焼石岳(中沼の紅葉、そして横岳周回)

2016.10.16

活動詳細

詳しく見る
 なかなか情報が出て来ない今時期の焼石岳。 山頂あたりの紅葉は、4週間前に登った時がベストの様だったが、残念ながら雨とガスでほとんど見えなかった。 ならば、中沼に映る紅葉を見てみたい。。。ずっと思ってました。 天気予報では数日前から晴れが決まっていたし、気圧配置から風も弱い。 これほどの天候はなかなか無いだろうと思う秋晴れの登山日和でした。 紅葉は、中沼から銀明水避難小屋あたりまでがピークを迎えていました。 これより高い標高のところは森林限界を超えるため低木主体の紅葉であるが、すでにその時期は過ぎ去り、色気無く冬の景色と言ったところ。でも、絶景には変わりませんが。  中沼の動画は撮って出し4K(編集なし)です。手振れ補正の無いカメラでの手持ち撮影の為、ブレが若干あることをお許しください。また、オリジナルに比べ彩度・コントラストの低下があるようです。 ―重要―  今回通ったコースの中で横岳方面のルートは登山道ではありません。国土地理院の地図にも記載はありません。 よって、自己責任(山行自体が自己責任であるが)であり、自然保護の観点からはおすすめしないルートです。 しかし、全方位すばらしい景色と眼下に広がるオレンジ一色の紅葉を見てしまった以上、また訪れたい・通りたいお気に入りのコースになってしまいました。 今は立ち入り禁止にはなっていませんが、今後、登山者などによる自然破壊が進むと立ち入り禁止になる可能性もあります。 もし横岳方面へ行かれる方は、踏み跡から出来るだけ外れず、高山植物などを踏み荒らさない様にお願いします。 また、ピンクテープは一切なく降り口も不明瞭です。 このことから、今回の軌跡は一部削除させていただきました。
さて、前回は雨だったけど今回は快晴です☀
中沼手前の急登。
この辺りは色好き始めって感じ。
目当ての中沼到着♪
快晴・無風。
鏡面が最高♪
横岳を見上げる。
写真を上下逆さまにしても違和感ないかも。
木道は霜で滑りやすくなってます。
良い感じです。
上沼到着。
色鮮やか♪
朝の色温度と相まって、一層オレンジ色に輝いてます。
中腹あたりまで見頃の様です。
上沼全景。
どこを切り取っても最高の色です。
どこまでも青い空♪
マジ来て良かった。
上ばかり見ていると転びますので気を付けましょう。
つぶ沼分岐。
登山道もオレンジ色です。
なんと言う景色でしょう(笑)。
すばらしい!
足元に目をやると・・・なんだっけ?(笑)。
銀明水到着。おいしい水場(湧水)があるので頂きます♪
この辺までが最高の紅葉でした。
春。ここの大雪渓を登ったのを思い出します。
振り返ると市街地の方は雲海。
焼石岳が見えました。この辺になると雪が無いだけで冬の景色です。
ミヤマキンバイだっけ?時期じゃないとすぐ忘れる(笑)。
草紅葉♪。中央の遠くに早池峰。
もう一度雲海♪
横岳♪
東焼石斜面の草紅葉。
おっと、これは、、、これはね、、、そう、、、あれだ! 焼石名物のお花です(笑)。
焼石・横岳分岐の稜線に出ると鳥海山がどーん!
焼石山頂から真西850mにある西焼石岳1511mと鳥海山。
横岳方面に登ってすぐ。左に焼石岳、遠くに岩手山。
焼石岳の稜線、右下に泉水沼、遠くに岩手山。
左に泉水沼、中央に姥石平、遠くに早池峰・薬師岳。
更に右に振ると、六角牛・五葉山まで見える。
アップした。右が五葉山。
こちらは早池峰。
岩手山。
焼石岳山頂をアップ。
鳥海山をアップ。
横岳方面の稜線。
眼下には、登ってきた紅葉ピークの樹林帯。左下に銀明水避難小屋。
銀明水避難小屋あたりをアップ。
中央の沼は上沼。その左上は中沼。反対側の窪みは石沼でしょう。
横岳の斜面を下りてくると銀明水避難小屋。
ありがとう。すばらしい山です。
帰り道の上沼。時間帯が違うと見え方も違います。
上沼全景。
登山道脇の小川にはイワナが産卵を控えて遡上中。
帰り道の中沼。
日中の色温度だとまだ緑が多いかも。
でも最高に美しい。
いつまでも眺めていたい。そんな気分。
足元にふと目をやるとイワナが悠々と泳いでいます。冬はさぞかし厳しい環境なんだろうなと思う。そっとしていてあげたいね。
もう下山しなくちゃ。
また来春♪
天竺山?
中沼登山口。満車になったかもね。

動画

コメント

読み込み中...

関連する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。