バカ尾根~塔ノ岳~丹沢山

2019.12.16(月) 日帰り

活動データ

タイム

08:54

距離

18.6km

上り

1906m

下り

1905m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
8 時間 54
休憩時間
1 時間 50
距離
18.6 km
上り / 下り
1906 / 1905 m
5
4
41
27
12
13
26
24
27
35
5
4
59

活動詳細

すべて見る

まさかまさかの二週連続塔ノ岳。 先週が今年最後のつもりだったのに、、、 何故か先週が楽しすぎて、「起きられたら行っちゃおう」と思ってたら睡眠時間1.5hで起きちゃいました(笑) ただ、電車で爆睡し一駅乗り過ごす、、、でも始発バスに間に合いました! 先週と同じくらいで登れたら膝の具合と相談して鍋割山に行こうかな。そんなつもりでスタート。 冬晴れの言葉通りまさに快晴! 大観望からの合流のあとしばらくすると、左におっきな富士山! どの山登ったって全貌を見せてくれなかった富士山がどーーーーんと! 雪をいっぱい乗せてました。 何故か頭によぎった言葉?が「富士山様」(笑) 左の富士山様に右には大山。 1人ずっとキョロキョロしながらニコニコしてることに後になって気が付きました(笑) 何がかはよくわからないんですが楽しいんです! かなり多趣味な人間ですが、こんなにニコニコしながらやる趣味ないぞ??? 階段、岩場、ザレ場、木道、ほんとに飽きないコースですねぇ。 三回目って事もあり、ペース配分を考え、駒止茶屋でお手洗いに寄った以外ノンストップで登頂成功! しかーも、まさかの3h切り! 塔ノ岳山頂は今日もほぼ無風で快適。 先週はすぐに身体を冷やしてしまったので登頂と同時に上着を着ました。 あまりの富士山様の美しさにコーヒータイムまでしちゃいましたが、左に見える鍋割か、右に見えるまあるい頭の丹沢か。 上り下りはあるもののここまで膝の調子はいい。思い切って丹沢へ。 スタートして「こんなに下っちゃうの!?」と思いながらも金冷やしからの階段もコースタイム以下で行けたんだ!行ける! そこまで下調べせずに向かった丹沢ですが、日高辺りから一面笹!? なんか異次元の雰囲気。 美しい景色にこの道がどこまでも続いてほしいとさえ思いました。 バカ尾根を登ってきてるのでそれ以上キツい箇所は無かったんですが、問題は足元。 恐らく霜柱(それも特大)が溶けてぬかるんでます。 所謂ぐっちょぐちょ状態。 それでも?富士山様はずっと左にいます♪ ほんと1人ニコニコしてた(笑) 丹沢へもコースタイム以下で登頂し、ご飯は済んでるので、バッジだけ購入して軽くおやつ食べて下山です。 最後もう一度塔ノ岳山頂への急登に思わず笑いましたが、行きも帰りも1h弱。 スタミナ付いた!?登り方がわかった? 体力と言うより膝が痛むか否かなんだよなー。 午後の塔ノ岳は少し風があり、富士山様も麓にモヤが。それでもニヤニヤ(笑) 下りはじめるとすぐに、やはり左膝が、、、 そして右モモも少し笑ってる。 痛まない段差、歩幅があるんだよなー。 軟骨なのかな、、ま、まずは筋肉と減量です。 三時間くらい掛かるかと思ったが結局ほぼコースタイムで下山! ちなみに、どこかで捻挫し前に転びました。。斜度が大したことなかったのでよかったけど、一瞬下りられないかと思いました。 靴のおかげなのか痛みはその一瞬のみで済んでよかった、、、 さすがにこの行程は疲れたが、やっぱり楽しかったw 多分いよいよ病気なんだと思います(笑) 蛭にもいつか行くぞ!

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。