上海の1800年の歴史誇る名刹「静安寺」を歩く!!その後の二日酔い?

2019.12.06(金) 日帰り

活動データ

タイム

01:46

距離

6.2km

上り

521m

下り

453m

活動詳細

もっと見る

午後の「静安寺」は参拝者が多過ぎ「雑音寺」だった。 かなり豪勢な建物が、街のど真ん中に鎮座する。 入場料も、「香花券・功徳金」と称して50元取られました。 一日の短い今、日も沈み始めたので、早々に退散・・・・ 上海に来て最初に泊まった、福州路のホステルのドミトリーのヒドイさに、(>θ<) ほとんど地方出の中国人の出稼ぎや、職探しの連中ばかり。 マナーは皆無・・・ (へ。へ)ζ トイレはやりっぱなし流さず、 洗面所やシャワーは水浸し、部屋のテーブルは汚したまんま、(>θ<) スマホの音は鳴らしっぱなしで、イヤホーン使う感覚も無し、 夜中に仕事から帰り、寝てるのに部屋電灯を無配慮に点けるわ。 ベットのカーテンすら無い二段ベッド。中国語で同室人にまくし立てた。(へ。へ)ζ マナーが悪い出稼ぎ中国人を多く泊め、注意もしない、ホステル経営者も、 ロクでないが・・・ (へ。へ)ζ 毎度の事の中国。そんな中国人嫌悪気分の時、 慣れては居るが、帰りの地下鉄駅で事件が起きた。 地下鉄出口で、トラブル・・・ カードが機械に詰まってゲートから出られない。 駅員とすったもんだ10分。20分待ってもラチ開かず、 「あっちの出口から出ろ!」と言われても。中国語で捲くし立てた。(へ。へ)ζ そっちのゲートの駅員も「カード持ってないのか?」と言われ、 カード詰まった事言っても、聞く耳持たない。出るに出られない!! (>θ<) しょうがないので、乗客に沿ってゲートから出たら、私服警官に呼び止められた。 他にどうやって出るのか?駅員の融通の無さと、事の処理の遅さ。 「来い!」と私の腕を引っ張る警官に、事を説明するが、案の定ラチ開かない。 「機械に詰まったカードを見ろ!ここにオレのカード有るから指で触ってみろ!」 と言っても無視。頭に来たんで「オレは怒ってる!外国人の客だ!」 なれた中国語で警官と駅員に捲くし立てた。(⌒▽⌒)V 私服警官も怒り始め色々言うが、そんな時は「我是外国人・・你说的听不懂!」 (オレは外国人だ、お前の言う事なんか分かるか!)と、とぼけるのが最良。 「お前らや中国にとって、オレら外国人の旅行者は重要な客だろが~!!」 言うだけの事は捲くし立て、言い負かす。それが中国人に対応する鉄則!!(⌒▽⌒)V 制服の警官が数人集まって来て、その私服警官を抑えなだめ始めた時、 駅の修理員が30分以上経ってやっとやって来て、機械を開け私のカードを取り出した。 やっと出られた。「ホラ見ろ!」と、くだんの私服警官と数人の制服の警官に 「オレは外国人の客なんだ!」と・・・ 捨て台詞を言って駅を出た。 その夜のホステルは、飲んでた欧米人のバックパッカーの、普段の中国人への不満に、 共感されたようで、そのくだんの地下鉄での話に、大盛り上がり!! 結局、北京の名産55度「紅星二鍋頭」を、一本開けてしもた~~!! 結果、翌日までアルコール残ってしまい、7日はせっかくの土曜日なのに、 一日中寝てました。・・・・・あとで「WeChat」で、日本に居る家内にお目玉喰らい・・・ (>θ<) 今夜も、バックパッカー用のドミトリー、ベッド下段一泊85元(1352円)

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。