上金剛山 「リサーチ」

2019.11.19(火) 日帰り Hokkaido
てふてふ
てふてふ

活動データ

タイム

01:52

距離

8km

上り

411m

下り

412m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

人に迷惑(ペースが遅いので)かけたくないし 1人で頑張りたいけど、1人は怖い。 私じゃなくても、そんな葛藤に悩む 同じ思いの人は沢山いると思う。 私はずっと何年も、その状態だったので 北海道中の山開きのリスト。 登山会の情報。 山岳ガイドツアーの日程。 ありとあらゆる情報を取得して、 人の気配のある山で、山行を行うことが 多かったです。 それと同時に、もう一つリサーチして いたことがあって ベテランの方を見つけては 「どうやったら、山に登る体力がつくのか?」 と、聞きまくっていたことです。 大抵は 「沢山、登るしかないなぁ」 もしくは 「トレーニング(ランニング) しないと」 けれど、沢山登っても、沢山ツライだけで、 そもそも走ることも苦手。ときたら (電柱から電柱も走れない) 八方塞がり。 他にも「ももあげ」のような、体操なども あったけれど、山登りに結びついているのか あまり実感できなかったです。 その中に、1人だけ、興味深いことを 言ってた方がいて、 「冬には登らんのか? 夏の体力は冬でつくんだよ。 冬山登ったら、夏ラクに登れるようになるさ」 夏山だけでは、いつまでたっても ラクに登れるような体力はつかない。 そう言うのです。 その時は、夏もろくに登れないのに 冬なんて無理じゃん。 そう思って、聞き流していたけれど 今思えば、あの助言は本当だったなぁ。 と思うのです。 去年、冬山に沢山登って、嘘ではないけれど 一気に夏の登山がラクになりました。 激的に変化したのです。 山でお会いした方の、何気ない 一言に、もの凄く影響を受けたりします。 会うべくして会って 聞くべくして聞いているのかな。 と、思ったりもします。 おじさん!ありがとう! 本当に、その通りでしたよ 笑 活動日記 芦別の道の駅近くにある旭ヶ丘公園から 上金剛山まで歩きました。 夏なら山頂まで、車で行くコースも あります。 無駄に歩かず、ピークハントしたい! (お得なの大好きだし) と、考えていた 昨年までなら、迷わず夏に行っていたと思う。 でも今年の私は、山とのつきあい方を 変えたので (笑) あえて、雪が降るまで この山を取っておきました。 熊が出るだか、出た。だか聞いては いたけれど、熊の気配はなかったです。 (鹿の足跡は凄かった) 山頂手前600メートルからは急登に なります(案内板矢印に注意!右手の道です!) ルートが沢山あり(枝分かれ多数) 途中 ルートロスもしたけれど、何とか無事に 登頂できました。 山合いだからか、山頂以外は穏やかな 天候でした (ほぼ無風) 山頂標識はないけれど、芦別市の 展望もよく、雪の林道(車道) も 気持ちよく歩けました。

旭ヶ丘公園の駐車場から スタートしました。 出だしのこの車道、殺人的に滑ります💦 なので、雪のところを慎重に歩く
青空が気持ちいい😊
山を1つ越すので 一度登り、下ります。 今日は長靴。ザックに軽アイゼン 背負ってます。 今日の道具選びは、正解かな❓
案内通りに進みます。
けっこう歩いた気がするけど ここからまだ1260m💦
案内板
この辺りの景色が綺麗だった😊
長靴正解💕 夏はウッドチップの遊歩道らしいけど、、
バリバリに凍ってる
天気も良くて気持ちいい💕 こんな天気いい予報だっけ❓ 大荒れの予報だった気がする、、 家出るときも大荒れだったのに 山の方が天気いい😊
これ‼️ここ‼️ この矢印通りに進んだら、、
なんだか怪しくなってきて、、
どんどん怪しくなってきて、、
足元が不安定なので、枝に捕まろうと 思ったら、全部がトゲトゲの木で (これって、タランボの木❓タランボの穴場❓)
YAMAP確認してみたけど、 登山道がないので、よくわからず、、 とりあえず、戻ることに😓
さっきの騙された分岐を矢印方向ではない 右手にあがると、まもなく この案内。 ホッ合ってる😭
合ってる😁合ってる😁
この辺りから、氷チックなツルツル雪に なってきたけど、土の部分を選びながら 進む
階段‼️ 山頂は近い! 氷の階段になってました。 アイゼンつけるのも面倒なので 慎重に、、
橋、、
もうすぐ‼️
最後の階段か❓😊
おぉ! あそこが山頂だな😊 と、同時にすごい強風😆
芦別〜
三角点😊 出ててくれた😊
よく見えない💦 冷えるので、すぐに下山開始します。
観音さま。
遠くが荒れてる💦 早く下りよう💦
歩きごたえのありました😊

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。