甲武信ヶ岳~金峰山~瑞牆山 テントで2泊3日 2019-11-29

2019.11.29(金) 3 DAYS

活動データ

タイム

25:51

距離

62.0km

のぼり

3810m

くだり

3811m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
9 時間 39
休憩時間
56
距離
17.5 km
のぼり / くだり
1859 / 954 m
19
1 5
1 36
22
25
44
31
2 15
4
19
DAY 2
合計時間
8 時間 9
休憩時間
1 時間 15
距離
12.9 km
のぼり / くだり
1124 / 1688 m
DAY 3
合計時間
8 時間 2
休憩時間
0
距離
31.5 km
のぼり / くだり
825 / 1167 m

活動詳細

すべて見る

毛木平に車を止めての縦走をしてきました。 瑞牆山~雲取山を歩きたかったのですが、車回収が大変なのと天気で少し短縮したコースにしました。それでも長めですが。 初日が寒波により極寒で登山口で-9度、山頂やテン場はもっと低かったと思われます。 初日は一組にしか会わず静な山歩き。 雪多めでしたがアイゼン必要なシーンはなくつぼで歩きやすかったです。 甲武信ヶ岳~国師ヶ岳はひたすら森のなかで日差しが入らず風は微妙にはいってくるのですごい寒かったです。道は悪くないですが倒木が多く、木も登山道に被るようなものもあり雪が身体に付きます。時々の展望しかなく、長いアップダウンで自分との戦いでした。 大弛小屋は早めの小屋閉めで無人、峠道も閉鎖されています。 冬季避難小屋としては使えますし、小屋の納屋に水場もあります。泥が入るためろ過するものがほしいです。 テントが張りたかったためテント泊で、トイレは駐車場にあります。 かなりの極寒でナルゲンは凍って開かなくなり、テントのジッパーも凍りつき、と今季初の雪中テント泊にしては厳しい環境でした。 二日目は初日よりも展望多め、土曜日なのもあり金峰山を過ぎると人がたくさんいました。 また金峰山の下りから雪はほとんどなくなります。 二日目もアイゼン不要でした。 金峰山からは下りメインで富士見小屋まで。テン場は他に5張りほどテントがありました。こちらは雪一切なし。 テント設営後、空荷で瑞牆山へ。 結構な岩場で下りの人が多いと待つのが面倒です。何ヵ所か岩が凍りついているのでそこを踏まないように注意です。急登でも空荷だと早かったです。 夕陽、星も見れ満足です。 三日目は富士見小屋~瑞牆山荘まで降りたあとは道路を30kmほど歩いて毛木平へ。 二日歩いたあとで、信州峠越えもあり割と大変。特にアスファルトは体力は使わないですが、足裏が痛い。 晴天の土日であまり人のいない場所でテントを張りたいと思ってきた今回のルート、天気はもちろん良く、アルプスや八ヶ岳もみえ景色も大満足でした。 気温は低かったですが、樹林帯で風のほとんどない冬のテントで、冬初めには最適だったと思います。 今度は夏に瑞牆山~雲取山をやりたいですね! あと下山後の立ち寄り湯は、毛木平から車で20分ほどのヘルシーパーク川上が300円で入れて冷えた身体を暖めてくれました!

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。