群百 シーズン最後に鉱石山

2019.11.22(金) 2 DAYS Gunma
七半
七半

活動データ

タイム

02:59

距離

8.3km

上り

740m

下り

742m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

時期的に群馬北部も終わりだ。 最後に鉱石山に行こう。 前夜終業後、高速でもう何度も来た沼田へ。 たまに聞く川場スキー場がこの辺なんだなと真っ暗な駐車場に到着。 No.5が登山口のようだ。 荒い斜面の広々とした駐車場、星が綺麗だ。 飲んで寝よう。 深夜、これがまた寒かった。 夜すでに1℃から更に冷える。 真冬用の寝袋にしておいて助かったのだ。 そして明け方、何故かトラックが通る。 近くで何か工事してるのかな。 朝、少々寝坊した。 明るくなった6時過ぎ。 気温は-1℃。 ガタガタ震えながら重たいカツ丼を食う。 午後から雨の予報、急いで出発。 すぐスキーレンタル屋の脇から林道を進む。 地味~に傾斜の染みてくる林道、途中で車が数台通過する。 奥の方で結構な規模の工事をしている。 登山口に到着。 少し先にショベルカーがあるので何してんのかちょっと見に行ってみる。 林道は砂利で塞がれ、斜面を段々に固める何だかよくわからない工事をしている。 砂防ダム的に見えるがガレ沢も無いし。 登山口から更に林道を進む。 やがて初雪か根雪か、残雪が現れる。 きっと午後の雨も雪だろう。 林道から植林帯の登山道となる。 奥多摩風な登山道をスタスタ進むと進むにつれ、やはり残雪が増える。 そしてレールのような物がある。 鉱山のトロッコか何かだろう。 少しレール跡を進んだところでヤマップ確認すると、違う道だと気付く。 分岐点を見落としたようだ、すぐ戻る。 しかしその分岐点が見当たらない。 ヤマップ見ながらキョロキョロするが、全く道が無いのだ。 これはもう仕方ない。 適当に斜面を登る。 落ち葉と枝と残雪をザクザクと適当に進む。 やがて本来のルートに合流。 少し急になった道を登り、そろそろ鉱石山かなって所で突然公衆便所が現れる。 林道ならともかく何故こんな所に。 鉱石山は帰りに行くとして、先に木賊山に進んでおくことにする。 登山者は普通に読む、トクサ山。 金峰山の近くにも木賊峠とかあるね。 ちなみに実家の庭ににょきにょきトクサが生えまくって、生え次第ひたすら抜きまくって全滅させるのに苦労したな。 今度はドクダミが生えまくってるけどね。 そんな木賊山へ薄い笹藪の尾根を薄い踏み跡をたどって登る。 着いた山頂は名板らしき残骸が一本あるだけで、何も無い。 冬枯れの木々から何となく武尊山。 三角点は少し手前にあった。 クソつまらない山、すぐ戻る。 サクサク戻る途中、一部踏み跡が不明瞭になる部分がある。 ヤマップの三角印の所だ。 なるほど、尾根がY字になっているので下山時に間違えやすい所。 鉱石山に戻ると古い案内板と標柱があり、木々から木賊山で半分隠れた武尊山が見える。 山頂をそのまま直進する。 部分的に急だが快適な尾根道だ。 また便所が出現する。 ホントこれ溜まったやつどうすんだろ。 バイオでもないし、満タンになったら蓋して埋めて撤去するのかな。 快適な尾根道をサクサク下り、やがて林道跡のような道に出る。 ここも楽々下山する。 途中、植林帯からショートカットしてスタスタ進むと舗装路に出る。 あとは駐車場へ。 一休み。 通る車は無い。 レンタルスキー屋の窓にテレビ映像と人影がチラチラ、影響してる訳ではなく普通に住んでるだけかな。 午後からの雨の予報だが、まだ余裕はありそう。 すぐ脇に林道があり西へ続いている。 舗装路だし、西には迦葉山がある。 まだ行ってない山だ。 行ってみましょう。 そんな感じで色々と印象的な山でした。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。