初めての冬の久住

2014.01.18(土) 11:35 - 2014.01.19(日) 14:18
久住3回目ではじめての雪山。 1日目は法華院温泉山荘へ着くのを第一目標として、長者原~雨ヶ池~坊がつるのコース。 何度もアウトドアショップに通い、装備は万全。初のアイゼンも快適でした。 山荘では温泉や食堂で明日のコースについてアドバイスもらったり、同じ趣味があると年代が違っても話が盛り上がります。 2日目は山荘からすがもりコースへ、北千里浜~久住わかれ~御池~中岳の予定…でしたが… 北千里浜の手前であたり真っ白。 まっすぐ目指しているつもりでもいつの間にか右に逸れていることがわかり、ヤマップの地図で軌道修正できました。 ここからが本当にきつくて何度も弱音を吐きそうになりながら、仲間や後ろからきた登山客の男性に助けられて何とか久住わかれに到着。 凍ってる御池に着いた時は本当に嬉しかった。 視界不良で中岳はあきらめて避難小屋へ戻りお弁当を食べて、悪天候を考慮して帰りのコースを牧ノ戸方面に変更。 「さぁ~帰るかぁ~」ととぼとぼ小屋を出たところで… 急に、一瞬で、今までの吹雪が嘘のような晴天に! 今までまったく見えてなかった山々が次々とクリアに見えてきて、空の青と山の白にド感動。 あの吹雪も、道を逸れたことも、お弁当が半分凍っていたことも、すべてを飲み込んでのプライスレス!!!!! 冬山の大変さも素晴らしさもどちらも味わうことができた2日間でした。

写真

長者原からスタート

長者原からスタート

まだ雪は降ってなかった。

まだ雪は降ってなかった。

順調。銀世界に楽しくてにやける。

順調。銀世界に楽しくてにやける。

少し登ってきたら雪が降ってきた。

少し登ってきたら雪が降ってきた。

見晴らしのいいベンチのところまで来てアイゼンを装着。

見晴らしのいいベンチのところまで来てアイゼンを装着。

雨ヶ池まできた。テンション上がる!

雨ヶ池まできた。テンション上がる!

坊がつるを望む。あと一息。

坊がつるを望む。あと一息。

やったー!着いたー!!

やったー!着いたー!!

法華院温泉山荘に泊まります。

法華院温泉山荘に泊まります。

ストーブの周りでじゃれる。楽しい時間。

ストーブの周りでじゃれる。楽しい時間。

温泉入ってからの夕食

温泉入ってからの夕食

大活躍のレインウェアたち

大活躍のレインウェアたち

2日目のスタート

2日目のスタート

北千里浜までの道は急でした。

北千里浜までの道は急でした。

黄色い丸が本当に心強い。

黄色い丸が本当に心強い。

北千里浜手前であたり真っ白。風もものすごく強かった。このあとは写真を撮る余裕なし。

北千里浜手前であたり真っ白。風もものすごく強かった。このあとは写真を撮る余裕なし。

御池着。ここまでの道のりが本当に大変だったけど、着いた途端テンションMAX!!

御池着。ここまでの道のりが本当に大変だったけど、着いた途端テンションMAX!!

中岳はあきらめて避難小屋へ。うっすらとしか見えない。

中岳はあきらめて避難小屋へ。うっすらとしか見えない。

一瞬、本当に一瞬のうちに空が晴れて、あたりから歓声が上がった。夢のような青空。

一瞬、本当に一瞬のうちに空が晴れて、あたりから歓声が上がった。夢のような青空。

こんな景色を見れると思ってなかったから、本当に嬉しかった。

こんな景色を見れると思ってなかったから、本当に嬉しかった。

嬉しくて嬉しくて、何枚も何枚も撮る。

嬉しくて嬉しくて、何枚も何枚も撮る。

遠くの山にかかった雲がきれい。

遠くの山にかかった雲がきれい。

これから中岳方面へ向かう人たち。心底うらやましかった。

これから中岳方面へ向かう人たち。心底うらやましかった。

樹氷が本当にきれい。

樹氷が本当にきれい。

晴天の中、牧ノ戸方面へ帰ります。

晴天の中、牧ノ戸方面へ帰ります。

やっぱりこっちのほうが好きだねーなんて言いながら。

やっぱりこっちのほうが好きだねーなんて言いながら。

青空に映える。

青空に映える。

雲と同じ高さです。

雲と同じ高さです。

樹氷のトンネル

樹氷のトンネル

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。