北山縦走 (結果的に・・・)

2019.12.21(土) 日帰り
ハマKBT
ハマKBT

 2週続けて、山に登れていなかったので、この週末、絶対に登りたい!ということで、いろいろな山とそこの天気とを調べ、結局、1日目は、大社の弥山、二日目は、大山という計画をたてた。大山は今シーズン初の冬山となるので、わくわくしながらアイゼンやピッケルなど冬山装備を準備した。  いつものように、金曜日の夜に出発。途中、島根県で数少ない工場夜景スポット、江津の河口により、撮影タイム。工場夜景としても美しい感じの場所ではないかと思う。  車中泊は、大社のご縁広場。ここは新しくなったようで、以前来たときにはなかった足湯などの施設もできていた。ただ、真夜中だったので、利用はできなかった。ここは、トイレも綺麗だし、すぐ近くにコンビニもありとっても便利。  さて、朝を迎え、今日は、弥山へ登る予定。場所を弥山広場の駐車場に移動し、ここから登山開始。以前にも登ったことがあるので、最初は調子よくいっていたのだが、これでもかっていうぐらいピンクなどの目印のテープがはってある方の道へ行くと、実は、ここは違っていて、また戻って、本来の登山道へ向かう。登山道は展望もよく、景色を楽しみながら登っていくことができる。山頂直前に、いい感じの岩場などもあり、面白い。山頂到着。やはり、ここからの景色は格別。贅沢な空間。ここから先へは、以前にもちょっと行ってみたのだが、今回は、もう少し奥まで行って、ピストンで帰ってこようと考えて、先へ進む。結構な坂を下り、天台ヶ峰、極楽山と進んでいくうちに、だんだんと欲が出てきて、北山の縦走、特に、北山では一番高い鼻高山に行きたくなった。ただ、ピストンだと時間的に無理なので、鼻高山まで行ったら、下山し、後は国道沿いに通っているであろう路線バスを利用して、登山口まで戻ってくるというルートを急遽考え、それを実行することにした。鼻高山までは結構あり、アップダウンもなかなかのものだったが、鼻高山も展望がよく、達成感あり。ここで、遅い昼食をとり、時間のこともあるので、すぐに下山した。  国道沿いを歩いて、バス停の時刻表を見てみると、なんと、出雲駅方面ばかりで、大社方面が見当たらず、結局歩いて登山口まで行くことに。5キロの道のりを徒歩。田中陽希の魔のロードの疑似体験。たった5キロではあったのだが、国道を歩くのは相当きつかった。山の5キロよりも時間的には短いのだが、気分はこちらの方が長い感じ。辺りも真っ暗になり、やっと、登山口の駐車場に到着。その後、北山温泉に入り疲れをとる。松江で、夜景撮影をして、今夜の車中泊の予定博労座の駐車場を目指す。ここで、はっと、重要なことを思い出した。冬山の装備はばっちりだったのだが、車のタイヤをスタッドレスにまだしていなかったことに気が付いたのだ。これは、まずい。きっと、大山の駐車場付近は雪が積もっているかも・・・・そこで、予定を変更しようかとも思ったが、とりあえず、行けるところまで行ってみることにした。しかし、結果は、全然心配なかった。駐車場までの道にはまったく雪がなく、ノーマルタイヤでも大丈夫だったのだ。博労座の駐車場で、車中泊。明日も楽しみ。

島根県で数少ない工場夜景スポット江の川河口。

島根県で数少ない工場夜景スポット江の川河口。

島根県で数少ない工場夜景スポット江の川河口。

工場夜景、かっこいいい!

工場夜景、かっこいいい!

工場夜景、かっこいいい!

車中泊は、ご縁広場の駐車場。感謝。

車中泊は、ご縁広場の駐車場。感謝。

車中泊は、ご縁広場の駐車場。感謝。

登山開始。銃で撃たれたのではしゃれにならない!

登山開始。銃で撃たれたのではしゃれにならない!

登山開始。銃で撃たれたのではしゃれにならない!

早速、熊鈴を装着。

早速、熊鈴を装着。

早速、熊鈴を装着。

鹿の被害を食い止める、金網を開けて、登山をする。

鹿の被害を食い止める、金網を開けて、登山をする。

鹿の被害を食い止める、金網を開けて、登山をする。

ここから入っていく。

ここから入っていく。

ここから入っていく。

今回登山デビューのNEWアイテム。α7Ⅱ フルサイズしかも軽い。

今回登山デビューのNEWアイテム。α7Ⅱ フルサイズしかも軽い。

今回登山デビューのNEWアイテム。α7Ⅱ フルサイズしかも軽い。

登山道は展望よし。

登山道は展望よし。

登山道は展望よし。

ここからみた稲佐の浜いいんだな~。

ここからみた稲佐の浜いいんだな~。

ここからみた稲佐の浜いいんだな~。

登山道。よく整備されている。

登山道。よく整備されている。

登山道。よく整備されている。

最後にこんな感じの岩場も出現。

最後にこんな感じの岩場も出現。

最後にこんな感じの岩場も出現。

途中途中の景色も最高。

途中途中の景色も最高。

途中途中の景色も最高。

弥山山頂!!

弥山山頂!!

弥山山頂!!

オレを撮れ!!

オレを撮れ!!

オレを撮れ!!

