群百 何故かお天気雨の三峰山

2019.11.17(日) 2 DAYS Gunma
七半
七半

活動データ

タイム

03:45

距離

10.9km

上り

685m

下り

685m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

群馬百名山の沼田周辺がなかなか消化できず、すっかり11月も半ば。 武尊山も雪化粧、そろそろ秋山も終盤。 昼過ぎから行楽シーズンの混雑の中、今年何度目かの沼田に向かう。 田舎の小規模スーパーのサンモールはキャッシュレス5%なので買い込む。 惣菜は充実してるし、酒類もなかなか。 今夜は永井の水芭蕉の純米大吟醸にしよう。 高速の下を通り抜けて登山口へ進む。 狭く長い林道の奥に、妙に広い駐車場があり便所も携帯電波もある。 水芭蕉を飲んで寝よう。 おぉ、危ない。 水芭蕉、あまりの美味しさについ飲み過ぎてしまうわ、危ない危ない。 朝6時前に起床、まだ暗い。 唐揚げ弁当とカキフライを食う。 明るくなり7時前に出発。 林道を少し歩き、社と林業モノレールがある登山口から登山道へ。 岩場が多く、苔むした岩壁の上に祠もあり神社の参道っぽい。 やがて石段と鳥居が現れ、河内神社に到着。 当然ながら無人。 参拝し、境内からなかなかの展望。 脇の登山道に進むとパラグライダー離陸場の標識があるので見に行く。 登山口のモノレールはここに続いていたようで、小屋的なものがありゴムシートが敷かれている。 町は薄暗いが良い展望だ。 登山道に戻り小さな祠二つを過ぎると、あとは終始急登も無くほぼ平坦な道が続いている。 三峰沼は帰りに寄るとしてサクサク進む。 晴れてるはずなのに何故か雨がパラパラと。 新潟側からの北風が谷川岳で上昇気流となり雲を生成して、その雨粒が飛んできてるのかな。 その雨がまたしつっこい。 晴れて日も差している。 なのに断続的に雨が降る。 しっかり降ってる訳でもなくパラリパラリと。 カッパ着るほどでもなく、しかし地味に濡れ。 山頂近くになると紅葉もほぼ終わり。 紅葉の枝葉が落ちてるとばかり思ってたのがよく見ると小さなもみじが生えている。 少し急になり山頂に到着。 一応、傘さして一休み。 北側はどんより、展望なし。 下山はそのまま戻るだけ。 すぐに登山者1人来る。 中間辺りでまた1人。 あんま来られると帰りの林道怖いな。 帰り道、三峰沼へ向かう。 先週の大峰沼みたいのかな? 道中チョロチョロ流水あるが、飲用には不適っぽい感じ。 やがて沼があったが、どうも小規模だと思ったら末端に堤防的な人造物と農業用溜め池ですとの看板。 わざわざ来る程の事もなかった。 登山道を下り、離陸場を経由して神社に一礼。 林道に下ると何故か数人。 どうやら登山口にある社が朽ちて交換しようとしている様子。 駐車場には多数の車。 一休みしてると宮司らしき人が戻ってきて出て行った。 麓に下り行楽シーズンで混雑する市内にてラーメンを食う。 やっぱり山の〆にはエネルギーと塩分とたんぱく質、そして温まるチャーシュー麺に限る。 神社から先は段々や急坂が無く快適な尾根道歩きができる面白い山でした。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。