但馬妙見山

2019.11.24(日) 日帰り Hyogo
どんぐり
どんぐり

活動データ

タイム

04:35

距離

9.6km

上り

836m

下り

845m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

妙見山はいたる所にあるけど、今回は但馬の妙見さん。 その裏の裏から登ってみた。 作山の人に登り口を尋ねたが、妙見へは、我々が自転車で下ってきた方からだと言う。 蘇武岳ファンクラブのパンフにあった尾根の道は知らないとのこと。 地形図を見て見当をつけ、農道から入った。 墓地裏から杉林、棚田跡を過ぎると紅葉盛りの雑木林となる。 所々に段はあるものの、主稜線に出るまでは急登が続く。 踏み固められた道はないものの下草がなく、落葉が敷きつめられているので歩きやすい。 ピンクのテープ以外に道標となるようなものは一切なかった。 村人が道は知らないと言ったのも無理はない。 妙見山の山頂は2つあるのかな?三角点のある所とその先の少し小高い場所と。 妙見峠への道は明瞭だが、途中から平行して伸びる林道を歩いた。 作山へは杉林の急斜面をジグザグに下るのだが、 数年前にここをスキーで滑り下りたのが信じられないくらい急だった。 谷間には江戸時代のものと思われる地蔵が何体かあったから、 妙見神社を経て八鹿へと通う人の多い往還だったのだろうと推測する。 車を置いた車道終点に戻り、農道の自転車を回収して帰る。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。