半作嶺と三ツ森山 乙女の寝顔は気高くて

2019.12.07(土) 2 DAYS Wakayama
ちっちょ
ちっちょ

活動データ

タイム

05:49

距離

5.8km

上り

576m

下り

574m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

山岳会の例会で半作嶺(はんさみね)と三ツ森山へ 関西百名山の1座となる半作嶺は和歌山のちぃ~と奥まった場所にあって、 日帰りするには重い腰があがらない 山岳会の方が関西百名山にチャレンジ中で、便乗参加する事にした♡ 半作峠北登山口から半作峠へ登り、半作嶺に行き 半作峠まで戻って三ツ森山ピストンをするコース 等高線を見ても最初の半作峠の登りまでしんどくて、 後は小さいアップダウンだけじゃな~い、と思っていた しかし、乙女の寝顔は手ごわかった 何故、乙女の寝顔かと言うと、離れた場所から半作嶺の稜線を見ると、 ちょうど「乙女の寝顔(横顔)」のように見え、半作嶺が鼻の部分になっている 登山口から峠まで薄暗い林相の中、所々に大きな岩が点在している 峠には2体のお地蔵さんが鎮座していてた 「紀伊続風土記」に半作嶺が載っていて、 半作嶺の山頂近くにミズメザクラの大木があったと記されている こんな山深い場所でも人の往来があったと思うと感慨深い 峠から半作嶺へ行く道にピンクテープや黄色のテープ、白もあった 林業関係者の方が使用するピンクテープもあるようで、たくさん目に付く 標識もあるが、しっかり地図を読んだ方かいい そう…しっかり地図を 木の根が張りめぐる斜面を登る 標識は左に進むようになっている所を直登して稜線に出た 地図も見ずに感覚だけで半作嶺は左と判断する 先頭を歩いていたリーダーがちゃんと正しい判断をしてくれたので、 間違って歩き進む事は無かったが、ピンクテープだけで判断した自分が嫌になった 一緒に歩いて頂いたメンバーの方は皆さんベテラン揃いで、 本当に一つ一つ学ばせて頂く事ばかりだ 低山ほど難しいと言われた通り、自分自身のおごりを痛感した 気持ちが凹みながら歩いていると、乙女の鼻が現れた 乙女の鼻はツンと高く、四つん這いになりながら登る 広くない山頂に着くと高尾山、入道山、法師山、大塔山が見渡せた しばらく談笑して引き返し、半作峠まで戻って三ツ森山へ 半作嶺より半作峠からの距離は倍ぐらい、細かいアップダウンが続く 三ツ森山に近づくにつれ、虎ロープが設置されている箇所が出てきた あれ~登って行くのに、何でここで激下りなん? トラバースもちょっと足場わるぅと悪態をつきながら通過 ここはハイキング感覚で来ちゃダメだわ・・・ 乙女の寝顔 キビシイ寝顔だった 三ツ森山山頂には大岩があってスリル満点 大岩の先っちょにぷるぷると震えながらと立つ お尻を擦りながら安全な場所に戻りホッとする さぁ来た道戻りましょう あ~あの場所登ったり降りたりするのねと気持ちがブルーになる この稜線は乙女の胸元あたりになるのかな? 乙女に「あんた達、私の顔を簡単には歩かせないわよ」と言われたようだった

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。