京都一周 トレイル

2019.11.16(土) 2 DAYS
福岡想山会
福岡想山会

活動データ

タイム

37:31

距離

0m

上り

0m

下り

0m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

【コースタイム・距離・累計標高差】 全歩行距離 87.2km 全行動時間 29:15 全累計標高差 +4538 -4527 11/16(土) 歩行距離 46.2km 行動時間 15:27 標高差+2774 -2531 11/17(日) 歩行距離 41.0km 行動時間 13:48 標高差+1764 -1996 【山頂標高】 ①清水山242.2 ②大日山326 ③白鳥山(北白川城出丸・北城)310 ④横高山767 ⑤水井山793.9 ⑥谷ケ市207.3 ⑦向山426 ⑧松尾山275.6 1日目 ゲストハウス伏水4:13~伏見桃山駅(トレイル出発点)4:18~伏見桃山城4:42~大岩神社5:29~仁明天皇陵5:56~伏見稲荷大社四辻6:41~仲恭天皇陵7:20~泉涌寺7:31~清水山8:49/9:00~花園天皇陵9:44~蹴上インクライン9:59~日向大神宮10:13~大日山10:47~楼門の滝11:32~安楽寺12:01~哲学の道出合12:06~日本パプテスト病院前12:26~白鳥山13:15/17~水飲対陣之跡14:14~ケーブル比叡駅14:57/15:08~P754 15:18~山王院15:36~浄土院15:42~西塔釈迦堂15:53/55~玉体杉16:35/40~横高山16:58~水井山17:14/15~仰木峠17:54~北山22ポイント18:40~味工房志野大原店18:50/19:00~ハンモック泊場19:40 2日目  ハンモック泊場3:57~静原小前4:14~谷ケ市▲4:32~薬王坂~鞍馬山門5:16/22~鞍馬駅前5:25~貴船駅前5:41~夜泣峠6:23~向山6:59~西賀茂氷室町出合9:12~山の家はせがわ9:54/10:25~京見山荘10:36~P436 10:51~土砂崩れ迂回路/道間違い11:05/32~沢の池出合11:56~岡山街道出合(高雄錦水亭前)12:44/51~嵯峨清滝町13:50~書物岩14:29~六丁峠14:36~嵯峨鳥居本14:47~トロッコ嵐山駅前15:10~渡月橋15:28/35~阪急嵐山駅前15:41~松尾山登山口15:44~松尾山16:17~道路出合17:00~西芳寺(苔寺)17:05~苔寺・すず虫寺パス停(トレイル終了点)17:07~上桂駅前17:21~桂湯17:44 【感想】  京都一周トレイルには京都市街を取り囲む山々を中心に、全長82キロのコースと、京北エリアに全長40.9キロのコースがあります。  今回は京都大周回の82キロ+αのコースを巡ることにしました。 東山コース  伏見桃山駅~伏見稲荷大社・奥社 9.5km  3:50 東山コース  伏見稲荷駅~ケーブル比叡駅 24.6km 10:45 北山東部コース  ケーブル比叡駅~二ノ瀬 17.9km 6:40 北山西部コース  二ノ瀬~清流 19.3km  7:30 西山コース  清流~苔寺谷 10.7km  3:50 標準合計コースタイム 82.0km 32:35 伏見桃山駅を出発点に大岩山・伏見稲荷大社・東山・比叡山を経て大原・鞍馬へ。さらに、西賀茂から高雄・清滝を経て嵐山・苔寺に至るもので、歴史や文化も一緒に楽しめる京都ならではのトレイルです(一部 京都山岳連盟のサイトより抜粋)。  京都にはこれまで清水山・金閣寺・銀閣寺等の一般的な観光地しか行ったことがありませんでしたので、以前からこのコースを紅葉の盛りの時期に、ぜひとも歩いてみたいと思っておりました。2日間で歩いた人たちのデータをネットで検索するも、近畿地方のトレラン系の方々が多く、軽量化して走って完走したものが殆どです。私は走らずに2日目に新幹線で帰福すべく完歩を目指すことにしました。 金曜日の仕事を終えて、京都伏見駅近くのゲストハウスに前泊し、翌日の早朝まだ暗いなかスタートしました。流石、古都京都です、数多くの天皇皇族たちの墓陵を過ぎ、朝7時前に伏見稲荷大社に着きましたが、インスタ映えの写真を撮りに既に多くの外国人観光客が訪れておりました。その後は「哲学の道」「蹴上インクライン」等の観光地や「比叡山延暦寺」を経て「大原」の先の既に暗くなった杉林の中でハンモックを設置し野営しました。ここら辺は最近の熊目撃情報の案内板が数多く、少し怖かったです。(本来は「鞍馬」が目標でしたが、初日にアップダウンの多い箇所を通過し「大原」まで到達できれば2日間で歩ききることができると思います)。 翌2日目は4時少し前に出発です。更に「熊注意報」が増えてきます。熊鈴使用の奨励がなされており、日の出が待ち遠しかったです。人里の「鞍馬」「貴船」を過ぎるもまだ暗く、人影はありません。「北山杉」(台風・洪水・手入れ不足のため倒木が多く荒れている)に囲まれキャンプや釣りをしている人たちのいるエメラルドグリーンの「沢の池」を経由して、昼過ぎに「高雄」に出ると、いきなり「高山寺」の紅葉目当ての大勢の観光客に出くわしました。ここからは「嵯峨清滝」まで清流川沿いに紅葉を愛でながら歩きます。その後「嵐山」の「渡月橋」では観光客渋滞で橋を渡るのに7分もかかりました。そして観光客から離れて、いよいよ「松尾山」への最後の登山となります。軽快に飛ばして苔寺として有名なゴール地点の「西芳寺」に日暮れ前にようやく辿り着くことができました。 その日のうちに余裕で帰福できることが判りましたので、更に約3キロ先の桂駅近くの銭湯「桂湯」まで歩いて入浴。バスで京都駅まで行き新幹線にて無事帰り着くことができました。 車道歩きも多いため、難易度から言えば2日連続の「六甲全山縦走」程度でした。次は「京北周回コース」に挑戦したいと思います。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす