群百 紅葉の桜山と神流御嶽山

2019.11.24(日) 日帰り Gunma, Saitama
七半
七半

活動データ

タイム

00:48

距離

1.3km

上り

90m

下り

90m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

桜山は10年以上前に何度も来た。 冬場の冬桜はもちろん、春のソメイヨシノや三波石や城峰公園などなど。 しかし今更だが、群馬百名山である。 昔の俺よ、わざわざ山頂は行ったか? 全く覚えてない。 丁度、時期なので寄ってみよう。 前夜、鮎川温泉 金井の湯へ。 これがまた大混雑していた。 温泉成分表と浴槽の縁の堆積物からさぞかし濃厚かと思いきや、ずいぶんと加水しているようだ。 湯上がりの食堂もまた大混雑。 注文しようとすると、いつできるかわかりませんとの店員。 経験上、カレーと麺類は早い。 揚げ物はNGである。 蕎麦だけ注文したら、先客達を尻目に提供されサッと食って退出。 お先に失礼。 さて、どこかで寝よう。 鬼石に古い道の駅があるが、そんなに余裕のある広さあったかどうか。 実際、通過すると改修工事している。 神流湖の方向に進むと集落に公衆便所があるものの駐車場らしい広さはない。 さて、どこに停めようかと探していると、旧道のような所があった。 ここでいいや。 飲んで寝る。 群馬北部では真冬用寝袋が丁度良かったのだが、埼玉県境では暑くてうなされる。 軽い寝不足の暖かい朝。 弁当食ってゆっくりする。 桜山に向かう道中、紅葉が綺麗だ。 駐車場は有料のはずだが、受付のおっちゃんは行け行けと手を振る。 利用時間が8~5時とあったので、まだ7時だからいいのかな。 駐車場には3台ほど。 雨の中、スニーカーのまま傘さして行く。 日本庭園風の池、紅葉が素晴らしい。 これからのグラデーション紅葉があれば既に終わりかけの紅葉もあり。 桜山、なのに紅葉が素晴らしい。 肝心の桜はちょこちょこと。 いや、冬桜はこんなもんって知ってるけど。 展望台を経由して山頂へ進む。 斜面の冬桜もちょこちょこだ。 山頂には古い石碑があり、晴れればそれなりの展望なのだろう。 来た道をそのまま戻る。 まだ観光客もまばら。 管理事務所にて雨宿りしつつ一休み。 駐車場に戻りゆっくりしてると続々とやってくる観光客の車。 小雨は降るが次第に晴れてくる。 晴れてきたのか、また行き直そうかな。 いや、帰ろう。 帰り専用路を下り、帰路につく。 すぐ近くに金鑽神社がある。 ちょっと寄ってみよう。 丁度、七五三の時期でご祈祷している。 ところで、金鑽神社。 何て読むの? うーん、調べようがない。 誰かの会話を耳にする、かなさな神社? なるほど。 参拝したところで、ふとハイキングコースとか鏡岩とかの案内を見かける。 鏡岩?天然記念物とな? こんな所に国指定特別天然記念物だと? はい、行きましょう。 人生、いくつの天然記念物や国宝を見ることができるだろうか? ちょっと上に特別天然記念物があるという偶然だがこの状況。 はい、行きましょう。 雷鳥も氷河期のカールも、世界遺産の羅臼・白神・富士山・屋久島も、登山スキルがあってこそのもの。 国指定特別天然記念物の鏡岩?何それ、全然知らないし多分世間でも無名の存在。 はい、行きましょう。 雨はやんでいるが濡れた段々が延々と続く。 登山者にとっちゃ大したことない。 やがて鏡岩に到着。 うん。 うーん。 ただのつるりとした岩面。 どこにでもありそうなものなんだが。 これが物凄く貴重だと気づいたのが凄いな。 とりあえず山頂に向かう。 すぐに石仏群が並ぶ広場。 古来の信仰がうかがえる光景だ。 やや荒れた道を登ると山頂に到着。 ヤマップ起動してないので登頂記録にはならないがな。 広く明るい山頂には標識と方位盤があり、展望はいまいちだ。 誰か二人登ってきた。 登山者ではなく観光客だ。 うわ~。 サンダルだし。 下山する。 段々なので超楽々。 社務所にて御朱印を戴く。 んっ。 神社の隣に金鑽大師、お寺があるね。 明治時代は神社と一緒だったのだろう。 こちらも参拝する。 神社同様、七五三のご祈祷している。 素敵な御朱印を戴いた。 帰路、お昼なのでつけ麺が食べたい。 しかしラーメンが近くに無い。 仕方ない、うどんだな。 何故か岡部にはうどん屋が複数ある。 武蔵野うどんってやつか。 いきましょう。 選んだのは「麦屋」 人気店か、混雑している。 注文してからだいぶ待つ。 ようやく出てきたら、なるほどだ。 手打ちの極太麺、時間かかるわな。 荒く縮れ、噛むと強力なコシ。 油の浮いた肉汁の旨味。 関東人好みのうどんだ。 大変美味しゅうございました。 そりゃ九州系や伊勢のやわうどんもいいし、香川や水沢の美しいうどんもいいけどさ、吉田みたいな固うどんが好き。 おっと、あんまりうどんうどん言うと食いついてくる人がいるからな。 帰路の道中、関東厄除けの龍泉寺にて素敵な御朱印を戴く。 また熊谷の高城神社にて御朱印。 さきたま古墳の隣の前玉神社にて御朱印を戴く。 桜山も御嶽山も登山と言うより観光。 しかしかなり充実した山旅でした。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。