磐梯山-2019-12-29

2019.12.29(日) 日帰り

雪の磐梯山にチャレンジしました。 先行の登山者のラッセルの助けもあり、自分史上、最高の経験をすることができました。 途中から ご一緒させて頂いた皆さん、ありがとうございました。

磐梯山 (晴れ)
今年最後の遠征は、いい山が沢山ある山形か福島に来たかったのです。
最終的に 天気予報を見て、吾妻山にしようか 磐梯山にしようか迷ったのですが 磐梯山が正解でした。

磐梯山 (晴れ) 今年最後の遠征は、いい山が沢山ある山形か福島に来たかったのです。 最終的に 天気予報を見て、吾妻山にしようか 磐梯山にしようか迷ったのですが 磐梯山が正解でした。

磐梯山 (晴れ) 今年最後の遠征は、いい山が沢山ある山形か福島に来たかったのです。 最終的に 天気予報を見て、吾妻山にしようか 磐梯山にしようか迷ったのですが 磐梯山が正解でした。

猪苗代登山口のスキー場から出発します
正面に見えるのが 磐梯山の山頂です。
ゲレンデに先行の方のトレースがあります。

猪苗代登山口のスキー場から出発します 正面に見えるのが 磐梯山の山頂です。 ゲレンデに先行の方のトレースがあります。

猪苗代登山口のスキー場から出発します 正面に見えるのが 磐梯山の山頂です。 ゲレンデに先行の方のトレースがあります。

地図を見ずに トレース跡を辿ってきたのですが行き止まり

地図を見ずに トレース跡を辿ってきたのですが行き止まり

地図を見ずに トレース跡を辿ってきたのですが行き止まり

先行の方の足跡は ここで引き返していたのですが、確認をすると 赤埴山に向かう正規のルートまで登りで2~3百メートル。引き返すのが面倒なので、地図を見ながら雪と藪を漕ぎました。

先行の方の足跡は ここで引き返していたのですが、確認をすると 赤埴山に向かう正規のルートまで登りで2~3百メートル。引き返すのが面倒なので、地図を見ながら雪と藪を漕ぎました。

先行の方の足跡は ここで引き返していたのですが、確認をすると 赤埴山に向かう正規のルートまで登りで2~3百メートル。引き返すのが面倒なので、地図を見ながら雪と藪を漕ぎました。

15分ほどで赤埴山に向かうルートに合流しました。積雪が膝~腰ほど。
このときはまだ元気があったのですが。。

15分ほどで赤埴山に向かうルートに合流しました。積雪が膝~腰ほど。 このときはまだ元気があったのですが。。

15分ほどで赤埴山に向かうルートに合流しました。積雪が膝~腰ほど。 このときはまだ元気があったのですが。。

赤埴山山頂に到着

赤埴山山頂に到着

赤埴山山頂に到着

赤埴山から磐梯山

赤埴山から磐梯山

赤埴山から磐梯山

赤埴山から鏡ヶ池への下りは 積雪がさらに深かった。。。
ウサギやカモシカ、クマの足跡がたくさんありました。

赤埴山から鏡ヶ池への下りは 積雪がさらに深かった。。。 ウサギやカモシカ、クマの足跡がたくさんありました。

赤埴山から鏡ヶ池への下りは 積雪がさらに深かった。。。 ウサギやカモシカ、クマの足跡がたくさんありました。

鏡ヶ池に到着
ここで、赤埴山の巻き道を来ていた 先行の方と遭遇しました。
お互いに、これまでに登った山の話や 山で出会う動物の話ができて楽しかったです。

鏡ヶ池に到着 ここで、赤埴山の巻き道を来ていた 先行の方と遭遇しました。 お互いに、これまでに登った山の話や 山で出会う動物の話ができて楽しかったです。

鏡ヶ池に到着 ここで、赤埴山の巻き道を来ていた 先行の方と遭遇しました。 お互いに、これまでに登った山の話や 山で出会う動物の話ができて楽しかったです。

一緒になった方と、交互に先頭を取りながらラッセルをして進みました。
積雪が膝上まであるので、ワカンを付けるのが正解なのでしょうが、ご一緒した方がずっとアイゼンだけで通されていたので、僕も倣って この日はつぼ足で歩きました。

一緒になった方と、交互に先頭を取りながらラッセルをして進みました。 積雪が膝上まであるので、ワカンを付けるのが正解なのでしょうが、ご一緒した方がずっとアイゼンだけで通されていたので、僕も倣って この日はつぼ足で歩きました。

一緒になった方と、交互に先頭を取りながらラッセルをして進みました。 積雪が膝上まであるので、ワカンを付けるのが正解なのでしょうが、ご一緒した方がずっとアイゼンだけで通されていたので、僕も倣って この日はつぼ足で歩きました。

