冷気にピンと張った富士を眺めながら塔ノ岳、鍋割山(県民の森駐車場から周回)

2019.11.30(土) 日帰り
kent0426jp
kent0426jp

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

中井PAに前泊、県民の森駐車場まで約40分。 コースは、二俣から堀山の家までは昭文社の地図では破線で、道迷いが多発しており危険と警告がありましたが、赤テープも要所についており、登りに使う分にはそれほど問題はないと思います。 雪は花立山荘より上部に残っており、金冷しの細尾根の木の階段及び登山道が凍っていました。塔ノ岳への木道にも雪がついていました。また、鍋割山までの登山道にも雪がありましたが、アイゼンは不要でした。 鍋割山からの下りは霜柱が融けてぬかるんでいます。 櫟山から県民の森駐車場までは昭文社の地図には載っていませんが、県民の森の散策道で良く整備されています。 日帰り温泉は秦野天然温泉 さざんか 850円。多くの登山者が来ていました。

丹沢山 6時に着いた時は4台の車が来ており、白線のスペースは残り1台分でした。
6時に着いた時は4台の車が来ており、白線のスペースは残り1台分でした。
丹沢山 6時15分、少し明るくなるのを待って出発。最初のゲートです。1月に来た時はこの付近にも駐車していました。今回は駐車場の所で通行止めでした。
6時15分、少し明るくなるのを待って出発。最初のゲートです。1月に来た時はこの付近にも駐車していました。今回は駐車場の所で通行止めでした。
丹沢山 ここの紅葉は綺麗でした。
ここの紅葉は綺麗でした。
丹沢山 遠目に見る紅葉もなかなか。
遠目に見る紅葉もなかなか。
丹沢山 2番目のゲート
2番目のゲート
丹沢山 山が朝日に焼けていました。天気が良い日だけの景色を大いに楽しみながらの登山。
山が朝日に焼けていました。天気が良い日だけの景色を大いに楽しみながらの登山。
丹沢山 オッと、このまま直進しないで堀山の家への上りに入ります。二俣です。
オッと、このまま直進しないで堀山の家への上りに入ります。二俣です。
丹沢山 警告文がありました。下山の時に暗くなり迷ってしまったようです。登りなら迷う心配はありません。
警告文がありました。下山の時に暗くなり迷ってしまったようです。登りなら迷う心配はありません。
丹沢山 グラデーションの紅葉。
グラデーションの紅葉。
丹沢山 1月に来た時にはこんな場所はありませんでした。台風19号の余波でしょうか。
1月に来た時にはこんな場所はありませんでした。台風19号の余波でしょうか。
丹沢山 渡渉点です。
渡渉点です。
丹沢山 渡渉後急登を登り上げ、尾根に出ます。
渡渉後急登を登り上げ、尾根に出ます。
丹沢山 道迷い防止のためロープを張ってくれています。さすが丹沢、気配りが行き届いていると実感しました。
道迷い防止のためロープを張ってくれています。さすが丹沢、気配りが行き届いていると実感しました。
丹沢山 堀山の家には3人休憩していました。大倉尾根を登山客がどんどん登ってきます。
堀山の家には3人休憩していました。大倉尾根を登山客がどんどん登ってきます。
丹沢山 先週の金峰山とは大違いの青空が眩しい。
先週の金峰山とは大違いの青空が眩しい。
丹沢山 大島が見えます。
大島が見えます。
丹沢山 先週の金峰山はガスで真っ白でしたが、今日は快晴、真っ白な富士山が。
先週の金峰山はガスで真っ白でしたが、今日は快晴、真っ白な富士山が。
丹沢山 右が愛鷹山。真ん中が金時山。
右が愛鷹山。真ん中が金時山。
丹沢山 霜柱がニョキニョキ。
霜柱がニョキニョキ。
丹沢山 花立山荘での展望。
花立山荘での展望。
丹沢山 周りはガチガチの氷。
周りはガチガチの氷。
丹沢山 金冷しの手前から凍結箇所が出てきました。
金冷しの手前から凍結箇所が出てきました。
丹沢山 ここもしっかりしたパイプの手すりがあって安心。
ここもしっかりしたパイプの手すりがあって安心。
丹沢山 頂上から戻ったら、ここから鍋割に行きます。
頂上から戻ったら、ここから鍋割に行きます。
丹沢山 これぞ塔ノ岳からの富士山です。
これぞ塔ノ岳からの富士山です。
丹沢山 遠くに八ヶ岳。
遠くに八ヶ岳。
丹沢山 塔ノ岳での大展望。富士山と南アルプス。右に白い北岳と黒い甲斐駒ヶ岳が見えます。
塔ノ岳での大展望。富士山と南アルプス。右に白い北岳と黒い甲斐駒ヶ岳が見えます。
丹沢山 左に大島、真中に利島、新島、右にかすかに神津島が見えます。
左に大島、真中に利島、新島、右にかすかに神津島が見えます。
丹沢山 こちらは大山。
こちらは大山。
丹沢山 江の島
江の島
丹沢山 尊仏山荘の太った老猫に逢いたかった。
尊仏山荘の太った老猫に逢いたかった。
丹沢山 金冷しから鍋割山へも雪が残っています。
金冷しから鍋割山へも雪が残っています。
丹沢山 各所で富士山が目を楽しませてくれます。このコースならではの贅沢です。
各所で富士山が目を楽しませてくれます。このコースならではの贅沢です。
丹沢山 案の定、鍋割山には人がいっぱい。昼には早いけど、折角の景色ですから早めのランチ。
案の定、鍋割山には人がいっぱい。昼には早いけど、折角の景色ですから早めのランチ。
丹沢山 鍋焼きうどんを待つ長い行列。
鍋焼きうどんを待つ長い行列。
丹沢山 1500円になっていました。
1500円になっていました。
丹沢山 大倉尾根も大勢登ってきましたが、鍋割山へも数えきれないくらい人が登ってきました。
大倉尾根も大勢登ってきましたが、鍋割山へも数えきれないくらい人が登ってきました。
丹沢山 後沢乗越。ここから二俣に下りないで栗ノ木洞に向かいます。
後沢乗越。ここから二俣に下りないで栗ノ木洞に向かいます。
丹沢山 栗の木洞
栗の木洞
丹沢山 櫟山はあまり人が来ないらしく、ススキの原になっていました。ここから駐車場まで県民の森を下ります。
櫟山はあまり人が来ないらしく、ススキの原になっていました。ここから駐車場まで県民の森を下ります。
丹沢山 帰りには駐車場から溢れた車が数多く路駐していました。
帰りには駐車場から溢れた車が数多く路駐していました。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす