双石山 (九州百名山)・花切山

2019.12.04(水) 2 DAYS
福岡想山会
福岡想山会

活動データ

タイム

29:45

距離

0m

上り

0m

下り

0m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

■コースタイム   12月04日(水)晴 JR博多駅 発6:00→半道橋IC→太宰府IC→基山PA 6:20→山江SA 8:10→清武IC 9:20→県338→県27→丸野駐車場 着9:30 【双石山】 丸野駐車場 発9:50~からかさ淵9:57~ひょうたん淵10:05~かに淵10:17~硫黄谷休憩所10:20/25~悠心の滝10:30~麻畠分岐11:18/21~桧山分岐11:28~山小屋分岐12:02~山小屋(昼食) 12:07/30~双石山12:54/13:00~山小屋13:20~分岐13:25~第2展望所13:44 ~第3展望所13:48~塩鶴登山口/山頂分岐に引返す13:54~尾根コース~大岩展望台14:09/12~尾根/谷コース合流点14:15~小谷登山口分岐14:20~空池14:22~針の耳神社14:33~天狗岩14:34~盤窟神社14:40~塩鶴登山口15:02~車道歩行~丸野駐車場 着15:35 [國廣車] 丸野駐車場 発15:45→コンビニ→宮崎白浜オートキャンプ場 着16:20(ケビン泊) 12月05日(木)晴のち曇 宮崎白浜オートキャンプ場 発7:10→椿山キャンプ場 駐車場(登山口) 着7:55 【花切山】 駐車場 発8:10~遊歩道~花切山(椿山コース)登山口8:15~登山道探索ロス~花切山 (椿山コース)登山口8:22/25~尾根/滝コース分岐8:42~あかご淵分岐9:38/42~滝コース分岐9:50~花切展望所分岐10:23~平成登山口分岐10:28~花切山10:30/40~花切展望所10:50/53~滝コース分岐11:20/23~(昼食11:55/12:20)~鏡洲万葉の滝12:49/53~尾根/滝コース分岐13:06~花切山(椿山コース)登山口13:25~遊歩道~駐車場 着13:30 椿山キャンプ場 駐車場(登山口) 発13:45→極楽湯14:40/15:30→宮崎IC→基山PA 18:45~ 太宰府IC→半道橋IC→JR博多駅 19:25着 ■正味歩行時間(休憩含まない)     4時間55分 + 4時間25分 = 9時間20分     ■行動時間(休憩含む全行動時間)   5時間45分 + 5時間20分 = 11時間05分    ■距離  約10.7+8.0=18.7km ■累計標高差  約 ±970+890=1860m 【コメント】                                         先月の会山行(宮崎三山)に参加できなかったので、改めて計画した。一泊二日に変更し、九州百名山の2座とした。色々な情報を収集した結果、ヤマップ記載のコースでの山行とした。両山とも標高差は約500mだ(低山登山?)。 【双石山】 加世田渓谷と礫岩の奇岩観賞が目玉の山で、楽しみにしていた。登山口から加世田渓谷の左岸側の遊歩道を歩くと、浸食によってできた、からかさ淵・ひょうたん淵・かに淵などの奇岩が見られ、硫黄谷休憩所横では“モンキーバナナ”が見られた。整備されていない沢沿いの急峻な道を麻畠まで一気に登る。ここからは稜線の道を進むが、アップダウンの多さに辟易する。疲れた足で山小屋に到着。昼食後、25分で山頂だ。展望はまずまずで南西方向に鉄塔が林立する鰐塚山が望める。 25分下り、小谷/塩塚登山口分岐を通過し、第2・第3展望所で宮崎市内や日向灘の展望を楽しむ。遠くにシーガイヤのホテル棟が見える。展望所付近で奇岩が見られると思っていたら、これが勘違いで、盤窟神社付近に在ることがわかり、小谷/塩塚登山口分岐に引き返し、急峻な尾根コースを下る。30分ほどで奇岩群に遭遇。空池~針の耳神社~天狗岩に感動する。その後、滑り易い植林帯を抜け塩塚登山口に下山。車道を歩いて出発点に戻る。(宮崎白浜オートキャンプ場、ケビン泊) 【花切山】 県道27号線から椿山キャンプ場への車道は少し荒れていたが、終点の駐車場に車を停める。 遊歩道を少し進むと、花切山(椿山コース)登山口の標識があったが進入禁止になっていた。見送って、少し先に進んだが間違いとわかり引き返し、進入禁止の中に入る。ここが、宮崎市観光課に聞いた場所だった。尾根/滝コース分岐から尾根コースを選ぶ。踏み跡が薄く、全員で赤テープを見つけながら急峻な道を登る。「タマゴタケ」を見つけ、可愛い~!と心が和む。約1時間で「あかご淵分岐」に着き一息入れる。そこから山頂までは踏み跡もしっかりしていた。山頂での展望は無い。数分下った「花切展望所」で展望を楽しむ。遠くに韓国岳?が望めた。25分下り、進入禁止の「滝コース」に入る。沢筋のガレ場道は赤テープも乏しく、ヤマップなどで確認しながら下る。特に渡渉地点で判りづらく、全員で道を探しながら進む。正に「ワンチーム」歩行だ。昼食後、鏡洲万葉の滝に出会う。落差は20m程だろうか?素晴らしい滝だ。周囲に紅葉する木々が無く、インスタ映えは今一だ。ここからは踏み跡も有り、ほぼ予定通りの時刻に下山できた。 宿泊地「宮崎白浜オートキャンプ場」のケビン棟の施設は良かった。(毛布と電子レンジが無いのが残念)。また、日向灘と青島や鬼の洗濯岩、ヤシの木などのオーシャンビューが楽しめた。低山だと侮っていたが、累計標高差が両山で1800mもあり、想像以上に厳しい山行となったが、山歩きを堪能した。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす