猿投山に行って来ました。

2019.11.10(日) 日帰り
ともや
ともや

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

友人が「何処か紅葉を見に行きたい。」と言うので、近場で行ったことがなかった猿投山に行って来ました。 車で8時前に到着すると、ほぼ満車。リュックサックを担いで歩いている人も何人か。人気の山なんですね。で、早速スタート。水車があったり、周りの人達も楽しそうに話をしてたりで、なんかいい感じ。 車道を進み登山道へ。御門杉の写真を撮って進みます。思っていたより階段がキツい。カエル岩を横切り、無事に頂上に到着!うーん寒い。まだ10時でしたが、ここで昼食に。今日はカップラーメンとおにぎり。寒いので急いで食べて先を急ぎます。 帰りは七滝を見る予定で大廻りで下山します。急に人が少なくなり、みんな大廻りはしないのかな?と思いつつ進むと豊田市が一望!おー感動!思っていたより自然に囲まれた都会という感じで、いい感じじゃないですか! 川を発見!小さな川の源流から辿って、段々と大きな川になっていく姿を見ながら歩いていくと七滝の案内が!ここから七滝スタートか!緑の中を滝の音を聞きながら歩くと凄く幻想的。癒されるわー。凄くいい感じ。時間を忘れて写真を撮りまくりました。うーん楽しい。 下山後、猿投神社で登山の無事を報告し帰路に着きました。とても満足いく登山となりました。あっ!そう言えば、紅葉見に来たんだっけ!

猿投山・物見山 熊の看板が!
熊の看板が!
猿投山・物見山 トリミル水車と言うそうです。
トリミル水車と言うそうです。
猿投山・物見山 しばらく車道を歩きます。
しばらく車道を歩きます。
猿投山・物見山 お倉岩。うーん?よくわからない。
お倉岩。うーん?よくわからない。
猿投山・物見山 さーここから登山スタート!
さーここから登山スタート!
猿投山・物見山 御門杉。思ったより大きくない。
御門杉。思ったより大きくない。
猿投山・物見山 こんな感じの橋がいっぱい。いい感じ。
こんな感じの橋がいっぱい。いい感じ。
猿投山・物見山 整備が行き届いているいい道です。歩きやすい。
整備が行き届いているいい道です。歩きやすい。
猿投山・物見山 ここを登ると東の宮です。
ここを登ると東の宮です。
猿投山・物見山 あーこの橋好き。
あーこの橋好き。
猿投山・物見山 東の宮に到着。
東の宮に到着。
猿投山・物見山 登山の安全祈願をして先を進みます。
登山の安全祈願をして先を進みます。
猿投山・物見山 おー!恵那山発見!
おー!恵那山発見!
猿投山・物見山 カエル岩。カエルなのかなー?
カエル岩。カエルなのかなー?
猿投山・物見山 頂上に到着。周りは凄い人です。
頂上に到着。周りは凄い人です。
猿投山・物見山 三角点タッチ!
三角点タッチ!
猿投山・物見山 記念撮影!オヤジ達がジャンプ!
記念撮影!オヤジ達がジャンプ!
猿投山・物見山 頂上付近は少しだけ紅葉しています。右が恵那山。左に木曽駒ヶ岳がちょっと見えます。
頂上付近は少しだけ紅葉しています。右が恵那山。左に木曽駒ヶ岳がちょっと見えます。
猿投山・物見山 豊田市の眺め。思っていたより周りは自然がいっぱいです。
豊田市の眺め。思っていたより周りは自然がいっぱいです。
猿投山・物見山 さー下山。急に人が少なくなりました。
さー下山。急に人が少なくなりました。
猿投山・物見山 川の源流発見!ここから水が流れていくんだねー。
川の源流発見!ここから水が流れていくんだねー。
猿投山・物見山 段々水の量が多くなって行きます。
段々水の量が多くなって行きます。
猿投山・物見山 これが滝?
これが滝?
猿投山・物見山 滝の看板発見!血洗いの滝がよくわかりませんでした。
滝の看板発見!血洗いの滝がよくわかりませんでした。
猿投山・物見山 看板。ふむふむ。
看板。ふむふむ。
猿投山・物見山 ここから滝ツアースタート!
ここから滝ツアースタート!
猿投山・物見山 二ツ釜の滝
二ツ釜の滝
猿投山・物見山 誰もいません。橋もいい感じ。
誰もいません。橋もいい感じ。
猿投山・物見山 白霧の滝
白霧の滝
猿投山・物見山 千鳥滝
千鳥滝
猿投山・物見山 なんとか菊の滝(看板の写真撮り忘れましたw)
なんとか菊の滝(看板の写真撮り忘れましたw)
猿投山・物見山 乙女の滝
ちょっと勢い凄いです。
乙女の滝 ちょっと勢い凄いです。
猿投山・物見山 木漏れ日がいい感じ。オヤジ達もうっとり。
木漏れ日がいい感じ。オヤジ達もうっとり。
猿投山・物見山 最後の広沢大滝で記念撮影!大滝です。
最後の広沢大滝で記念撮影!大滝です。
猿投山・物見山 無事下山し、ハイキングコースを進みます。何だか楽しい。
無事下山し、ハイキングコースを進みます。何だか楽しい。
猿投山・物見山 猿投神社に到着。
猿投神社に到着。
猿投山・物見山 登山の無事を報告し、帰路につきました。楽しかったです。
登山の無事を報告し、帰路につきました。楽しかったです。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす