白い天女が舞い踊る(川合-八経ヶ岳-熊渡)

2019.12.29(日) 日帰り
pers
pers

結果的に、2019年としては3回目の登山をすることになりました。そのうち2回は八経ということに。 あまり雪の積もっていない霧氷を見に行きたくて、明神平を候補に挙げていたのですが、どうもたっぷり雪が降ってしまったようであり、さらに道が凍結している恐れも考えると、ちょっとこれから行くのは賢くないかも知れない。ではプランBとして天女の舞に行くことにしました。天川村役場に6時過ぎに到着。支度を調えて6時半頃に出発。川合からのルートは4月にも歩いており、当初は熊渡からのアプローチを考えたのですが、山と高原地図では破線扱いになっていること、こむやんさんから道がわかりにくいかも知れないと言われたことから、歩いたことのある川合ルートを選択しました。 最初はヘッデンを点けながら、植林帯の中の階段をこつこつ登ります。最初の鉄塔に差しかかったあたりで、東の空が明るくなってきたので、レイヤリング調節をして、テムレスのオーバーグローブも脱ぎました。結局、上はドライナミックメッシュの3/4袖、キャプリーンMW、R1ジャケット、ミズノのブレスサーモシャツ、下はデカトロンのケシュアハードシェルパンツ、グローブはモンベルのフリースアンダーグローブで最後までもちました。全体に暖かい日だったかと思います。 この辺からは尾根登りとトラバースがかわりばんこに出てくる感じで、道自体はとても歩きやすいのですが、とにかく長い。2時間かかってやっと栃尾辻。さて、4月に来た時は天女の舞がどこなのかちっともわからなかったので、今回はもう少し予習してやってきたら、弥山ルートから横に逸れてかなり登らないといけなかったのね。予習の重要性を感じました。登りかける前には、地面に多少雪がある程度で、霧氷は「敢えて言えば」くらいしかなかったので、これで無氷状態だったらどうしようと不安を感じながら登っていったら、それは杞憂でした。決して豪快な霧氷ではありませんが、実に美しくついていて、しかもこれまでにほとんど遭遇できなかった青空にも恵まれ、白と青の見事な競演にシャッターが止まりませんでした。本当は天女の舞の山頂?を通ってから、そのまま南に抜ける予定だったのを、わざわざ北に戻ってきたのが、その証とも言えるでしょう。 ここで帰っても良かったのですが、どうせならもうちょっと行こうかと思いました。狼平までにするか、弥山までにするか、八経まで行くか、悩んだのですが、狼平の手前ですれ違った女性から、「八経からは熊野まで見えましたよ」と言われたら、てっぺんまで行きたくなりますよね・・・ カナビキ尾根分岐からは次第に雪が積もりだし、チェーンスパイクを装着。あちこちで絶景を見つつ、狼平からは階段で何度も足を停め、ほうほうの体で弥山に到着。あ、お手洗いは使えないのですね。で、気力を振り絞って八経ヶ岳を目指します。でも、途中で何度も後悔しながら、ついに撤退しようかと思ってGPSを見たら、あと20m。さすがに行くしかないか。で、今年2回目の八経山頂到達。4月は人でごった返していましたが、今日は私ひとりでした。その後4人が到着した時点で、周回は諦めて弥山に向けて引き返しました。 その後、カナビキ尾根分岐からは熊渡目指して降りてみました。車が川合に置いてあるので、熊渡に降りてもあまりメリットないのですが、一度歩いておかないとどんな道なのかわからないのと、みたらい渓谷から天川村役場の間が歩けていないので、軌跡をつなぐという目的で。しかし、金引尾根はなかなかハードなコースですね。とにかく延々と降りないといけない。しかも下りがかなり急。確かに近いのかも知れないとは言え、ここを登れと言われたらあまりいい気はしないですね・・・ 道自体は、雪だったのでトレースがしっかりついていて、迷うことはなかったです。 頂上で後から来られたパーティが「何事もなければ3時間」とか話しておられたのを聞いており、ほんとに3時間なのかと思いながら降りたら、確かに3時間で降りられました。でも、その後役場まで40分。次は川合に車を置いたら川合に降りると思います。今回は、滅多に使わない「登山」タグをつけました。

