ほろたちスキー場「冬道具」

2019.11.10(日) 日帰り Hokkaido
てふてふ
てふてふ

活動データ

タイム

00:32

距離

0m

上り

0m

下り

0m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

山道具を 「可愛さ」と「色」重視で選んでいたのは 登山を始めた一年目。 2年目には「軽さ」重視となり、 ( グラム単位でこだわってた) 3年目には「機能性」重視となった。 (秀岳荘に半日はこもれてた) 冬山に開花したのは昨年で、冬の山道具 選びの基準はただ一つ。 「速さ」 冷え性ではないと思うのだけど、 雪山では、指の感覚がなくなるほど 手先が冷える。 なので、いかにスムーズに、いかに早く 装着 (使用)できるか。 が、私の最重要観点となる (冬は命がかかってる。もさくさできない) そしてそれは、私のせっかちな性格も 相まって、使えば使うほど 身にしみて、正解だったと思わずには いられない。 けれど、道具選びにおいて、 本当の正解など、ないのだと思う。 私の道具選びの基準も年々 (季節によっても) 変わってきたように どんな選択も、それは その時の 「私の中でのベスト」 であって、万人のベストではない。 活動日記 思い込みのクマの恐怖から、神居山を 途中撤退したが、このまま帰るには、 晴れが惜しい。 幌加内の偵察も兼ねて ほろたちスキー場まで。 数年前より、オープン前のスキー場 荒らしてます 笑 (かもい岳も上砂川も、まだ滑れるほど 斜面に雪ついてませんよー) 登山には、私の中でのマイブーム みたいなものが、その時その時であって、 それは支笏湖周辺だったり、 松浦武四郎の軌跡だったり、 山道シリーズだったり。 昨シーズンの冬は、幌加内に惹かれていて (幌加内には魅力的な山がひしめいています) たぶん今年も、、幌加内にロックオンです 笑 すでに幌加内は完全に真冬です! 行かれる方は、冬タイヤ必須です。 (もうみんな冬タイヤか) そして、春もどこよりも遅い。 幌加内、素敵すぎ😊 ※ 縦横無尽に走るクマの足跡の恐怖で、 GPS作動してません。 ごめんなさい。 足跡はウサギだったんですけどね、、くそぅ!

ほろたちスキー場のロッジ。
初めて、この斜面見たときは 帰りたくなった😓 ものすごく急です😔 しかもその時は、パウダー時期を過ぎていて この斜面滑って、転んで 手のひら全面擦りむけて、血だらけになった😔
今日は向かって右手のコースを 登ります😊
と😱😱😱😱また、子グマの足跡🐾 しかも、山中に足跡がある😱😱😱😱 めちゃめちゃ笛を鳴らしながら登る💦 ちょっとだけ滑らせてね😓 帰ろうと思わないなんて、私もだいぶん 根性でてきたな😎
雪は重めだけど、カムイよりも 雪深い😄 スノーシュー必須‼️ テンションがあがる💕 そりだけど🤣
娘想いなので🤣 娘のボードを 背負ってあげる。 と言うか、最近 重さを感じない🤣 年とると、感覚が鈍くなる。
けっこうな斜度です💦 そんなことより熊が怖い。 幌加内の山に入って、熊を感じたこと ないんだけどなぁ😭
そり用防水手袋。 脱ぎ履きしやすいけれど、温かくは ないです😔 防寒手袋ならもちろん、防寒テレムス (プロノに売ってる)マイナス60度にも対応。 中にボアがついてて、柔らか素材💕
あまりにも、クマ(うさぎ) の足跡が 凄いので、この辺でいっか? となる😓
ボードのデメリット。 滑り出すまでの準備に時間が かかる😓
しかも、私は撮影係も 命ぜられてる😔
斜度があるので、ブレーキかけないと ものすごくスピードでます💦 奇声で、森中の動物を隣の山に 追いやったと思う🤣
この並んだ足は、うさぎの後ろ足なんだって😆 前足を縦について、後ろ足を並んで つく。 帰りに寄ったお蕎麦屋さんで検索してわかった🤣 遊ぶ前に知っていたかった🤣 無知すぎた😭😭😭
帰りに寄った、幌加内町役場の隣の お蕎麦屋さん。 麺は好みだったけど、その後めちゃめちゃ 喉が渇いた (水分を必要とする食べ物は苦手) けっこう、お客さん入ってました😊

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。