会山行#304五日市・金比羅山/天竺山

2019.11.28(木) 2 DAYS Tokyo, Yamanashi, Kanagawa, Saitama
ノボフジ
ノボフジ

活動データ

タイム

07:28

距離

11.5km

上り

484m

下り

484m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

五日市駅を中心に、金比羅山(468m)と天竺山(310m)を”8の字に周回”するコース.金比羅山は、日の出山から五日市駅へ下る長い金比羅尾根の末端にある山で、天竺山は横沢入(よこざわいり)の谷戸が保全されている里山にある低山. 愛読書(?):駅からすぐ登れる山 で気になっていたコース. 終日、小雨で登山者は我々だけ、雨に濡れた紅葉が素晴らしい1日だった... 参加者:U井、O野、S藤、I田、F原、F井

■スタート・ゴール:武蔵五日市駅(今回はご苦労にも2回繰り返す).
前半のコース上でしばしば見る事になるシンボルマーク:赤い帽子の”ZiZi”(森の妖精).
この地域の案内板.
キャンプ場の案内看板.
穴澤天神社は紅葉が素晴らしかった...
注:野草園の所にある”せんせん亭(漢字が出ない!)”.読み方、意味(浅い川などの水がさらさら流れるさま)を含め、会の調査本部長:I田が後日、解説.
橋から見る三内川は紅葉が映えてきれいだった.
”南沢あじさい山”方面へ.
山間部の風情がいっぱい...
庭がきれいな”横沢”邸で一休みさせて頂く.初めてなのに色々話を聞かせて下さった.花桃の頃(3~4月)に、みんなでまた来ようね~.
”南沢あじさい山”入口. ”横沢”邸の少し下から入る.
一登りした東屋で休憩後、金比羅山への急登!が始まる.
登りはキツイ...
あじさい山からの登山道が合流.
林道に出る.
林道の上を金比羅尾根が通っている.
ヘリポート基地建設中か(?).
ようやく金比羅尾根に乗った.
金比羅山は登山道から外れているので、ピークにコダワル方々は、行き過ぎてから戻って登り直した.
”大岩”の下を行く.
これが”大岩”...
琴平神社に到着.
金比羅公園からは五日市方面の眺めが最高!.
金比羅公園の東屋で昼食.トイレもある.
金比羅公園から都心方面.
五日市へ下山.
「展望台」
「展望台」から五日市市街.
紅葉の下を下る.
雨に濡れ一段と色づきが増して素晴らしい~.
登山道の脇はイノシシが掘った”ミミズ”探しの跡が一杯!.
ようやく里に出た.
立派なあきるの・五日市出張所.
今朝、スタートした五日市駅に到着、再出発をはかる...
後半の行先を示す標識.
五日市線を渡る.
古刹:大悲願寺の山門は豪華.
時間があれば寄らせて頂きたかったが...
”横沢入(よこざわいり)”の入口.
入口にある管理舎.雨が降り出したので慌てて休憩所へ.
掲示されていた”横沢入(よこざわいり)”全図.
入口からの全景...
最初の分岐で行先確認.
手作りの横沢入案内図.
最初のポイントへ向かう.
ガイドブックにあった”横沢北側尾根”の入口は、なんだかボサ状で不安定!、やむなく、そのまま”横沢・小机林道”を行く.
”横沢・小机林道”のどんづまり附近.
”横沢・小机林道”の小さな峠まで来て”横沢北尾根”は断念!.この峠が、天竺山への登り口.
いきなり急登!.
登り切った所が天竺山だった...
天竺山からの下界の眺め.これが低山登山の醍醐味.
天竺山の急階段を下る...
天竺山の急階段を振り返る...
下山の途中、五日市駅が見えた.
三内神社の里宮.
下り切って、五日市線の踏み切りを渡り右へ行くと五日市駅.
■ゴール:8の字を描き切って五日市駅に戻った.

類似する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。