[瑜伽山他4座]自宅発着で備前児島を周回3社詣_2020-01-03

2020.01.03(金) 日帰り
CINQ_kameyama
CINQ_kameyama

前夜の同窓会で同席した山友の〈吉備路の鉄板3社詣40kmコース〉の話に刺激され、自宅発着で周回できるコースの3社詣で。 備前児島の〈新熊野三山〉の2社と自分の氏神様の計3社です。3社とも山のふもとに鎮座しているので次の神社までは山伝い。林道は下りのみジョギング。ランチも山友の話に習って屋台のたいやき。 3社目の氏神様のあと、山上の奥の院詣でで締めました。よく晴れて風もなく気持ち良かったけど疲れた~。 がんばった分、互いがお参りした神社から御利益のおすそ分けがあるといいな〜。

自宅から2.5lmをジョギングで日本第一熊野神社へ。奈良時代、まだ離島だった児島の北岸に紀州熊野権現が勧請(分霊)されたとの由緒を持つ歴史ある神社。背後に聳えるは蟻峰山。

自宅から2.5lmをジョギングで日本第一熊野神社へ。奈良時代、まだ離島だった児島の北岸に紀州熊野権現が勧請(分霊)されたとの由緒を持つ歴史ある神社。背後に聳えるは蟻峰山。

自宅から2.5lmをジョギングで日本第一熊野神社へ。奈良時代、まだ離島だった児島の北岸に紀州熊野権現が勧請(分霊)されたとの由緒を持つ歴史ある神社。背後に聳えるは蟻峰山。

夏は陽が届かず(かといってさほど涼しくもなく)、陰気なイメージの蟻峰山登山道も、冬は木々の葉が落ちて明るく暖かい。

夏は陽が届かず(かといってさほど涼しくもなく)、陰気なイメージの蟻峰山登山道も、冬は木々の葉が落ちて明るく暖かい。

夏は陽が届かず(かといってさほど涼しくもなく)、陰気なイメージの蟻峰山登山道も、冬は木々の葉が落ちて明るく暖かい。

30分程度で蟻峰山頂へ。縦走コースに入ります。

30分程度で蟻峰山頂へ。縦走コースに入ります。

30分程度で蟻峰山頂へ。縦走コースに入ります。

熊山への重要な、しかし見過ごしやすい分岐に掛けたての案内板。ありがたい。

熊山への重要な、しかし見過ごしやすい分岐に掛けたての案内板。ありがたい。

熊山への重要な、しかし見過ごしやすい分岐に掛けたての案内板。ありがたい。

案内板のおかげで快調に30分程度で熊山山頂に到着。

案内板のおかげで快調に30分程度で熊山山頂に到着。

案内板のおかげで快調に30分程度で熊山山頂に到着。

熊山から25分程度でタコラ山山頂到着。
以前は分かりにくかったのですが、適切なテープナビに加えて自分も経験値が上がっているので問題なく着けました。

熊山から25分程度でタコラ山山頂到着。 以前は分かりにくかったのですが、適切なテープナビに加えて自分も経験値が上がっているので問題なく着けました。

熊山から25分程度でタコラ山山頂到着。 以前は分かりにくかったのですが、適切なテープナビに加えて自分も経験値が上がっているので問題なく着けました。

ただ、タコラ山からの下山だけは相変わらず分かりにくいです。ショートカットはないので、尾根を下れるところまで下るのがポイントみたい(備忘録)。

ただ、タコラ山からの下山だけは相変わらず分かりにくいです。ショートカットはないので、尾根を下れるところまで下るのがポイントみたい(備忘録)。

ただ、タコラ山からの下山だけは相変わらず分かりにくいです。ショートカットはないので、尾根を下れるところまで下るのがポイントみたい(備忘録)。

日本第一熊野神社と由加山蓮台寺は奈良時代に開かれた新熊野三山の中で本宮、那智宮と称されていました。両神社を結ぶ道はいわば〈熊野古道〉。今は中国自然歩道。

日本第一熊野神社と由加山蓮台寺は奈良時代に開かれた新熊野三山の中で本宮、那智宮と称されていました。両神社を結ぶ道はいわば〈熊野古道〉。今は中国自然歩道。

日本第一熊野神社と由加山蓮台寺は奈良時代に開かれた新熊野三山の中で本宮、那智宮と称されていました。両神社を結ぶ道はいわば〈熊野古道〉。今は中国自然歩道。

地蔵峠を通過。タコラ山からさらに山道へ入り、龍王山山頂を経由してここへ出てくることもできます(もっとがんばれる時、時間がある時のための備忘録)。

地蔵峠を通過。タコラ山からさらに山道へ入り、龍王山山頂を経由してここへ出てくることもできます(もっとがんばれる時、時間がある時のための備忘録)。

地蔵峠を通過。タコラ山からさらに山道へ入り、龍王山山頂を経由してここへ出てくることもできます(もっとがんばれる時、時間がある時のための備忘録)。

YAMAPでの山頂は蓮台寺付近ですが、三角点はここから鉄塔巡視路を進んだ先にあります。

YAMAPでの山頂は蓮台寺付近ですが、三角点はここから鉄塔巡視路を進んだ先にあります。

YAMAPでの山頂は蓮台寺付近ですが、三角点はここから鉄塔巡視路を進んだ先にあります。

瑜伽山275mの三等三角点。

瑜伽山275mの三等三角点。

瑜伽山275mの三等三角点。

山頂三角点からさらに進み、蓮台寺に到着しました。最初に宝塔を見学。

山頂三角点からさらに進み、蓮台寺に到着しました。最初に宝塔を見学。

山頂三角点からさらに進み、蓮台寺に到着しました。最初に宝塔を見学。

蓮台寺本殿。古いお守りを返納して子どもと自分に1個ずつ購入。

蓮台寺本殿。古いお守りを返納して子どもと自分に1個ずつ購入。

蓮台寺本殿。古いお守りを返納して子どもと自分に1個ずつ購入。

隣り合う権現社(蓮台寺)と由加神社が互いに参拝者を呼び込む。どちらも霊験あらたかなのでしょう。

隣り合う権現社(蓮台寺)と由加神社が互いに参拝者を呼び込む。どちらも霊験あらたかなのでしょう。

隣り合う権現社(蓮台寺)と由加神社が互いに参拝者を呼び込む。どちらも霊験あらたかなのでしょう。

蓮台寺参道の屋台で購入した出来たて、バリ付き、尾まであんこのたいやき。
力をもらい、元来た道をジョギング〜(下りなので😅)

蓮台寺参道の屋台で購入した出来たて、バリ付き、尾まであんこのたいやき。 力をもらい、元来た道をジョギング〜(下りなので😅)

蓮台寺参道の屋台で購入した出来たて、バリ付き、尾まであんこのたいやき。 力をもらい、元来た道をジョギング〜(下りなので😅)

蓮台寺をあとに、採石場のある伊津井峠を越えて西へ。

蓮台寺をあとに、採石場のある伊津井峠を越えて西へ。

蓮台寺をあとに、採石場のある伊津井峠を越えて西へ。

3社目、氏神さま 木華佐久耶比咩神社に到着。

3社目、氏神さま 木華佐久耶比咩神社に到着。

3社目、氏神さま 木華佐久耶比咩神社に到着。

拝殿は今年で築20年。風格がでてきました。

拝殿は今年で築20年。風格がでてきました。

拝殿は今年で築20年。風格がでてきました。

木華佐久耶比咩神社の奥の院がある福南山頂上が最後の経由地。狛犬の視線の先に瀬戸大橋が見えます。下山して1km北へ戻ればフィナーレ。

木華佐久耶比咩神社の奥の院がある福南山頂上が最後の経由地。狛犬の視線の先に瀬戸大橋が見えます。下山して1km北へ戻ればフィナーレ。

木華佐久耶比咩神社の奥の院がある福南山頂上が最後の経由地。狛犬の視線の先に瀬戸大橋が見えます。下山して1km北へ戻ればフィナーレ。

自宅から2.5lmをジョギングで日本第一熊野神社へ。奈良時代、まだ離島だった児島の北岸に紀州熊野権現が勧請(分霊)されたとの由緒を持つ歴史ある神社。背後に聳えるは蟻峰山。

夏は陽が届かず(かといってさほど涼しくもなく)、陰気なイメージの蟻峰山登山道も、冬は木々の葉が落ちて明るく暖かい。

30分程度で蟻峰山頂へ。縦走コースに入ります。

熊山への重要な、しかし見過ごしやすい分岐に掛けたての案内板。ありがたい。

案内板のおかげで快調に30分程度で熊山山頂に到着。

熊山から25分程度でタコラ山山頂到着。 以前は分かりにくかったのですが、適切なテープナビに加えて自分も経験値が上がっているので問題なく着けました。

ただ、タコラ山からの下山だけは相変わらず分かりにくいです。ショートカットはないので、尾根を下れるところまで下るのがポイントみたい(備忘録)。

日本第一熊野神社と由加山蓮台寺は奈良時代に開かれた新熊野三山の中で本宮、那智宮と称されていました。両神社を結ぶ道はいわば〈熊野古道〉。今は中国自然歩道。

地蔵峠を通過。タコラ山からさらに山道へ入り、龍王山山頂を経由してここへ出てくることもできます(もっとがんばれる時、時間がある時のための備忘録)。

YAMAPでの山頂は蓮台寺付近ですが、三角点はここから鉄塔巡視路を進んだ先にあります。

瑜伽山275mの三等三角点。

山頂三角点からさらに進み、蓮台寺に到着しました。最初に宝塔を見学。

蓮台寺本殿。古いお守りを返納して子どもと自分に1個ずつ購入。

隣り合う権現社(蓮台寺)と由加神社が互いに参拝者を呼び込む。どちらも霊験あらたかなのでしょう。

蓮台寺参道の屋台で購入した出来たて、バリ付き、尾まであんこのたいやき。 力をもらい、元来た道をジョギング〜(下りなので😅)

蓮台寺をあとに、採石場のある伊津井峠を越えて西へ。

3社目、氏神さま 木華佐久耶比咩神社に到着。

拝殿は今年で築20年。風格がでてきました。

木華佐久耶比咩神社の奥の院がある福南山頂上が最後の経由地。狛犬の視線の先に瀬戸大橋が見えます。下山して1km北へ戻ればフィナーレ。