巻機山 割引沢~ヌクビ沢~三嵓沢

2016.10.16(日) 2 DAYS Niigata, Gunma
banbaban
banbaban

活動詳細

もっと見る

2016.10.16(日)晴れ 某所にて前泊 沢班5名、ハイキング1名    割引沢、ヌクビ沢はかなり前に歩いたことがありましたが、記憶が曖昧。 沢装備ではなく普通の登山靴でそれほど苦労した覚えがありませんでした。  ヌクビ沢は手持ちの古いガイドブック「関越道の山88」では一般装備でも行けるルートとして紹介されていましたが、「沢登り未経験だと苦労する・・・」と書かれていました。  今回歩いてみて、登山道は泥濘でぐちゃぐちゃな箇所もありコンディションによって厳しくもなりうるので、やはり沢装備で入山(入渓)した方がいいと思いました。 最低でもヘルメットは必携でしょう。    今回は、割引沢、ヌクビ沢から三嵓沢へ。思いこみで、ヌクビ沢から登山道へ行くものと思いこんでいたので三嵓沢の遡行図は調べていませんでした。リーダーでもなく人任せだったたのは良くありませんねぇ。  ヌクビ沢までは、それほど難しくはありませんが、三嵓沢へ入ると結構滝が出てきて段々難しくなってきます。巻くことはほどんどしませんでしたが、ちょっと厳しいところもあり、また沢登り初経験の人もいましたので、ロープを出すことが多く時間がかりました。  最後枝沢に入り込み、急な草付きのトラバースで動けなくなってしまう人もいて難儀しました。フェルトの沢靴からアプローチシューズに履き替えると草付きも大夫楽に歩けました。  登山道までもう少しというところ、背丈を超えるシャクナゲの藪漕ぎに阻まれ、無駄に体力を消耗。登山道に出たのが16時過ぎでした。  下山の大半はヘッドランプの世話になりました。反省材料の多い山行でした。  先週の馬蹄形とほぼ同じくらいの行動時間。沢登りは一昨年以来だったこともあり、かなり疲れました。  

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。