大社の町を眼下に眺める。

大社の町を眼下に眺める。

大社の町を眼下に眺める。

何度見ても素晴らしい景色。

何度見ても素晴らしい景色。

何度見ても素晴らしい景色。

振り返って弥山山頂を見る。

振り返って弥山山頂を見る。

振り返って弥山山頂を見る。

浜山公園・・・・見ようによっては前方後円墳にも見える。

浜山公園・・・・見ようによっては前方後円墳にも見える。

浜山公園・・・・見ようによっては前方後円墳にも見える。

三角点タッチ。

三角点タッチ。

三角点タッチ。

縦走路の案内。

縦走路の案内。

縦走路の案内。

天台ヶ峰山頂!

天台ヶ峰山頂!

天台ヶ峰山頂!

いい雰囲気の登山道。

いい雰囲気の登山道。

いい雰囲気の登山道。

極楽山山頂。

極楽山山頂。

極楽山山頂。

出雲ドームも見える。

出雲ドームも見える。

出雲ドームも見える。

最初何かと思ってよくみたら、植林だった。

最初何かと思ってよくみたら、植林だった。

最初何かと思ってよくみたら、植林だった。

この表示の解釈を間違え、下の道におり、違う道を少しの間進んでしまった。

この表示の解釈を間違え、下の道におり、違う道を少しの間進んでしまった。

この表示の解釈を間違え、下の道におり、違う道を少しの間進んでしまった。

ここで、道を間違え、YAMAPのおかげで正規ルートに戻ることができた。

ここで、道を間違え、YAMAPのおかげで正規ルートに戻ることができた。

ここで、道を間違え、YAMAPのおかげで正規ルートに戻ることができた。

縦走路。

縦走路。

縦走路。

三角点タッチ!

三角点タッチ!

三角点タッチ!

表示があるが、鼻高山まであと、何メートルがほしい・・・。

表示があるが、鼻高山まであと、何メートルがほしい・・・。

表示があるが、鼻高山まであと、何メートルがほしい・・・。

大黒山山頂!

大黒山山頂!

大黒山山頂!

天臥峰山頂!

天臥峰山頂!

天臥峰山頂!

縦走路。

縦走路。

縦走路。

展望がいい!達成感あり!

展望がいい!達成感あり!

展望がいい!達成感あり!

斐伊川が見える。

斐伊川が見える。

斐伊川が見える。

三角点タッチ!

三角点タッチ!

三角点タッチ!

鼻高山山頂!!

鼻高山山頂!!

鼻高山山頂!!

出雲平野。宍道湖も見える。

出雲平野。宍道湖も見える。

出雲平野。宍道湖も見える。

遅い昼食。時間がないので、お湯は沸かさず、これを食べたら、すぐに下山開始。

遅い昼食。時間がないので、お湯は沸かさず、これを食べたら、すぐに下山開始。

遅い昼食。時間がないので、お湯は沸かさず、これを食べたら、すぐに下山開始。

日本海側も見える。

日本海側も見える。

日本海側も見える。

ここも鹿の被害を避けるためのゲート。

ここも鹿の被害を避けるためのゲート。

ここも鹿の被害を避けるためのゲート。

鼻高山登山口。

鼻高山登山口。

鼻高山登山口。

魔のロード。国道沿いの5キロを徒歩。

魔のロード。国道沿いの5キロを徒歩。

魔のロード。国道沿いの5キロを徒歩。

島根ワイナリー前。

島根ワイナリー前。

島根ワイナリー前。

やっと、登山口の駐車場。

やっと、登山口の駐車場。

やっと、登山口の駐車場。

北山温泉。

北山温泉。

北山温泉。

本日の軌跡・・・国道の徒歩がやはりすごい。
48/48

本日の軌跡・・・国道の徒歩がやはりすごい。

本日の軌跡・・・国道の徒歩がやはりすごい。

島根県で数少ない工場夜景スポット江の川河口。

工場夜景、かっこいいい!

車中泊は、ご縁広場の駐車場。感謝。

登山開始。銃で撃たれたのではしゃれにならない!

早速、熊鈴を装着。

鹿の被害を食い止める、金網を開けて、登山をする。

ここから入っていく。

今回登山デビューのNEWアイテム。α7Ⅱ フルサイズしかも軽い。

登山道は展望よし。

ここからみた稲佐の浜いいんだな~。

登山道。よく整備されている。

最後にこんな感じの岩場も出現。

途中途中の景色も最高。

弥山山頂!!

オレを撮れ!!

大社の町を眼下に眺める。

何度見ても素晴らしい景色。

振り返って弥山山頂を見る。

浜山公園・・・・見ようによっては前方後円墳にも見える。

三角点タッチ。

縦走路の案内。

天台ヶ峰山頂!

いい雰囲気の登山道。

極楽山山頂。

出雲ドームも見える。

最初何かと思ってよくみたら、植林だった。

この表示の解釈を間違え、下の道におり、違う道を少しの間進んでしまった。

ここで、道を間違え、YAMAPのおかげで正規ルートに戻ることができた。

縦走路。

三角点タッチ!

表示があるが、鼻高山まであと、何メートルがほしい・・・。

大黒山山頂!

天臥峰山頂!

縦走路。

展望がいい!達成感あり!

斐伊川が見える。

三角点タッチ!

鼻高山山頂!!

出雲平野。宍道湖も見える。

遅い昼食。時間がないので、お湯は沸かさず、これを食べたら、すぐに下山開始。

日本海側も見える。

ここも鹿の被害を避けるためのゲート。

鼻高山登山口。

魔のロード。国道沿いの5キロを徒歩。

島根ワイナリー前。

やっと、登山口の駐車場。

北山温泉。

本日の軌跡・・・国道の徒歩がやはりすごい。