初の杭州で二つのリハビリ山登り!西湖のタ日にゴッツァンです!!

2019.12.05(木) 日帰り

活動データ

タイム

04:40

距離

11.0km

上り

634m

下り

573m

活動詳細

もっと見る

上海に来て最初に泊まった、福州路のホステルのドミトリーがあまりにヒドイ。(>θ<) 蘇州に行く前に山西路に別なホステル予約し、蘇州から戻りさっそく引っ越し。 前のとこは欧米人がまったくドミトリーに居ず、地方出の中国人の出稼ぎや、 職探しの連中ばかり。いくら外国バックパッカー客相手のドミトリ安宿でも、 昔ならあり得ない事。最近の中国国内情勢が透けて見える・・・ (へ。へ)ζ やつらマナーが悪いから大変。そんな人間を多く泊めるホステル経営者も、 返金もせずロクでない。安い銭なんで捨てたつもりだったが・・・ (へ。へ)ζ トイレはやりっぱなし流さず、洗面所やシャワーは水浸し、部屋のテーブルは汚したまんま スマホの音は鳴らしっぱなしでイヤホーン使う感覚も無し、夜中に仕事から帰り、 部屋電気を無造作に点ける。ベットのカーテンすら無い。有名ジャズバーのまん前なのに・・・ 新たなホステルのドミトリーは絶品の方一泊100元だ。引っ越してすぐに、 「杭州」行きの準備を・・・ザックとショルダー持って上海駅で高鉄乗車券73元を買う。 高鉄は速いですね。あっと言う間に「杭州」着。日帰りが出来て便利ですね。 前日の夜に急きょ来る事を決めた「杭州」なんでコピーの紙資料は無い。 (>θ<) なんでか今まで使ってた「移動SIM」カードが使えないので、 (>θ<) また「Wi-Fi」だけが頼りじゃ、移動中は調べる環境が悪い、精々「無料Wi-Fi」頼りのみ。 まず、地下鉄に乗って「水澄橋」まで行く。日帰りじゃ時間的な余裕も無い。 バス路線バス停調べる余裕もなかった。めずらしく「打車」する。「去六和塔」と言って・・・ 今回もスマホのネット系使えなくて、YAMAPのオフラインGPS軌跡機能に助けられました。 銭塘江の北岸の「月輪山」は標高200米ほど。その麓に「六和塔」は建つ。 「六和塔」を見てから「月輪山」を登ってみました。 途中には数多くの仏塔が立ち並び圧巻です。中国の寺でこんなに林立する仏塔・・・ ・・・30数年色々中国の寺院見て来たが、初めての経験・・・・・ (⌒▽⌒)V 登る人もまったく居なくて、静かで、静寂の中に鳥のさえずりが聴こえます。 (鳥の鳴き声・・・動画を撮り、編集までやったのに理由不明だが消えてしまったMP4データ) 下山して、また珍しく「去雷峰塔」と・・・「打車」して・・・安いよね15元程度で 走るんだから・・・・・ (⌒▽⌒)V ただ「雷峰塔」は20元取りました。 雷峰塔を見たあと、西湖の北端の西湖十景まで、20元で、 雷峰塔の公園出口から、電動カートに乗ってみた。・・・オッ!・よ・よ・よ・よ!! 湖畔のルートは、遊歩道のど真ん中を堂々と、走るのだからスゴい。さすが中国!! (動画を撮り、編集までやったのに理由不明だが消えてしまったMP4データ) 「西湖十景」で、お腹が空いたので、湖畔の店に食べに入る。 「菜単」見るなり、目に飛び込んで来たのが、土豆香炒(ジャガイモとニラの香炒め) わたし北海道出身なんで「土豆」が大好物なんです。 そこから歩いて登った、ここも標高約200米ほどの「宝石山」 酸化的の含んだ岩山は、夕日を浴びると赤く輝いて見えるので、この名が付いたと。 六角七層の「宝石流霞」は残念ながら修理中で、竹足場の中でした。 若い学生らしき若者が多く宝石山岩場に登ってました。 岩場によじ登ると、夕日に赤く染まった「西湖」が一望されました。 ※:「打車」・・・・・タクシー(または白タク呼び止め乗る事) ※:「去〇〇〇」・・・・・「〇〇〇に行ってくれ!」との意味

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。