刀剣山・黒尊岳

2019.12.16(月) 2 DAYS Kagoshima
福岡想山会
福岡想山会

活動データ

タイム

22:50

距離

0m

上り

0m

下り

0m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

天神、7時出発、天気快晴。登山口には、11時40分に着いた。予想では4時間程で着くだろうとふんでいたが、さすがに大隅半島だけあって大幅に遅れた。道中、桜島が噴煙を上げ、西から東へと流れ、時折黒煙をあげていた。灰色の山肌が秋の日差しの中で鮮明に映え、錦江湾に浮かぶ桜島の姿が次第に近づく様は圧巻であった。 登山口が駐車場になっている。そこで昼食を摂り、12時10分に出発した。 300mほど沢沿いの道を進み、渡渉して、更に枝沢を渡渉して登り始めた。3合目付近には、絶滅危惧種の『やっこ草』が、ささやかな程度に2か所に生き残っていた。6合目から7合目にかけて、このコースの最大の難所(鎖場と梯子)を通過し、第一刀剣山と第二刀剣山の分岐に14時に到着した。(Yamapの地図)だが、現地での呼び名は第二刀剣山が第1峰で、第一刀剣山が第3峰となっていた。第一刀剣方向の最高ピークまで行き、ホテルの到着時間が遅くなることから、14時15分下山を開始した。 登山道の周りの植物には火山灰が薄く積もり、手や顔や喉といった、体全体がザラザラする感じがした。登山口には16時到着。航空基地資料館の見学は中止し、ホテルには16時40分に着いた。温泉に浸かり宴会へ突入した 。 17日、黒尊岳に向かって8時出発、登山口に8時45分着。曇り時々晴れ。柔軟体操後出発した。わかりづらい登山道を進む。背丈より高い灌木に挟まれるような狭い登山道を進むと、徐々に登山道は広くなり、木々の高さも高くなった。たまに太平洋が見える展望に出会うものの、全体的に木立の中の登山道だ。4か所ほどのピークを過ぎ、山頂には10時着。1時間で着いてしまった。 山頂で、かのやバラ園のレストランに予約し、記念撮影後、11時には登山口に戻った。バラ園に12時着、もう二度と賞味することが無いであろうローズカレーを食し、幾種類ものバラの花を観賞し13時10分、帰路についた。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。