天川村役場に駐車。

天川村役場に駐車。

天川村役場に駐車。

ひとつめの鉄塔から。東の空が明るくなってきました。

ひとつめの鉄塔から。東の空が明るくなってきました。

ひとつめの鉄塔から。東の空が明るくなってきました。

ふたつめ鉄柱から。

ふたつめ鉄柱から。

ふたつめ鉄柱から。

初めて太陽が見えました。

初めて太陽が見えました。

初めて太陽が見えました。

この辺から道が白くなってきました。

この辺から道が白くなってきました。

この辺から道が白くなってきました。

あれは野迫川村の雲海?

あれは野迫川村の雲海?

あれは野迫川村の雲海?

ここまで2時間。川合からの登りはなかなかはかがいきません。

ここまで2時間。川合からの登りはなかなかはかがいきません。

ここまで2時間。川合からの登りはなかなかはかがいきません。

こっちに登ると天女の舞に行けます。

こっちに登ると天女の舞に行けます。

こっちに登ると天女の舞に行けます。

稲村かっこいい。

稲村かっこいい。

稲村かっこいい。

このプレートを見たかったのでした。

このプレートを見たかったのでした。

このプレートを見たかったのでした。

さらに登ってみます。この辺は雪が深くてふかふか。

さらに登ってみます。この辺は雪が深くてふかふか。

さらに登ってみます。この辺は雪が深くてふかふか。

これまで、霧氷は見られても、ずっと曇っていたのです。

これまで、霧氷は見られても、ずっと曇っていたのです。

これまで、霧氷は見られても、ずっと曇っていたのです。

例によって逆光の写真。

例によって逆光の写真。

例によって逆光の写真。

天女の舞の山頂。

天女の舞の山頂。

天女の舞の山頂。

今シーズン初めてチェーンスパイク装着。ノーアイゼンで歩いている人の方が多かったようですが、凍っている箇所もあったので、私はこっちが正解だったと思ってます。

今シーズン初めてチェーンスパイク装着。ノーアイゼンで歩いている人の方が多かったようですが、凍っている箇所もあったので、私はこっちが正解だったと思ってます。

今シーズン初めてチェーンスパイク装着。ノーアイゼンで歩いている人の方が多かったようですが、凍っている箇所もあったので、私はこっちが正解だったと思ってます。

水の音が聞こえてくると狼平が近いです。

水の音が聞こえてくると狼平が近いです。

水の音が聞こえてくると狼平が近いです。

狼平。

狼平。

狼平。

狼平を過ぎると、階段の試練が待ち構えています。

狼平を過ぎると、階段の試練が待ち構えています。

狼平を過ぎると、階段の試練が待ち構えています。

階段を抜けると、霧氷のお出迎え。

階段を抜けると、霧氷のお出迎え。

階段を抜けると、霧氷のお出迎え。

八経ヶ岳見えました。

八経ヶ岳見えました。

八経ヶ岳見えました。

弥山小屋到着。お手洗いを期待していたのですが、閉鎖されていました。

弥山小屋到着。お手洗いを期待していたのですが、閉鎖されていました。

弥山小屋到着。お手洗いを期待していたのですが、閉鎖されていました。

ここまで来たら行くべき・・・か。

ここまで来たら行くべき・・・か。

ここまで来たら行くべき・・・か。

霧氷はきれいなのですが、足元はへろへろです。

霧氷はきれいなのですが、足元はへろへろです。

霧氷はきれいなのですが、足元はへろへろです。

ふらふらになりつつ、八経ヶ岳登頂。看板が外れてしまっているようです。

ふらふらになりつつ、八経ヶ岳登頂。看板が外れてしまっているようです。

ふらふらになりつつ、八経ヶ岳登頂。看板が外れてしまっているようです。

錫杖。

錫杖。

錫杖。

南東方向。

南東方向。

南東方向。

西側。

西側。

西側。

北側。

北側。

北側。

頂上で見たエビの尻尾。

頂上で見たエビの尻尾。

頂上で見たエビの尻尾。

弥山。

弥山。

弥山。

頂上周回はやめて、引き返します。

