Lv.10になったのでボス鬼に会いにいく⚔️

2019.12.08(日) 日帰り Fukui
RYO
RYO

活動データ

タイム

03:57

距離

9.1km

上り

792m

下り

791m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

先週ラストと言ってたくせにね。また行ってきたんですよ。 朝掃除をしていると実家から電話が。『大根、白菜もってけ』と。ありがたいですね、カブや漬物などもいただいて。そして、じゃあやっぱりオニちゃん行こうかな?と。 まさかまさかの3週連続(この時期に毎週登れること自体スゴいのだが)、そしてYAMAPでついに10回目となるオニちゃん。 ならばそろそろラスボスに挑戦してもいいんじゃないか、会いに行けるんじゃないか、ということで行って来ましたボスヶ岳。 時計回りの周回です。景色も良くないだろうと今まで敬遠してましたが(まぁ予想どおりでしたが)、トレランにはマッチするのかもしれませんね。 ただふと疑問が。この道は何のために存在する?例えば山頂への登山道や、ピークとピークを繋ぐ尾根道、昔街道だった峠越え、たくさんの人が通って自然とできた道というのはありえますよね。 でもこの奥鬼ヶ岳からゆるやかに下りながら蛇ヶ岳へと回り込む周回道は、昔の生活上必要だったとは思えないんですよ。かといって、昭和の登山ブームで新たに開拓された登山道とも思えない。 武生から宮崎村に抜けて海へ出る昔の街道?いやこんな中途半端な尾根道は通らないはず。今の県道190号小曽原武生線のように、大虫川沿いに進んで安養寺手前で山越えした方がベターなはずです。 今の安養寺トンネル、さらにその前の安養寺隧道(廃道)、調べるとさらにその前の明治時代の廃トンネルもあるようなのですが、それらより前時代の交通に使われていた?名残なのか、遥か昔の時代に想いを馳せながら、ぶつくさ独り言いいながら歩いたわけです。 初のボス鬼からの周回は、休憩なし、補給なしで約4時間。結構かかるというか、ヘタレというか、こりゃ来春に向けて小鬼、大鬼、白鬼で鍛え直しだなぁ。 【鬼ヶ岳~蛇ヶ岳 時計回り】 距離:約9km 時間:約4H タイプ:O 体力:★★☆☆☆ 危険度:★☆☆☆☆ オススメ:★★☆☆☆ ●鬼ヶ岳までの正面コースはいつもの通り急登の連続。鬼ヶ岳山頂からカントリーコースへ下りる途中で右に分岐し奥鬼ヶ岳、蛇ヶ岳を目指す。これでもかというくらいのリボン、テープのおかげで、低山樹林帯でありがちなルート不明瞭なための道迷いの心配も不要です。管理してくださっている方に感謝。途中で一旦林道に出て、蛇ヶ岳山頂手前が急登となります。大虫の滝手前で水捌けの悪い谷間の道となりますが、全体的にはドライで安全なトレランコースという感じです。注意点としては、山中にはトイレがないこと、ほとんど人に会わないこと、奥鬼を過ぎると休憩ポイントがなくなること、結構遠い、というあたりでしょうか。またいつかお花の咲く季節に、何が咲いているのかわくわくしながら歩いてみたいですね。

いつもの正面コースから
花?
雨が降った?少しウエットな登山道
ふぅ到着、先週よりは速く登れたよ
カントリーコースと奥鬼ヶ岳への分岐を右に
これ好きなやつ、デザートカモ
日野山が見える展望台で一休みしようと思ったけど風が冷たくてスルー
初めての奥鬼ヶ岳🔰ようやくラスボスに会えました❤️
至るところにリボン、テープがあるので迷う心配はありません
ここって何のための道なんだろう?って考えながら歩いてました
右手は急峻、ダムが見えます
落葉してるので見通しはそこそこいい感じ
この窪みは安養寺側に抜ける峠越えの旧道のように見えるが…
この辺りが旧安養寺隧道の上あたりになります、この窪みも峠越えの名残なのかも
なんの木なんだろうね
ここで一旦林道に出ました
ちょっとだけ林道を歩いて、
再び右手の登山道に戻ります
ここが急登なんです
ふぅ、蛇ヶ岳山頂到着
山頂には3つの祠がありました
少し下りた弘法大師堂で久しぶりに人と会ってビビリー、後で判明しましたがヤマッパーさんでした
お堂の中はキレイに管理されてます
蛇ヶ池伝説
最後にジメジメしている谷を通って大虫の滝に出ます
滝は崩壊してるので立入禁止
鬼ヶ岳登山口にはトイレはなく、ここにありますが…
壁から生えてるホース、どこから水が?
グルリップ完了、結構時間かかったね💦

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。