ヤブ山突撃隊様追悼 法師山登山

2019.11.30(土) 日帰り
ショーゴ
ショーゴ

活動データ

タイム

03:34

距離

6.2km

上り

549m

下り

552m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

【悼辞】 自分が登山をはじめてから暫く経った位の時、ふと面白いページを見つけた。 その名も「ヤブ山突撃隊」西中国山地界隈の、あまり人が立ち入らない山、もしくはちょっと変わったルートを紹介しているものだ。 当時の山岳会も一目置くほどの登山チームだったと聞いている。町や市からの調査依頼もあったほどだ。 自分は夢中で読みふけった。そして後を追うように登りはじめた。思えば自分のマイナー登山志向はここで決まったとも言える。 安蔵寺カレイ谷コース、莇ヶ岳右ヶ谷コース、鈴ノ大谷山インクラインコース等、それはハードな登山ばかりだった。中でも鹿足河内山の沢を登りきった時の光景は強烈に脳裏に焼き付いている。 先日そのヤブ山突撃隊の管理人さんが亡くなられたことを知った。ここ数年は病気で苦しんでおられたようだ。「また山に登りたい」気持ちが痛いほど伝わってきた。 自分の次の目指す山を決めるのに時間はかからなかった。 「法師山」 名峰青野山の影に隠れひっそりとたたずむ山。 ヤブ山突撃隊結成後まもなく登られたヤブ山。 YAMAPで未だ登頂記録が無い山。 ヤブ山突撃隊を偲ぶ登山であるならば、ヤブ山に登らないと失礼にあたるというものだ。そうですよねヤブ山Jr殿。 そこにはヤブ山突撃隊の残した遺産が紛れもなく存在していた。あなた方の歩いた道は、今や立派なメインルートになりました。 若輩ながら、私もヤブ山突撃隊の志を受け継ぎます。まだ見ぬ西中国山地の秘境を歩きこのページで少しでも記録を残せれば、と思っています。 今頃は天国で藪漕ぎされているのでしょうか。 見守っていて下さい。 ご冥福をお祈りいたします。 令和元年11月30日 ショーゴ

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす