい
にんにくよろい

活動データ

タイム

02:48

距離

7.5km

上り

548m

下り

548m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

箱根駅伝の優勝校がほぼ青山学院に決まりそうな頃、ちょっと登山に出掛けてみました。 箱根駅伝の5区は走行距離20.8km、高低差854mもあり、それを1時間ちょっとで走るのはまさに超人的です。 今年は厚底シューズと恵まれた天候のおかげで、次々に新記録が生まれていますが、私は日本古来の地下足袋でまったり登山… のつもりでしたが、途中で道が切れてしまい、まさかのバリルートで進むことになってしまいました。 谷倉山は初めて登る山というのも手伝って道は分かりにくく、登山道を誤ってしまったようです。 来た道を戻っても良かったのですが、箱根駅伝の見過ぎで夕暮れが迫っており、地図を見るとこのまま進んでも何とか登山道へは合流出来そう。 ただ、目の前の急斜面を登ることが前提でした。 足をずるずる滑らせながらも、斜面にへばりつき、四苦八苦しながら登山道へ合流。 正月早々の登山としてはかなりのハードワークでした。 苦労の甲斐あって登頂した山頂は伐採がかなり進んでおり、展望は良いもののの、何か無惨で殺風景((T_T)) 近くに見える山肌も地肌が剥き出しでした。 もしかすると、この周辺でも東京オリンピックの資材調達の影響を受けているのかもしれません。 スポーツは大いに結構なのですが、何か釈然としません。 「環境を優先する」と宣言している東京オリンピックですが、施設やその周辺の環境ばかりがクローズアップされ、その裏で犠牲になっているものには目を瞑っているように思えます。 やはり、どこの世界でも耳障りの良いものには裏があります。 箱根駅伝を見たからではないですが、スポーツと環境の関係について考えるとは、この山に登るまで思ってもみませんでした。 正月早々難しい話になってしまいましたねm(_ _)m

Yagurasan 星野河川公園の駐車場よりスタート
星野河川公園の駐車場よりスタート
Yagurasan 公園から見る谷倉山
公園から見る谷倉山
Yagurasan 星野遺跡記念館の方に寄り道
星野遺跡記念館の方に寄り道
Yagurasan 縄文時代の住居郡
縄文時代の住居郡
Yagurasan こちらは縄文中期(4500~5500年前)の貯蔵庫
こちらは縄文中期(4500~5500年前)の貯蔵庫
Yagurasan 縄文前期(5500~7000年前)の竪穴式住居
縄文前期(5500~7000年前)の竪穴式住居
Yagurasan 縄文中期(4500~5500年前)の竪穴式住居
縄文中期(4500~5500年前)の竪穴式住居
Yagurasan 林道に入ります。
林道に入ります。
Yagurasan 「右山口沢  左地層たんけん館」と書いてあります。
右に行ってみます。
「右山口沢 左地層たんけん館」と書いてあります。 右に行ってみます。
Yagurasan のんびりした風景です。
のんびりした風景です。
Yagurasan 明るい林道の中を歩いていきます。
明るい林道の中を歩いていきます。
Yagurasan 道は少々荒れています。
道は少々荒れています。
Yagurasan 脇には沢が流れています。
脇には沢が流れています。
Yagurasan 段々と荒れてきました。
段々と荒れてきました。
Yagurasan な何と!道が切れて、沢が滝になっています。
しかも登山ルートから外れてしまったことが判明。
な何と!道が切れて、沢が滝になっています。 しかも登山ルートから外れてしまったことが判明。
Yagurasan このまま引き返すのも面倒なので、右手の斜面を登ってみます。
斜面はかなりキツそう😖💧
このまま引き返すのも面倒なので、右手の斜面を登ってみます。 斜面はかなりキツそう😖💧
Yagurasan 何とか急斜面を登り、明るい林に出ました。
何とか急斜面を登り、明るい林に出ました。
Yagurasan とりあえず尾根道まで登ることにします。
とりあえず尾根道まで登ることにします。
Yagurasan 尾根道と合流、一安心。
尾根道と合流、一安心。
Yagurasan 左手に谷倉山(左)が見えます。
谷倉山までは、ピークを一つ越えるようです。
左手に谷倉山(左)が見えます。 谷倉山までは、ピークを一つ越えるようです。
Yagurasan 谷倉山の尾根。
あの尾根道を行く筈が…
谷倉山の尾根。 あの尾根道を行く筈が…
Yagurasan この辺は道がごちゃごちゃしています。
この辺は道がごちゃごちゃしています。
Yagurasan リボンに初めて遭遇
リボンに初めて遭遇
Yagurasan 明るい尾根道に出ました。
これを登ると小ピーク。
明るい尾根道に出ました。 これを登ると小ピーク。
Yagurasan 右手には痛々しい山肌
右手には痛々しい山肌
Yagurasan 小ピークを越え、尾根道を下ります。
清々しい尾根道です。
小ピークを越え、尾根道を下ります。 清々しい尾根道です。
Yagurasan 尾根道が登りに。
尾根道が登りに。
Yagurasan 結構急な登りでした。
結構急な登りでした。
Yagurasan 右上が頂上か?
右上が頂上か?
Yagurasan 頑張って登っていきます。
頑張って登っていきます。
Yagurasan 頂上!?
ではなかったようです。
頂上!? ではなかったようです。
Yagurasan 鉄塔が見えてきました。
あれが頂上のようです。
鉄塔が見えてきました。 あれが頂上のようです。
Yagurasan 筑波山
筑波山
Yagurasan 先ほどの痛々しい山肌。
奥の山は大倉山?
先ほどの痛々しい山肌。 奥の山は大倉山?
Yagurasan 鶏頂山
鶏頂山
Yagurasan 谷倉山に登頂!
谷倉山に登頂!
Yagurasan 日光連山は雲の中。
伐採のおかげで展望は良いのですが、無惨な光景にも見えます。
日光連山は雲の中。 伐採のおかげで展望は良いのですが、無惨な光景にも見えます。
Yagurasan 痛々しい山肌の向こうは宇都宮
痛々しい山肌の向こうは宇都宮
Yagurasan もうすぐ日が暮れますので、早速下山します。
もうすぐ日が暮れますので、早速下山します。
Yagurasan 往きと同じ尾根道を引き返します。
往きと同じ尾根道を引き返します。
Yagurasan 太陽が山に隠れるまでには戻れそうもないです。
太陽が山に隠れるまでには戻れそうもないです。
Yagurasan 谷倉山を振り返り
谷倉山を振り返り
Yagurasan またまた振り返り
またまた振り返り
Yagurasan 谷倉山(左)と小ピーク(右)
谷倉山(左)と小ピーク(右)
Yagurasan 間もなく日が沈みます。
間もなく日が沈みます。
Yagurasan この辺りは分かりにくいが、良く見るとテープがあります。
この辺りは分かりにくいが、良く見るとテープがあります。
Yagurasan 一度見失いかけた登山道を見つけました。
一度見失いかけた登山道を見つけました。
Yagurasan 小ピーク
小ピーク
Yagurasan 右手には谷倉山
右手には谷倉山
Yagurasan 鉄塔も見えます。
鉄塔も見えます。
Yagurasan ブル道に出ましたので、もう大丈夫です。
奥の案内板には「梵天山見晴台」とあります。
ブル道に出ましたので、もう大丈夫です。 奥の案内板には「梵天山見晴台」とあります。
Yagurasan 日が沈みました。
日が沈みました。
Yagurasan ブル道と登山道との別れ道でしょうか?
左手の登山道らしき道を行きます。
ブル道と登山道との別れ道でしょうか? 左手の登山道らしき道を行きます。
Yagurasan 案内板発見。
案内板発見。
Yagurasan 少し進むとこちらにも案内板。
キャンプ場方面へ進みます。
少し進むとこちらにも案内板。 キャンプ場方面へ進みます。
Yagurasan ここも分岐っぽいですが、右手の斜面の方を下ります。
ここも分岐っぽいですが、右手の斜面の方を下ります。
Yagurasan 更に下ります。
更に下ります。
Yagurasan キャンプ場に到着したようです。
キャンプ場に到着したようです。
Yagurasan キャンプ場のこの感じ、大好きです。
大好きだったキャンプも久しくやっていません。
キャンプ場のこの感じ、大好きです。 大好きだったキャンプも久しくやっていません。
Yagurasan 「星野自然村 キャンプ場」というそうです。
「星野自然村 キャンプ場」というそうです。
Yagurasan 民家の中を通ります。
民家の中を通ります。
Yagurasan ありがとうございますm(._.)m
ありがとうございますm(._.)m
Yagurasan キャンプ場はリニューアル中でした。
キャンプ場はリニューアル中でした。
Yagurasan 月が出てきました。
月が出てきました。
Yagurasan ラバーコーンが残念ですが、雰囲気の良い田舎道。
ラバーコーンが残念ですが、雰囲気の良い田舎道。
Yagurasan この分岐を左手に折れます。
この分岐を左手に折れます。
Yagurasan 石垣が立派です。
石垣が立派です。
Yagurasan 星野河川公園にとうちゃこ~。
すみやんさんの二番煎じですが、たまに言いたくなる。
星野河川公園にとうちゃこ~。 すみやんさんの二番煎じですが、たまに言いたくなる。
Yagurasan 谷倉山が見えます。
何とか明るいうちに戻って来れました。
谷倉山が見えます。 何とか明るいうちに戻って来れました。
Yagurasan 駐車場に到着。
お疲れ様でした。
駐車場に到着。 お疲れ様でした。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす