御料山 (上砂川) 「雪板」

2019.11.23(土) 日帰り Hokkaido
てふてふ
てふてふ

活動データ

タイム

03:43

距離

4.6km

上り

465m

下り

465m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

昨シーズン、冬山を楽しむようになって、 すっかり「そり」にとりつかれた私。 そりの上に立ってみたらどうだろう? と、やってみたのがきっかけで (大変危険です) 「雪板」が気になりだした。 娘が、そりを背負った登頂写真を 「ダサさの極み」と、毎回言うので、 そんなにイケてないのかな?というのも あった。 (何を持っていたって、雪山を登頂したの だから格好良くないかなぁ、、) けれど、その雪板、買うのにはどうも 踏ん切りがつかなかった。 木に激突して、病院送りになる イメージしかできなかったからだ。 あまりにも妄想が怖くなってきたので とりあえずヘルメットを買ってみた。 そうして、ウダウダ考えているうちに 冬が終わってしまった。笑 そして、また冬。 ウダウダ考えているだけで、5年は 過ぎそうだ。と、思っていたら ミニマリストな (余計な物を持たない) 友達から「雪板いりませんか?」のライン。 「いります!いります!」 そんな訳で、運良く手に入れた「雪板」 今年はイケてる私を披露できるかも しれません (その逆か) 活動日記 ナビは上砂川温泉。 残念なことに、てっぺんまで ブッシュだらけです。 (まだまだBCはできません) 筋力強化とワイルド感を味わうチョイス です 笑 (そりも目的ではないので、滑れなくても 問題なし。滑れたらラッキー) リフト最終地点で、御料山までの 3分の2くらいでしょうか。 そこからは登って下って、登って下って を、ゆるく二回繰り返し、最後に 急登になります。 笹深いところは、スノーシューは 邪魔になりますが、スノーシューなし では、埋まって歩けません。 熊の気配はありませんでした。 下山後、雪板で遊ぶつもりが 足の疲労で断念しました。 雪は、暖気で春の雪のように重かったです。

ブッシュが凄い。 いつもこの季節に一度偵察にくるけど 今までになく雪がない。
雪がないので、スノーシューを 置いてスタートするも、ズボズボで、結局 戻って、スノーシューを履く😔
振り返って。 BCで賑わう時期にそりは気がひける? ので、今なら思う存分😊 ほんとは、シーズンオフが そりも滑るし最高です。
迷子になりそうな勢いで 草が濃い🤣 太陽に向かって登るので、紫外線対策 お忘れなく😊
待って〜 鹿の足跡といえども、かなり助かりました。 鹿ルートはいがいに正解で驚く (いいルートどりしている😊)
色んなものがあるのね、、
危ないね。これ😓
最後の急登。 このバーンもブッシュだらけ。 歩きやすいとこ見つけて歩く💦
リフト最終地点。 彼女、初そりです😊 もうあなたも、そりなしでは 生きていけない🤣
上砂川スキー場頂上の この小屋の右側を巻いて裏手にまわる 全然雪がない。
小屋の裏手。いきなり笹深くて びっくりした😱 この先は行ったことないけど、 ここで挫折しそうだった😔
笹深いうえに、尾根で狭く 更にスノーシューで歩きにくい😭
安心のピンクリボン😊 2箇所しか見当たらなかったけれど 有り難かった。
右手はひらけたオープンバーン。 ここなら滑れそう。
御料山山頂が見える‼️ めったにお腹をすかせない彼女も 珍しく、お腹すいた〜言ってた。 私もペコペコでした。 消費カロリーいつもの倍以上だと思う💦
ピンクリボンがあるだけ( 個人名?) 私でよければ手作りしますけど😊 エネルギーチャージして下山。
なかなか疲れた💦 スキー場頂上から中腹までは そりノンストップ(スノーシューの 踏み跡なら) それ以外は歩きました
へへへ。荒らした😁

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。