紅葉と黄葉の明神山

2019.11.13(水) 2 DAYS Aichi, Shizuoka
はらっち
はらっち

活動データ

タイム

07:57

距離

9km

上り

1,024m

下り

1,021m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

明神山に登ってきました💨 明神山には3年ほど前に登ったきりです。 最近、膝と腰と体力に自信がないので、 行きたいとは思ってもなかなか重い腰が上がりませんでしたが、 明神一筋さんの「ヤマビルがいなくなった」「紅葉がきれい」 のアドバイスを受けて行く気になりました✨ 明神一筋さんに会えるといいなと思いながら登っていると 後ろから鈴の音がして、まさに明神一筋さん登場🎇 展望のよい場所を教えていただき、少しだけいっしょに歩きました😉 しかし、わたしの足が遅いので先に行っていただくことにしたら すぐに鈴の音が遠ざかり聞こえなくなりました🍄 おお、うらやましい!!! 人と競争したいとは思っていませんが、 もう少し体力を付けたいと思いましたね🎈 明神山の紅葉は主に黄色です🍁 あちこちで黄色い花の中に点々と赤い色が見えます✨ 日が照っていればもっときれいだったはずですが あいにくの曇天気がうらめしい☁ 当初の予定よりは早く下りてきたので、 たまたま来ていた年配の方と乳岩を回ってきました😉 以前一度登ったとき、さびたはしごがこわかったので もう二度と行きたくないと思いましたが、 また行ってしまいました😋 結果、たいへんだけど楽しい山行になりました😄 何にしても明神一筋さんと会えたのが最大の収穫でした👌

登山口
かわいいリンドウが
千畳敷を進む
やはり、この緑色の透明感がいい
この橋の名は何だろう →ミッチー30さんが「入仙橋」と教えてくれました
ツルアリドオシの実
乳岩との分岐 標示が古くて見にくいのが残念
一服の岩 ここで一服しないと
巨岩から垂れる木
ミヤマシキミ
いくつか炭焼き窯の跡を見た
鬼岩はでかい 天をつくとはこのことか
こちらの岩もでかいが
鬼岩乗越
明神一筋さんと遭遇 いい展望場所を教えていただくが、わたしは怖いので後ろで
ここから胸突八丁 試練の傾斜 明神一筋さんはすたすたと
胸突八丁の頭 ふうーっ
三ツ瀬からの登山道と合流
第1の鎖場
第2の鎖場
はしごで登る 左端は切り立っているのがわかるでしょ
馬の背 左右が切り立った崖
馬の背が鳳来湖が見える
馬の背から東栄町方面
色とりどりの崖
色はいいけど危険場所
明神山頂に到着
石碑といっていいのかどうか
展望台から東栄の町
下山時 錦秋ということばにぴったりの気がする
乳岩へ回る
東屋があるけど休むほどではない
鉄階段の連続
これが通天洞かな
通天門 岩が橋のようになっている
観音などがまつってある洞
こちらも石仏がいっぱい
何アザミ?
登る途中、名古屋からの女性4人組がキッコウハグマを見つけてくれたので、写真を撮ったけどピンぼけ😥 帰りに入口で見つけたのはリンドウとコラボ
ダイモンジソウが一株だけさいていた

類似する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。