山頂が綺麗に見えています
正面の急斜面を直登するのではなく、大きく右に巻いていきます。
そろそろ、ラッセルの疲れも出てきて、
このペースで 山頂まで行けるのか少し不安に。。

山頂が綺麗に見えています 正面の急斜面を直登するのではなく、大きく右に巻いていきます。 そろそろ、ラッセルの疲れも出てきて、 このペースで 山頂まで行けるのか少し不安に。。

山頂が綺麗に見えています 正面の急斜面を直登するのではなく、大きく右に巻いていきます。 そろそろ、ラッセルの疲れも出てきて、 このペースで 山頂まで行けるのか少し不安に。。

カモシカが日向ぼっこ中
疲れが和みました。

カモシカが日向ぼっこ中 疲れが和みました。

カモシカが日向ぼっこ中 疲れが和みました。

雪の急斜面

雪の急斜面

雪の急斜面

隣の山は櫛ケ峰

隣の山は櫛ケ峰

隣の山は櫛ケ峰

天狗岩

天狗岩

天狗岩

磐梯山の山頂が見えてきました

磐梯山の山頂が見えてきました

磐梯山の山頂が見えてきました

本当に、本当に綺麗な景色でした

本当に、本当に綺麗な景色でした

本当に、本当に綺麗な景色でした

弘法清水小屋に到着

弘法清水小屋に到着

弘法清水小屋に到着

小屋の鐘の所に 裏磐梯のルートから来られたと思われる先行者のトレースがありました。

小屋の鐘の所に 裏磐梯のルートから来られたと思われる先行者のトレースがありました。

小屋の鐘の所に 裏磐梯のルートから来られたと思われる先行者のトレースがありました。

弘法小屋から山頂までの斜面は 足元の雪がひざ上まで、枝が胸の高さにあって進むのが大変でした。
枝がウエアやザックに着けたワカン、ピッケルに引っかかります。
四足歩行モードにチェンジして進みます ~

弘法小屋から山頂までの斜面は 足元の雪がひざ上まで、枝が胸の高さにあって進むのが大変でした。 枝がウエアやザックに着けたワカン、ピッケルに引っかかります。 四足歩行モードにチェンジして進みます ~

弘法小屋から山頂までの斜面は 足元の雪がひざ上まで、枝が胸の高さにあって進むのが大変でした。 枝がウエアやザックに着けたワカン、ピッケルに引っかかります。 四足歩行モードにチェンジして進みます ~

山頂下の斜面に先行パーティーが見えました。
先頭の方が一歩一歩、声を出しながら 新雪の斜面をラッセルをしています。
その体力に驚きつつ、感謝をしながら後に続きます。

山頂下の斜面に先行パーティーが見えました。 先頭の方が一歩一歩、声を出しながら 新雪の斜面をラッセルをしています。 その体力に驚きつつ、感謝をしながら後に続きます。

山頂下の斜面に先行パーティーが見えました。 先頭の方が一歩一歩、声を出しながら 新雪の斜面をラッセルをしています。 その体力に驚きつつ、感謝をしながら後に続きます。

そして、、山頂到着
先行パーティーの方たちが記念撮影をされていました。
ラッセルの感謝を伝えたところ、『冬山は助け合いですよ』と笑顔で仰っていました。
僕も、もっと体力をつけなければいけない.. と思いました。

そして、、山頂到着 先行パーティーの方たちが記念撮影をされていました。 ラッセルの感謝を伝えたところ、『冬山は助け合いですよ』と笑顔で仰っていました。 僕も、もっと体力をつけなければいけない.. と思いました。

そして、、山頂到着 先行パーティーの方たちが記念撮影をされていました。 ラッセルの感謝を伝えたところ、『冬山は助け合いですよ』と笑顔で仰っていました。 僕も、もっと体力をつけなければいけない.. と思いました。

猪苗代湖

猪苗代湖

猪苗代湖

山頂からの景色を見ていたら、なぜか泣きそうに。。
風景に感動したからなのか、体力的に辛かったからなのか、 よく分かりません(笑)

山頂からの景色を見ていたら、なぜか泣きそうに。。 風景に感動したからなのか、体力的に辛かったからなのか、 よく分かりません(笑)

山頂からの景色を見ていたら、なぜか泣きそうに。。 風景に感動したからなのか、体力的に辛かったからなのか、 よく分かりません(笑)

帰りも時間がかかりそうなので、お茶だけ飲んですぐに下山します。

帰りも時間がかかりそうなので、お茶だけ飲んですぐに下山します。

帰りも時間がかかりそうなので、お茶だけ飲んですぐに下山します。

カモシカがまだ日向ぼっこ中

カモシカがまだ日向ぼっこ中

カモシカがまだ日向ぼっこ中

帰り道は、当然、踏み跡がついているのですが、疲れていて足を上げるのがつらかった。。

帰り道は、当然、踏み跡がついているのですが、疲れていて足を上げるのがつらかった。。

帰り道は、当然、踏み跡がついているのですが、疲れていて足を上げるのがつらかった。。

ゲレンデまで下りてきました
左に見えるのは川桁山でしょうか?

