浦臼山 「林道」

2019.11.30(土) 日帰り Hokkaido
てふてふ
てふてふ

活動データ

タイム

03:56

距離

7.7km

上り

536m

下り

533m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

登山できない日に、よく林道を走る。 山 (森)に入るだけで楽しい気分になるのと、 好奇心 (林道がどこまで続いているのか)で どの林道にも入っていきたくなる。 けど、通ったことのない林道は、心臓が ずっとバクバクいっている。 (1本道ならまだしも、分かれ道も多い) 車のナビも正確に作動しないし 携帯の電波も届いていないし 助けを求められない場所ならなおさらだ。 一体どこに向かっていて、この先に 何があるのかもわからない恐怖は 単独登山にも勝る。 Uターン出来るところはあるのか? 車が埋まったら、ここから歩く? そんなだから、バック技術だけが ものすごく磨かれたような気がする。 (埋まりたくないし、崖から落ちたくない のでUターンが出来ない。たぶん苦手) そんな思いをしてでも、林道を走りたく なるのは、通らなければ気づけない 小さな発見を沢山したいからだと思う。 (山菜には興味はないけれど、リース作りの ための素材集めもかねて) そして、何よりわくわくするのは ふだん目にとまらない山も見えてきて、 どの山もすぐに登れるような気になることだ。 そうやって、夏の間 登りたい山をリサーチ してきた。 けれど、林道に雪が積もることを 考えていなかった。 冬になって、雪に覆われ 藪が消えたら 登りたい!と思っていた あの山も、 この山も、、、 雪で林道を走れないではないか。 活動日記 長い林道歩きを避けるために どこの山がよいかと考える。 運良く、さほど積雪もなく登山口近く まで行けた。 浦臼山までの登山道は、車で行けるほどの 広さがあるので、気持ちよく歩ける。 (夏ルート通りに登りました。ショートカット はまだまだできそうになかったです) 障害物がないのは、雪が多少深くても 歩きやすい。(藪漕ぎよりは疲労しない) 幸いにも 熊気配もなく、天候にも恵まれ て、雪山登山を存分に満喫できた。 山の中は夏も静かだけれど 冬は更に静かです。 (私の呼吸の荒さが響きます) 昨年まで、閉鎖されていた浦臼山。 やっと開放されたので、これから もっともっと浦臼山を楽しみたい! 浦臼山に乾杯🍻 ※ 写真に詳細いれてます

国道から3キロ弱地点。 右に上がると浦臼ワイナリー 左手に進みます。 真冬はこの地点で通行不可(雪が積まれてる) 登山口まで、林道3キロ強?4キロ?を 歩くことになります😔
林道のラストチャンスですね。 そう思って、やってきた😁 車の跡もついてます。 ちなみに音江山の林道も、まだ登山口まで 行けましたよ!(11月28日現在)
先程の分かれ道から 1キロ地点の2叉路。 左に進みます。 この後、1キロほど進んだところで 車の跡もなくなりました。
砂防2つ目で、後ろを振り返ると 遅れてやってきた、相方の車が埋まっていて💦 救出させるのに、ひと汗流した🤣 進むのは断念して、安全なところまで 戻ることに。 けど、戻る途中も2回も埋まり、救出作業に 1時間以上を要していたことに、今 きづいた😔 二駆⁉️⁉️よく来たな🤣🤣🤣 雪の林道を侮ってはいかんぜよ🤣
彼女の車は2叉路地点に停めて 1台で、砂防2つ目(登山口手前500メートル) まで来て歩き出します。 登山口まで行けそうだったけれど 用心して辞めておきました。 はい、、車は林道ど真ん中に とめたまま😓 帰りはもちろんバックで🤣
今日はスノーシュー VS ワカン スノーシューの勝利でした😔 理由はのちほど、、
山頂までキツネとウサギの足跡が たまにある程度で、人間の足跡は なかったです😢 20センチ強の深さでした。
テンション高め。 最近、笹深いところしか 歩いてなかったので、雪原が嬉しすぎる😍
登山届の箱も雪に映えて 可愛い😍 砂防からの水も凍ってなく 春かと思うほど暖かかった。
曇りだけれど無風。 浦臼山は登山道が林道なみに 広いので、道迷いもしにくくて いいですね😊 雪板にも良さげ😊
ものすごく浅いのだけれど、 ここでわかんのツメが死にました。 濡れた舌を冷凍庫に引っ付けたのを 想像してください🤣くっつきますよね。 あの原理です。濡れたツメに雪が くっついて、ツメがダンゴに😭😭😭
暑くて全部(上着だけですよ🤣) 脱ぐ。
気温は低いですよ! 手袋についた雪の結晶❄️
死んだ わかんのツメ😩 雪団子を落としても落ちない😓 重くて仕方ない😭 そんなワカンと、彼女のスノーシューを ばくりっこ😁
スノーシューが軽すぎて快適! 一気に前に躍り出る😁
そして、またばくる、、😔 わかんが重い😭 スノーシューは快適そうだ。ちっ
彼女と距離をつめると 「どんなけ息が荒いのさ」と 言われるので、少し距離を置く。 そうですよ〜。舐めた飴がぶっ飛ぶくらい 激しく口呼吸してます🤣 彼女はいつも、息ギレもしてない。 たぶんモンスター😁
夏なら1時間くらいで登れる?のに、 休憩なしで2時間半もかかりました😔 2番手でも、足の疲労😓
ついたー‼️‼️ シンドければシンドイほど 登頂の喜びは大きい💕
山頂標識は三角点のすぐ先にあります。 ここで軽くエネルギーチャージ。 甘いものが非常に美味しい😊
これより先はキツネちゃんの足跡のみ
また、ここに立ち寄る。
ここからの景色。 あそこは吹雪なのだろうか?
雪の空知平野😍
彼女はスノーシューを 脱いだり履いたりしながら降りてました。 私もそうだけど、スノーシューの 下山は股関節が痛くなる😔
登山口到着‼️ 今日も無事に下山できました!
帰路に。 中央が浦臼山です。 登った山を見ながら、山頂で 食べるはずだったオニギリ食べました。 登った山を見ながら、ボーーーッと するの大好きです。 なんなら、それをツマミに酒でも🍶 ぐらいに浸れる。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。