阿蘇中岳の噴火活動による阿蘇登山道路の火山灰の影響について

2019.12.10(火) 日帰り Kumamoto
てっちゃん
てっちゃん

活動データ

タイム

00:00

距離

0m

上り

0m

下り

0m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

ネット上で検索してみたところ有益な実害の情報が殆ど得られなかったので、11月30日に🏍で走ってみた正直な感想をUPしておきます。 阿蘇駅方面から草千里までですと車では割と快適に?行けますが(🏍ですと火山灰が舞い上がり目に入るので厳しいです)、草千里から吉田線(高森峠方面)へは火山灰が降り積もっている状況で対向車が来たら巻き上げられた火山灰が凄まじく視界がほぼゼロになる程危険な状況でした。(観光バス等の大型車が来たらもう目も当てられない状況に・・) また、火山灰の粒子が桜島の物より非常に細かい印象で、桜島みたいな灰を除去する作業も殆ど進んでおりませんので呼吸器系の疾患やコンタクトレンズ等を使用されている方にはかなり過酷な状況となっておりました。 ちなみに烏帽子岳のように藪漕ぎ区間を歩くともれなく灰を含んだ夜露で全身が火山灰まみれになり、車は確実に灰だらけになり後の洗車がえらいことになる事が想像できます←私の🏍もウエアもヘルメットもえらいことに・・・(汗) 現地は熊本地震からの復興途中でもありこういう情報を発信する事に賛否両論あるかと思いますが、熊本地震で災害ボランティア活動をしてきた身としましては、嘘偽りない現状を知っていただく事が今後の復興の近道になると考え投稿させていただきました。 阿蘇山系へ観光や山行を計画中の方がいらしたら参考になれば幸いです。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。