ゲレンデまで下りてきました 左に見えるのは川桁山でしょうか?

ゲレンデまで下りてきました 左に見えるのは川桁山でしょうか?

下山後、喜多方に寄り道をして、喜多方ラーメンを食べました。
やっぱり、本物はおいしかった!

はしごをしたいところですが、夜になって米沢の峠や月山道が凍りつく前に、
早く秋田に帰らなくてはいけません。。

下山後、喜多方に寄り道をして、喜多方ラーメンを食べました。 やっぱり、本物はおいしかった! はしごをしたいところですが、夜になって米沢の峠や月山道が凍りつく前に、 早く秋田に帰らなくてはいけません。。

下山後、喜多方に寄り道をして、喜多方ラーメンを食べました。 やっぱり、本物はおいしかった! はしごをしたいところですが、夜になって米沢の峠や月山道が凍りつく前に、 早く秋田に帰らなくてはいけません。。

磐梯山 (晴れ) 今年最後の遠征は、いい山が沢山ある山形か福島に来たかったのです。 最終的に 天気予報を見て、吾妻山にしようか 磐梯山にしようか迷ったのですが 磐梯山が正解でした。

猪苗代登山口のスキー場から出発します 正面に見えるのが 磐梯山の山頂です。 ゲレンデに先行の方のトレースがあります。

地図を見ずに トレース跡を辿ってきたのですが行き止まり

先行の方の足跡は ここで引き返していたのですが、確認をすると 赤埴山に向かう正規のルートまで登りで2~3百メートル。引き返すのが面倒なので、地図を見ながら雪と藪を漕ぎました。

15分ほどで赤埴山に向かうルートに合流しました。積雪が膝~腰ほど。 このときはまだ元気があったのですが。。

赤埴山山頂に到着

赤埴山から磐梯山

赤埴山から鏡ヶ池への下りは 積雪がさらに深かった。。。 ウサギやカモシカ、クマの足跡がたくさんありました。

鏡ヶ池に到着 ここで、赤埴山の巻き道を来ていた 先行の方と遭遇しました。 お互いに、これまでに登った山の話や 山で出会う動物の話ができて楽しかったです。

一緒になった方と、交互に先頭を取りながらラッセルをして進みました。 積雪が膝上まであるので、ワカンを付けるのが正解なのでしょうが、ご一緒した方がずっとアイゼンだけで通されていたので、僕も倣って この日はつぼ足で歩きました。

山頂が綺麗に見えています 正面の急斜面を直登するのではなく、大きく右に巻いていきます。 そろそろ、ラッセルの疲れも出てきて、 このペースで 山頂まで行けるのか少し不安に。。

カモシカが日向ぼっこ中 疲れが和みました。

雪の急斜面

隣の山は櫛ケ峰

天狗岩

磐梯山の山頂が見えてきました

本当に、本当に綺麗な景色でした

弘法清水小屋に到着

小屋の鐘の所に 裏磐梯のルートから来られたと思われる先行者のトレースがありました。

弘法小屋から山頂までの斜面は 足元の雪がひざ上まで、枝が胸の高さにあって進むのが大変でした。 枝がウエアやザックに着けたワカン、ピッケルに引っかかります。 四足歩行モードにチェンジして進みます ~

山頂下の斜面に先行パーティーが見えました。 先頭の方が一歩一歩、声を出しながら 新雪の斜面をラッセルをしています。 その体力に驚きつつ、感謝をしながら後に続きます。

そして、、山頂到着 先行パーティーの方たちが記念撮影をされていました。 ラッセルの感謝を伝えたところ、『冬山は助け合いですよ』と笑顔で仰っていました。 僕も、もっと体力をつけなければいけない.. と思いました。

猪苗代湖

山頂からの景色を見ていたら、なぜか泣きそうに。。 風景に感動したからなのか、体力的に辛かったからなのか、 よく分かりません(笑)

帰りも時間がかかりそうなので、お茶だけ飲んですぐに下山します。

カモシカがまだ日向ぼっこ中

帰り道は、当然、踏み跡がついているのですが、疲れていて足を上げるのがつらかった。。

ゲレンデまで下りてきました 左に見えるのは川桁山でしょうか?

下山後、喜多方に寄り道をして、喜多方ラーメンを食べました。 やっぱり、本物はおいしかった! はしごをしたいところですが、夜になって米沢の峠や月山道が凍りつく前に、 早く秋田に帰らなくてはいけません。。

類似するルートを通った活動日記