頂上周回はやめて、引き返します。

頂上周回はやめて、引き返します。

弥山に戻ってきました。

弥山に戻ってきました。

弥山に戻ってきました。

弥山神社の鳥居ですが、今日は参拝を省略させて頂きました。

弥山神社の鳥居ですが、今日は参拝を省略させて頂きました。

弥山神社の鳥居ですが、今日は参拝を省略させて頂きました。

行きとは太陽の向きが変わっています。

行きとは太陽の向きが変わっています。

行きとは太陽の向きが変わっています。

自撮り。

自撮り。

自撮り。

金引尾根を降りてみることにしました(理由は本文をご覧下さい)。

金引尾根を降りてみることにしました(理由は本文をご覧下さい)。

金引尾根を降りてみることにしました(理由は本文をご覧下さい)。

そろそろ空が曇ってきて、また日が傾いてきたので、景色が暗くなってきています。

そろそろ空が曇ってきて、また日が傾いてきたので、景色が暗くなってきています。

そろそろ空が曇ってきて、また日が傾いてきたので、景色が暗くなってきています。

どなたかの忘れ物。

どなたかの忘れ物。

どなたかの忘れ物。

ここまではほとんどまっすぐ尾根を降りるだけでしたが、ここから斜面を斜行して降ります。

ここまではほとんどまっすぐ尾根を降りるだけでしたが、ここから斜面を斜行して降ります。

ここまではほとんどまっすぐ尾根を降りるだけでしたが、ここから斜面を斜行して降ります。

ようやく橋まで降りることができました。急坂を延々と下りるのは辛かった。

ようやく橋まで降りることができました。急坂を延々と下りるのは辛かった。

ようやく橋まで降りることができました。急坂を延々と下りるのは辛かった。

有名なルートマップ。八経ヶ岳山頂からここまでちょうど3時間。

有名なルートマップ。八経ヶ岳山頂からここまでちょうど3時間。

有名なルートマップ。八経ヶ岳山頂からここまでちょうど3時間。

天川村役場に駐車。

ひとつめの鉄塔から。東の空が明るくなってきました。

ふたつめ鉄柱から。

初めて太陽が見えました。

この辺から道が白くなってきました。

あれは野迫川村の雲海?

ここまで2時間。川合からの登りはなかなかはかがいきません。

こっちに登ると天女の舞に行けます。

稲村かっこいい。

このプレートを見たかったのでした。

さらに登ってみます。この辺は雪が深くてふかふか。

これまで、霧氷は見られても、ずっと曇っていたのです。

例によって逆光の写真。

天女の舞の山頂。

今シーズン初めてチェーンスパイク装着。ノーアイゼンで歩いている人の方が多かったようですが、凍っている箇所もあったので、私はこっちが正解だったと思ってます。

水の音が聞こえてくると狼平が近いです。

狼平。

狼平を過ぎると、階段の試練が待ち構えています。

階段を抜けると、霧氷のお出迎え。

八経ヶ岳見えました。

弥山小屋到着。お手洗いを期待していたのですが、閉鎖されていました。

ここまで来たら行くべき・・・か。

霧氷はきれいなのですが、足元はへろへろです。

ふらふらになりつつ、八経ヶ岳登頂。看板が外れてしまっているようです。

錫杖。

南東方向。

西側。

北側。

頂上で見たエビの尻尾。

弥山。

頂上周回はやめて、引き返します。

弥山に戻ってきました。

弥山神社の鳥居ですが、今日は参拝を省略させて頂きました。

行きとは太陽の向きが変わっています。

自撮り。

金引尾根を降りてみることにしました(理由は本文をご覧下さい)。

そろそろ空が曇ってきて、また日が傾いてきたので、景色が暗くなってきています。

どなたかの忘れ物。

ここまではほとんどまっすぐ尾根を降りるだけでしたが、ここから斜面を斜行して降ります。

ようやく橋まで降りることができました。急坂を延々と下りるのは辛かった。

有名なルートマップ。八経ヶ岳山頂からここまでちょうど3時間。

類似するルートを通った活動日記