上品すぎて(^-^;・・・津、高虎ドッグマラニック-2019-12-10

2019.12.10(火) 2 DAYS Mie
まのちゃん
まのちゃん

活動データ

タイム

05:28

距離

32.5km

上り

84m

下り

84m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

今シーズン最大の目標を間近に控えながら、コーヒー豆を仕入れに行きたいってこともあって息子の車に同乗して津へ、前回とは違ったルートでの出勤だったので津工業高校近くの交差点で降ろしてもらって一路海岸方面へ 南北に通り抜けることは何度もしているけれど東西方向に動くのはめったに無い津市内、それでもランドマークとなる建物が見えれば現在地の把握は容易だけれど、念のためにGマップのナビ機能を使って最短ルートでたどり着いたのは・・・変わった建物という記憶があっても民家なのかお店なのかもわからずに通り過ぎていたところ、看板なんかなくっても「知る人ぞ知る」ってことで・・・地元民のちえみんによると、時間によってはとんでもない行列になっているらしいから宣伝の必要もないのかな? むさ苦しいじじいが一人で朝日の輝く海を見ながら窓辺の席で・・・どう想像しても絵にならないし、暖かいからテークアウトにして近くの海岸で食べることにして食べましたが、もう少し味付けが濃い方が私には(^-^;・・・おしゃれな雰囲気を楽しんで贅沢な時間を過ごす価格と割り切れば妥当な価格でしょうが・・・そんなことには縁のない私にとっては実用第一、コンビニのサンドウィッチならチョッといいのが同じ金額で2個買えるって身もふたもない計算が先に立って(^-^; 海岸線を通って、ついでに遊んでいるから目的のちえみんカフェに着いたのは10時半頃、11キロに2時間以上もかかって(^-^;・・・昨夜頼んでおいた豆をもらってからも基本的に海岸線、行き止まりに嵌りながらもなんとか津市を抜けて鈴鹿市へ 磯山駅で13時少し前、7~8分で名古屋行きが来るけれど距離が中途半端なのでやっぱり白子(しろこ)までと思い直して駅前のFでパンとコーヒーで昼食、その後白子駅の時刻表をネットで確認した際に高田本山駅構内で人身事故、ダイヤが大幅に乱れているってコメントを見て、途中で特急ばかりが走っている理由を理解、ダイヤはあてにならないってことでとにかく白子駅へ 白子駅には13時40分過ぎに到着、案内表示には37分の特急とそのあとの51分の急行が表示されており、改札の駅員にどのくらい狂っているのか確認したらおおむね15分ほどの遅れってことで30分待ちかと計算・・・いったん次の伊勢若松まで走るかと戻りかけたものの、すでに30キロを超えて予定をオーバーしていたので、やっぱりやめることにしてホームへ 特急は駅員の言葉通りの遅れだったけれど急行はわずか3分の遅れ、駅員の言葉を信じて走っていたら・・・急ぐわけでもないからいいのだけれど、止めると決めたらさっさと帰りたいのが人情、無事に四日市に戻り壊れた100均老眼鏡を買って帰宅しました(*^^)v

津工業高校の少し西からスタートしてここを経由
何度も前を通った記憶はあるけれど、ここがそうだとは知らなかった(^-^;
お店の北側から・・・お向かいは有名な洋菓子店T2
津ヨットハーバー
袋の中身は・・・保冷剤まで入れてくれましたが・・・荷物になるのでなぎさまちのゴミ箱へ
今月の限定品ってことで税込み618円(@_@。・・・お勧めはどれ?って聞いたらアボガドとエビのが一番人気って・・・どちらもそれほど好きじゃないし高かったので(^-^;
自転車通行止め???
原因はこれでした
津からセントレアへ・・・津のなぎさまち
悲しい思い出・・・今日も沢山の花が供えられてました https://www.huffingtonpost.jp/entry/kyohoku1955_jp_5c5d774fe4b0974f75b2df1f
メインの目的はここで豆を仕入れること(*^^)v・・・昨夜のうちに連絡をしておきました
三重大方面
町屋浦海岸
こんなところを通って
志登茂川浄水センター?
対岸に河芸マリーナ
河芸マリーナ
三重弁として強調される最後の「やに」・・・あまり使っていないような気がするけれど(^-^;
この先いやな予感
かつてここが入り口だったような?
なぜか特急ばかりが通過していきます?
予感は的中・・・強行突破はできるけれどUターンしました
ついでに行き止まりって書いておいてほしかった(^-^;
こんなのがあるんですね
想定外の距離になったのでここで終了
駅のホームで真っ二つ(T_T)
この中のダ〇ソーへ行って新しいのを買いました
距離調整に回った最寄り駅前の公園、やっと遊具も使えるように
ランナーズでぽちった商品の中に入ってました(*^^)v

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。