冬が訪れつつある丹沢横断の旅

2019.12.14(土) 2 DAYS

活動データ

タイム

14:26

距離

27.7km

上り

2983m

下り

2689m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

「もうすぐ令和元年が終わってまう‼️」と思い、週末の天気が両日快晴なのを確認するや否や、神奈川県最高峰へ向かう計画を立てることに。📝 自分の体力では今の時期に日帰りは厳しいのと台風19号で北丹沢の登山道が通行止めであることを鑑みて、今回は西から蛭ヶ岳を目指して蛭ヶ岳山荘で一泊し、翌日は東のヤビツ峠へ抜けるゆっくり丹沢満喫ルートにしました。🚌💨🚏 【一日目】 西丹沢は初めてだったのでどんな道なんだろうと思っていましたが、箒沢ルートは想像以上にキツい山道でした。 赤テープと多数の道標のお陰で迷うことは少ないと思いますが、そもそも道が険しかったり細くてすれ違いが不可な箇所があったりと、いつもの1.5倍以上の荷物(13kg)を背負った自分にはことさら厳しく、登山開始3時間で既にバテバテモード。😩💦 ペースを落としつつ歩を進めましたが、昼食をとった檜洞丸で蛭ヶ岳に行けるのかかなり不安に。😖 結局は意地で歩き通しましたが、檜洞丸から蛭ヶ岳までの異常なアップダウンの連続といつもの丹沢とは思えない険しい山道、さらに傾き始めた太陽のせいでフィジカルもメンタルもガリガリ削られ…😵 日没前に蛭ヶ岳山頂に着いた時は、自分で自分を褒めたくなりました😭 11km程度しか歩いていないのにかなりの高低差のためか普段の30〜40km登った時のような疲労感、西丹沢は奥が深いです… 小屋で受付をした後は夕闇に染まる富士山、満天の星空や流れ星、月明かりではっきり照らされる山頂、関東平野や相模湾方面の夜景と、ここでしか見られない風景を堪能でき、蛭ヶ岳山頂は最高の時間をもたらしてくれました。🌌 【二日目】 雲で少し隠れてしまった日の出でしたが、朝焼けに染まる富士山をはじめ南アルプスや八ヶ岳等と、これまた素晴らしい景色が待っていました。🌄 蛭ヶ岳山荘を後にすると、待ちに待った丹沢の稜線が眼前に。🎶 笹を揺らす冷たい風が通り抜け、右手には富士山が常に顔を見せ、振り返れば蛭ヶ岳から伸びる稜線。 蛭ヶ岳〜丹沢山〜塔ノ岳の道は最高でしたッ❗😆 すっかり一日目の疲労や辛さが吹き飛び、意気揚々と表尾根を下り、ヤビツ峠からバスに揺られて温泉に寄って帰ったのでした。♨️ 今回は一日目の西丹沢で、今の自分の体力の無さを痛感した山行でした。😣 北丹沢が復旧したら、来年は丹沢主脈縦走(焼山〜蛭ヶ岳〜塔ノ岳〜大倉BS)で食べそこねた蛭カレーとまたあの稜線を歩きたいと心から思ったのでした。😉

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす