マイナールートで挑む-頭巾山-2019-12-09

2019.12.09(月) 日帰り
うー鳳仙
うー鳳仙

活動データ

タイム

05:32

距離

5.0km

上り

713m

下り

714m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

今日は上り(だごしゃん道)で頭巾山へ至り、下り(頭巾山-三郡自然水尾根ルート) で周回しました。 下りの尾根道の正式名称はわかりません。 ヤマップ地図、山と高原地図にも記載はないのでバリエーションルートといっていいかも知れません。 赤テープはあります。 全体を通して非常に面白い山行でした。 今回のミッションは、だごしゃん道で頭巾山山頂付近に抜けることでした。 前回、前々回と途中から尾根にとりつきピーク856方向に抜けました。 それが正規のルートかと思ってましたが、頭巾山に抜ける方が正規なんじゃないのかと思い直しました。 紙地図にだごしゃんの沢を通るようルートを記入します。 あとはコンパスで方向をこまめに確認しながら進みます。 頭巾山登山口から頭巾山コースを高度450m付近まで上ります。 右手に赤テープがあります。 ここからだごしゃん道へ向かいます。 だごしゃんの沢を渡渉し、沢の右手を上っていきます。 はっきりいって歩きやすいです。 しかし、いつのまにかキンキラキンのテープがあちこちに取り付けられていました。 視認性抜群のテープです。 遠くからでもなんなく確認できます。 少し興冷めしました(-_-;) こんなにわかりやすいんじゃなんか楽しくないな。 キンキラキンのテープが見えないところに行きたい・・ 道迷い防止のためには仕方ないことかも知れないんですけど。 登山アプリの普及で私のような初心者でもマイナールートに入ってくるようになりました。 そもそもだごしゃん道って沢ルートじゃん♪ 道など気にせず沢をそのまま上ればいいじゃない。 幸い水量はそれほどでもないので登山靴で行けちゃいます。 岩を越え、岩を越え、岩を越え・・ どこまでも続く大岩地獄。 こりゃたまらん。 最高です(^^) 道など気にせず・・ しかし道と違って時間がかかります。 上れるルートを探しながら滑らないよう慎重に進むので全然進みません。 時間を気にせず黙々と登ります。 マメにコンパスで進行方向の確認はしてたのですが、 あれ?だいぶ違う方向に進んでる。 もしや別の沢に入ってしまったか? 紙地図で確認するもそのときはよくわからずでした。 ここでヤマップ確認。 自分の現在位置がわかるのがヤマップの強み。 地図を拡大表示できるのもヤマップの強み。 なんか岩があるところで沢が2つに分かれている気がしたのですが、岩を越えてみると尾根といったかんじでもなかったので、水量が多いと思われた右側に寄ったかんじで進んでました。 それで外れてしまいました。 気が付いて振り返ってみましたが、沢の分岐まで戻るのが面倒です。 水平移動で正規の沢に行けました。 水量もなくなって枯れ木が増えてきたら山頂は間近です。 まっすぐ進んだら縦走路に出そうです。一旦縦走路にでましたが、引き返し、当初の目的通り、頭巾山山頂まで道なき道を行きました。 頭巾山に着いてほっとしました。 木々の隙間から見える仏頂-宝満系が素晴らしい景色に感じられました。 10分ほど休憩し、下山です。 頭巾山の別尾根ルートのとりつきがどこかよくわかりませんが、この尾根だろうと適当に寄っていきましたら赤テープがありました。 尾根はだいたい一直線に伸びているかんじです。 コンパスを進行方向に合わせます。 方角は確定したのであとは下るだけです。 こまめにコンパスで確認しながら。 途中、倒木がたまった個所があり、行きたい方向に行けません。 仕方なく左に巻こうとしますが、ここで方向感覚が狂ってしまいます。 だいぶ違う方向に下りてしまいました。 あっちの方に行きたいんだけど、 木の枝や倒木が多く進めません。 意を決して藪漕ぎ上等と尾根への復帰を目指します。 途中崩落個所もあり、一旦上方へ逃げ尾根に復帰しました。 正直びびってました(;'∀') このまま暗くなったらどうしようと。 間に合って良かったです。 16:30でまだ明るかったですが、ここでヘッドライト装着です。 17:30には下山できると思いましたが、ケガなどで遅れることも考えられます。 ヘッドライトを点けて少し安心(^^) 無事、三郡自然水まで抜けることができました。 ここからアスファルトを通って下山することもできたのですが、せっかくなので三郡自然水直登ルートで下山しました。 薄暗いせいか手強い道のように感じられました(^^) 頭巾山山頂で休憩中、エナガの群れがはいってきました。 まるまるとしてとても可愛らしかったです(^^)

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす